FC2ブログ

ヤマアイ(山藍)と記憶力の衰え 2021.03.06 -- 1

2021.03.06(19:00)

20210225 ヤマアイ 雄花1ブログ用

 撮 影 日:2021.02.25
 撮影場所:小石川植物園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 NHKの大河ドラマ「青天を衝け」を見ていると渋沢栄一が育った深谷市の血洗島の実家は藍(タデアイ)を栽培、蚕も飼って、染色過程に必要な藍玉を生産するなどして生計を立てていた。
 さて、今回の写真のヤマアイ(山藍)は、中国からタデ科のアイ(蓼藍)が渡来するまで、日本における最古の植物染料のひとつだったそうだ。

 私が初めて小石川植物園に行ったのは2017年の夏の終わり頃で、日本庭園から針葉樹林へ登る付近を中心に、濃い緑色の草本が群生していて、いったい何だろうと思ったものである。
 やがて区画に分類された標本草本を見て、それがヤマアイ(山藍)だと知った。大河ドラマで見たタデアイ(蓼藍)よりは背丈が低く、小さい印象である。

20210225 ヤマアイ 雄花2ブログ用


 今回2月25日に園内をうろうろしていると、もうヤマアイの花が咲いている。
 「え? ヤマアイの花は今頃からもう咲くの?」と思った。Wikipedia には花期は4月〜7月とあるのだ。
 今回も花を撮影したが、じつは2019年5月頃に調べて、ヤマアイは雌雄異株であり、撮影できたのは雄花であることをことを知っている。
 今回の撮影でも、雄花だけで雌花を確認できなかった。
 今年は始まだ始まったばかりだから、なんとか雌花を撮影したいものである……

 と、ここまで書いてから、ふと自分の過去記事を検索した。
 なんと! 2019年2月11日のブログ記事に、「2月にもう花が咲くのか」と、私はほとんど同じことを書いているではないか。
 現在と違っているのは、その頃はまだヤマアイが雌雄異株だということは知らなかったというに過ぎない。

《2019年3月に撮影したヤマアイの花》

20190320 小石川植物園 ヤマアイの雄花1ブログ用

 撮 影 日:2019.03.20
 撮影場所:小石川植物園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 その2019年、つまり一昨年の5月頃から、私はずっとヤマアイの雌花を捜していた。5月に小石川植物園をうろついていた頃には、花が2月から開花していたことなど、もうすっかり忘れていた。

 「物忘れが多い」「ここ数年あまりにも多い」と気になっている。花散策でも「こんなふうに忘れていたこと」そして「忘れていることそのものに気がついていなかったこと」は、なんとも嘆かわしい。
 そう思いつつ、またふと思いついて2019年3月中旬の小石川植物園の写真を、ひとつずつずっと見ていった。上はそのときに撮影した雄花の様子だ。そして次の写真 !

 「あっ!! これは!!」
 これはもしかして、自分が捜していたヤマアイの雌花ではないか!!

20190320 小石川植物園 ヤマアイの雌花1ブログ用

 中央部の上のほうに見えている花がわかりやすい。雌しべは萼に囲まれた子房の上で、舌のような白っぽい柱頭が2裂して見えている。

 そうか、自分はもう雌花を撮影できていたのか! それは嬉しいことだが、そのことに気がついていなかったとは!!
 なんとまあ、情けない記事を書いて、私は何重にも恥をさらしていることやら…!!


コメント
多摩NTの住人 さん、
この撮影が棒状体のことを知った上での撮影であれば、もう少し撮り方の工夫があったと思いますが、2019年の3月時点では、雌花はどんな姿をしているかも知らず、ただ闇雲に雌花らしきものを捜していたのでした。
現時点だったらどうでしょう…。視力が衰えており、窮屈な姿勢もつらくなってきています。マクロ撮影はよほど場所がよくないと、つらくなってきています。
2年前、3年前の自分の写真と比較すると、現在の写真は撮り方が荒っぽく、質が落ちているように気がしてなりません。
ヤマアイの雌花の細部、機会があればまた挑戦してみます。
【2021/03/07 18:30】 | ディック #- | [edit]
タイムリーな記事ですね。『青天を衝け』は毎週楽しみにしています。ヤマアイの雄花と雌花はずいぶん違いますね。私が見たのも3月上旬でした。
雌花の写真の中央の花の水平に拡がっている右側の柱頭の下の緑色の部分にキラリと光る粒が見えますが、おそらく棒状の蜜腺の先端ではないかと思います。
【2021/03/07 16:05】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
こんにちは・ヤマアイという植物見せていただき始めて知りました・
皆さん植物に知識のある方々のご意見参考になりました。
何時かであってみたいものです
【2021/03/07 13:09】 | ころん #- | [edit]
jugon さん、
>ヤマアイは葉っぱを煮出して染料にするのですか?
という疑問が出てくるのは当然ですね。
本記事に足りない部分を、3/7夜の記事にしました。
【2021/03/07 12:41】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
蓼藍を植えたことがあるのですか!
私はテレビドラマで見ているだけですので、実物をひと目見てみたいです。
【2021/03/07 11:42】 | ディック #- | [edit]
楽 さん、
三浦半島には自生のヤマアイがあるのですね。
多方面へお出掛けの楽さんは体験の幅が違います。さすがです。
【2021/03/07 11:40】 | ディック #- | [edit]
ヤマアイは、山の藍ってことでしょうかね。初めてです。
雌花が隆盛の頃に、まだ雄花も残っているとしたら、花期は長いですね~。
【2021/03/07 11:00】 | 山ぼうし #- | [edit]
今日も一つ覚えましたがでもすぐ忘れます
蓼愛は植えたことがあるのでわかりますが
こんなにも違うのですね。

レンズがやはり欲しくなります・・・
【2021/03/07 10:03】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
ヤマアイは、観音崎へフウトウカズラの赤い実を見に行ったとき雄花に出会い、葉山で雌花に出会いました。
懐かしく思いながら、見せて頂きました。
【2021/03/07 07:57】 | 楽 #M8XIDdVw | [edit]
おはようございます。

アイにも種類があったのですね。
初めて知りました。大河ドラマを
見ていますとちょうど話題になっ
ていましたよね。こちらでも見ら
れるのかどうかはわかりませんが、
アイは名だけは..

で、こんな風景は今の時期にすで
に見られるのですね。

【2021/03/07 07:15】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
ディックさん、こんばんは。

ヤマアイは葉っぱを煮出して染料にするのですか?
今はもう趣味の世界なのかしら?
藍色、良い色ですね。

記憶は、多分、そのことをしっかり「記憶」した時点から、ちゃんとした記憶になるのだと思います。
気がないと「見るもの見えず」って言いますよね?
ある時、ある花のことを知ったら、その後いろんなところでその花を目にする、みたいなこと結構あります。それまでだって絶対見てたはずなのに。

↓寒緋桜ってそんなに交配されているのですね?あの綺麗な色と咲く時期を考えれば、ナルホドです。
【2021/03/06 22:52】 | jugon #ehuBx04E | [edit]
YAKUMAさん、
最近は2、3年さかのぼって、同じ月に撮影した過去の写真を見るようにしています。
いろいろと発見があります。それだけ物忘れが激しい、ということでもありますね(笑)
【2021/03/06 21:13】 | ディック #- | [edit]
hiro-photo さん、
近くの「馬の博物館」に皇族の方お手植えのヤマモモの木がありますが、実がなりません。
あるときヤマモモが雌雄異株だと気がつきました。どうせなら、雌株を植えればよかったのに…、とも思いましたが、実がたくさんなると、付近が結構汚れますね。
【2021/03/06 21:11】 | ディック #- | [edit]
平家蟹 さん、こんばんは。
多摩NTの住人 さんのところで、ときどきコメントを拝見しています。
ご来訪、ありがとうございます。
写真を撮影したときにきちんと整理しておけばよいのですが、その場しのぎで済ませているので、こういうことが起きます。
横浜の住宅地に住んでいるので、まだまだ見たことがない植物がたくさんあります。
【2021/03/06 21:06】 | ディック #- | [edit]
ヤマアイはこちらでは時には12月頃から、遅くとも1月にはもう咲いています。
本に載っている花期はあてにならないなと思っています。
雌株は雄株に比べてずっと少ないですね。
ヤマアイではないですが私もやっと見つけたと思ったら既に撮っていたなんて経験があります。
【2021/03/06 20:11】 | 平家蟹 #VD0bvtlU | [edit]
こんばんは。
花らしくない花ですが、雄花・雌花があるのですね・・・。
ヤマモモも雌雄別株らしいですね。
ヤマモモは高知の県花です。
【2021/03/06 20:04】 | hiro-photo #Bc.7XZ4s | [edit]
ヤマアイですか。
一度だけ伊勢神宮の外宮で雄花を見たことがあります。
雌花も撮れていたのですね。
過去の記事でも新たな発見ができて良かったですね。
【2021/03/06 19:07】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/9597-412de97e