広物 って何だろう ? 2017.11.16 -- 1

2017.11.16(16:10)

171102 大菊 広熨斗赤1

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:201711.02
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 園芸用の菊に関する記事の3回目です。

 大菊(おおぎく)には、厚物、管物、広物の3系統がある、と書きました。
 そのうち、広物(ひろもの)には「一文字(広熨斗)」と「美濃菊」があるそうです。
 今晩の記事は「一文字(広熨斗)」です。いちもんじ、ひろのし と読みます。
 この菊は天皇家の御紋章に似た花型から「御紋章菊」とも呼ばれているそうです。御紋章の花弁数が16であることから、この菊も花弁か16枚前後である花がよい、とされているそうです。


171102 大菊 広熨斗黄2

 写真の花は、黄色いほうが花弁枚数が理想に近いでしょうか。赤い花は花弁の数が多すぎるように見えます。

 なお、「美濃菊」については、羽島市のホームページが写真入りでわかりやすい、と思います ↓
 「美濃菊」について記載のある羽島市のホームページ


 今回「菊の展示」を紹介しているのは、たまたま「横浜市こども植物園」の展示・解説がわかりやすかったからで、ブログに紹介すると同時に自分でも少し調べるなどして、この機会を利用して園芸用の「家菊」(イエギク)についての知識を深めよう、という主旨です。
 私自身はとくに菊に詳しいわけでもなんでもありません。みなさんとご一緒に、この秋に少しでも菊について勉強できたらいいな、ということです。

大輪菊 管物 の美しさ 2017.11.14 -- 1

2017.11.14(21:35)

171102 こども植物園 大菊管物1

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:201711.02
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 前回記事の「懸崖づくり」(懸崖仕立て)は小菊だが、菊にはほかに「大菊」(大輪菊)、「中菊」(小輪菊)がある。
 そして「大菊」は、「厚物」「管物」「広物」 という3系統に分けられる、のだそうだ。
 今晩のブログでは「管物」(くだもの)を紹介しよう。

 「管物」(くだもの)とは、「菊の園芸品種で、花弁が管状になるものの総称。太さにより、太管・間管・細管・針管などとよぶ」(コトバンクより)


171102 こども植物園 大菊管物黄色2

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:201711.02
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:TAMRON SP 35mm F/1.8 Di VC USD F012 下の写真も同じ

 なお、前回から紹介している菊(キク)は「家菊」(イエギク)と呼ばれ、一般的に園芸用に品種改良された菊の総称だそうである。
 立派な大菊(この記事の管物を含む)も、懸崖づくりの小菊も、また今後紹介する予定の中菊の仲間も、総称では家菊(イエギク)と呼ばれる。


171102 こども植物園 大菊管物薄い黄色3

 ふだん馴染みのない家菊(イエギク)の世界も、多少知識ができてくると、相応に興味をもって楽しむことができる。


 前回の記事で、美術展などに出掛けて忙しい、と書いたが、今年出掛けた美術展はすでに41件になった。
 たとえば9月以降では、

1. 東京藝術大学創立130周年記念特別展 「皇室の彩」100年前の文化プロジェクト/ 東京藝術大学美術館 2017.11.10
2. 菅野健一 退任記念展/ 東京藝術大学美術館 2017.11.10
3. 川合玉堂 -四季・人々・自然 -/ 山種美術館 2017.11.09
4. ブラジルの大地に生きた写真家 大原治雄 展/ FUJIFILM SQUARE /2017.11.09
5. 安藤忠雄展―挑戦―/ 国立新美術館 2017.11.09
6. MOMATコレクション 所蔵作品展 東山魁夷特集/ 東京国立近代美術館 2017.10.25
7. 運慶展/ 東京国立博物館平成館 20171013
8. 池田学展/ 日本橋高島屋 2017.10.04
9. ベルギー奇想の系譜/ Bunkamuraザ・ミュージアム 2017.09.12
10. 平成29年度第2期所蔵品展/ 横須賀美術館 2017.09.10
11. へんなあみもの 203grow 編んだーわーるど展/ 横須賀美術館 2017.09.10
12. 平成29年度第2期 谷内六郎《週刊新潮表紙絵》展/ 横須賀美術館  2017.09.10
13. 横浜トリエンナーレ2017/ 横浜美術館 2017.09.06
14. アルチンボルド展/ 西洋美術館 2017.09.01

 質のよい美術品を楽しむ機会を増やせば増やすほど、目は肥えてくる。
 目が肥えれば肥えるほど、より深く楽しむことができる、のである。

懸崖づくり 2017.11.12 -- 1

2017.11.12(20:40)

171102 こども植物園 懸崖づくり全体

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:201711.02
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 秋になるとときどき公園などで展示されている豪華な菊。
 自分の関心が主として野草のほうにあるので、この世界をきちんと勉強したことがありませんでした。でも、横浜市こども植物園のていねいな解説板で、少しだけこの世界がわかってきました。
 2、3回に分けて記事にしようと思います。
 第1回は「懸崖づくり」です。


171102 こども植物園 懸崖づくり黄色

 解説はこども植物園の解説のままにしました。
 懸崖づくり =「山野の崖から野菊が垂れ下がって咲く様子をもとにした仕立て方です。おもに小菊が利用され、豪華さのなかに野趣も館じられます。
 摘心をくり返して芽数をふやし、伸びた茎を順次伏せ込んで結い立てます」


171102 こども植物園 懸崖づくりピンク

 さて、「摘心」「伏せ込む」「結い立てる」などの専門用語が目に付きます。
 「摘心」= 「実や花を大きくするために、新しく伸びてくる茎・枝を途中で摘み取ること」
 「伏せ込む」= これはいくら調べても、書かれている内容が専門的に過ぎて、意味を理解することができませんでした。
 「結い立てる」= 同上。

 うーむ、専門用語はむずかしい。結局よくわからないことだらけです。
 どのようにして小菊をこのように仕立てるのか、図解の出ているサイトもありますので、みなさん各自「懸崖作り_小菊」で検索してみてください。


171102 こども植物園 懸崖づくりピ白

 さて、記事の更新が間遠になっているためご心配をお掛けしておりますが、風邪をひいたとか、そういう事情ではありません。
 美術館へ出掛けたり、音楽を聴いたり、録画が溜まっている映画を見たり、未読の本の山を崩したり、健康のための運動に力を入れたり、たいへん忙しくしております。あれもこれも…と欲張りすぎて手が回らない、というに過ぎません。
 いつもブログの更新に当てている時間に映画を見てしまい、その後は本を読んだりしているうちに眠くなって寝てしまう。このパターンからなかなか抜け出せないでおります。

サルトリイバラの実 2017.11.04 -- 1

2017.11.04(09:30)

【横浜市環境支援センター】(栽培・保護されているサルトリイバラ)

20171102 こども植物園 サルトリイバラ

 撮影場所:横浜市環境支援センター
 撮影日:201711.02
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 写真がどことなくおかしいのは、カメラと被写体のあいだに保護ネットがあるから。
 高さ2.5m くらいのサルトリイバラの木が数本。びっしりと実っているのを1、2ヶ月前くらいから知っていた。横浜市環境支援センターはなぜサルトリイバラをこんなにたくさん栽培しているのだろう、と思っていた。
 生薬に使うのは根茎で、実ではないはずなのに。

 この横浜市環境支援センターでサルトリイバラの実がどんなものかわかって、同じように実が付いている野生の木を捜してしていた。ところが、なかなか見つからない。
 11月2日の自然教育園でようやくサルトリイバラの実を見つけたが、藪の中で上の写真のようにきれいに球形になっているものは、簡単には見つけられない、と知ったのだった。


【国立科学博物館・附属自然教育園】

171101 自然教育園 サルトリイバラの実1

 撮影場所:白金台・自然教育園
 撮影日:201711.01
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 なお、トップの写真で実が粉を吹いたようになっているが、これは蠟物質で、水分の蒸発を防いだり水を弾いたりして果皮面を保護しているのだそうだ。
 横浜市環境支援センターでは保護され栽培されているので、蠟物質は残っているが、自然教育園では台風の風雨にさらされた後なので、流されてしまったのだろう。


171101 自然教育園 サルトリイバラの実2


171101 自然教育園 サルトリイバラの実3


171101 自然教育園 サルトリイバラの実4

 サルトリイバラ科(またはユリ科)シオデ属に分類される低木だ。
 わが家にも出てきて、この葉はなんだ、とびっくりしたことがある。ツル性植物に侵入されると、自宅の庭ではかなり神経質にならざるを得ないのだ。

  1. 広物 って何だろう ? 2017.11.16 -- 1(11/16)
  2. 大輪菊 管物 の美しさ 2017.11.14 -- 1(11/14)
  3. 懸崖づくり 2017.11.12 -- 1(11/12)
  4. サルトリイバラの実 2017.11.04 -- 1(11/04)
前のページ 次のページ