fc2ブログ

玉楠の木(たまくすの木) 2023.01.15 -- 1

2023.01.15(19:30)

22030105玉楠の木とペリー来航図ブログ用

ヴィルヘルム・ハイネ(Wilhelm Heine)はドイツ系アメリカ人で、ペリー来航時に随行してきた画家だ。

横浜在住の美術愛好家によく知られているのは、横浜美術館に所蔵されている上の写真「ペリー提督横浜上陸の図」である。今回よく調べてみると、横浜美術館ほか所蔵している美術館として数箇所の名前が出てくるのは、この作品がリトグラフだかららしい。

さて、私がここで注目したいのは、この作品の右端の木立だ。一般には「玉楠の木」として知られている。

この「玉楠の木」は。1866年の大火によって樹形が変わるほど焼失してしまったそうだ。大火の前に、この地は領事館用地に指定されていたため、被害を受けた「玉楠の木」はイギリス領事館内で再び芽吹いて成長した。

その後も関東大震災の被害を乗り越え、最終的(1930年)に現在地 旧イギリス領事館(現・横浜開港資料館)の中庭に移植され、下の写真のように成長している。(以上は、開港資料館の資料による)

20221228 開港資料館 玉楠の木1ブログ用

「玉楠の木」は植物学的にはタブノキ(クスノキ科タブノキ属)だそうだ。横浜ではごく一般的にどこでも見られ、私の家の近隣の根岸森林公園にはたくさんのタブノキがある。性質として、全体に大木となり、さらに横に大きく枝を張り出す

20221228 開港資料館 玉楠の木2ブログ用

根岸森林公園の前管理者・横浜植木株式会社も、現管理者・横浜市緑の協会も、タブノキが枝を横に張り出すと、枝が折れたら歩行者に迷惑とばかりに、次々と伐採対象にしている。歴史的意味を持つ横浜の宝だという意識はまったくない。「玉楠の木」の歴史的意味など、こうした業者はまったく知らないのだと思われる。無知過ぎるのも罪悪に近いと私は思っている。

20221228 開港資料館 玉楠の木3ブログ用

さて、枝は広い中庭一杯に横へ張り出しているので、iPhoneの写真には大きく歪みが生じているし、3枚めの写真は色彩もおかしい。明暗差が激しすぎて、写真ではどうしようもないのでご容赦お願いしたい。このような場合、自分の眼で見ていただくしかない。

見にいってみよう、という方にひとこと。

この木のある旧・イギリス領事館の建物は現「横浜開港資料館」であり、「横浜開港記念会館」(ジャックの塔のあるところ)とはまったく別物なので、ご注意願いたい。歩くと10~15分くらい離れている。この横浜開港資料館は大桟橋に近い「中区日本大通3」だが、開港記念会館のほうは本町1丁目6番地だ。

なお、ハイネのリトグラフの写真は横浜美術館で盗み撮りしたものではなくて、開港資料館の外塀にあった写真を見上げて撮影したものだ。見上げると当然のことながら写真画像は歪むが、そんなものは Photoshop のクリックひとつで元へ戻る。デジタル技術の恩恵だ。



コメント
なるほど。
年表見るとペリー艦隊が初めて浦賀に来航したのがこの絵よりも
8ヶ月早い1853年7月8日らしいから、これはその後のことになりますね。
船が増えても不思議はない。
【2023/01/17 14:00】 | 小肥り #B1scgdwo | [edit]
小肥り さん、
>沖に停泊してる3本マストの米艦が8隻見えるけどペリー提督がサスケハナ号で日本に来たときは4隻だったと心得ています。どういうわけでしょうね。
この絵は1854年3月8日の様子だそうです。
その時の艦隊は7隻だそうで…、さあて??
【2023/01/16 19:59】 | ディック #- | [edit]
多摩NTの住人さん、
古い時代のことなので、最初に開港されたスペースはどの部分をいうのか(象の鼻の話題)とか、「玉楠の木はどこにあったのか」とか、とてもわかりにくいです。
横浜へいらつしゃる機会があったら、「横浜開港資料館」をのぞいてみてください。料金はかかりません。
【2023/01/16 14:55】 | ディック #- | [edit]
地理と佐渡の部屋の管理人 さん、
この絵をご存知でしたか。
横浜美術館は、「横浜美術館」という名前もあって、ほとんど何かしらの理由をつけて、事実上常設展示状態になっています。
横浜開港記念会館にも小さな木が中庭にあるので、私は最初「これはあまりにも貧相じゃないか」と思っていたら、本命は旧・イギリス領事館(開港資料館)にあって、そちらの木は立派でした。
【2023/01/16 14:47】 | ディック #- | [edit]
小肥り さん、
横浜開港資料館は、道路が曲がって、大さん橋へ向かう道路と、山下公園沿いに向かう道路との分かれ道のあるところ。前が「開港広場」というスペースになっています。
とてもわかりにくい場所で、知らないで通り過ぎる人たちも多い、と思います。
【2023/01/16 14:39】 | ディック #- | [edit]
楽 さん、
狭くて日当たりの悪い中庭に閉じ込められているタブノキがちょっとかわいそうなのですが、中庭に目一杯広がっているので、写真の撮りようがありませんでした。
2枚めのように、部分ごとに撮るのならなんとかなるのですが…。
【2023/01/16 14:34】 | ディック #- | [edit]
中庭の枝ぶりが凄いですね。
銘木、巨木に出会っても存在感を伝える写真となると、難しいですね。
【2023/01/16 12:18】 | 楽 #M8XIDdVw | [edit]
歴史的美術品に書かれた樹というのは興味深いですね。中庭のタブノキの枝振りは見事です。街路樹になると定期的に剪定されてしまうのが可哀想ですね。
【2023/01/16 12:10】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
最初の絵は有名ですよね。たしか教科書にも載ってたと思います。
沖に停泊してる3本マストの米艦が8隻見えるけどペリー提督がサスケハナ号で
日本に来たときは4隻だったと心得ています。どういうわけでしょうね。
横浜開港記念会館じゃなくて横浜開港資料館ですね。間違えそう。
【2023/01/16 08:06】 | 小肥り #B1scgdwo | [edit]
おはようございます。

有名な絵ですがリトグラフでしたか。
この絵の中にある木が今も存在。
まぁ、樹木の寿命を考えれば、事故
でもなければ自生し続けられると思
いますが、あの絵の中の木だと言わ
れると気になりますね。

そうかぁ。行けばみられるのか。
行き機会がなかなかできないのがも
どかしいです。

【2023/01/16 06:11】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/9999-806a992a