FC2ブログ

シナマンサク(支那満作) 20210227 -- 1

2021.02.27(19:00)

20210206 環境支援センター シナマンサクブログ用

 撮 影 日:2021.02.06
 撮影場所:横浜市環境活動支援センター
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 本日の記事はシナマンサクです。
 写真は上から「2月6日 横浜市環境活動支援センターで撮影したシナマンサク」
       「2月18日 横浜市環境活動支援センターで撮影したシナマンサク」
       「2月25日 小石川植物園で撮影したシナマンサク」
 4枚目はクイズの対象です。

20210218 環境支援センター シナマンサク2ブログ用

 撮 影 日:2021.02.18
 撮影場所:横浜市環境活動支援センター
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 マンサクはマンサク科マンサク属の落葉小高木。
 マンサクは日本の固有種ですが、シナマンサクは中国原産。冬の枯れ葉が落ちずにずっと残っているという特徴があり、花を撮影すると数多くの葉が画面に入ります。

 上の2枚、横浜市環境支援センターはまだ若い木だからでしょうか、とても威勢がよい感じ。
 18日になると、花数がさらに増えて、賑やかでした。

20210225 小石川植物園 シナマンサク3ブログ用

 撮 影 日:2021.02.25
 撮影場所:小石川植物園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 すぐ上の写真、25日の小石川植物園のほうは、かなり大きな木で老木といった感じです。どこか寂しげに写ります。

 --------------------------------------------------------------------------------------------------

《クイズ》
 さて、クイズですが、最後の下の写真、4枚目の「〇〇〇マンサク」には、シナマンサクとは決定的に異なる特徴があります。
 もちろん「枯れ葉がまったく残っていない」し、「花弁の太さが違うように見えます」が、それ以外の大きな特徴は何でしょうか?

20210225 小石川植物園 アテツマンサク1ブログ用

 撮 影 日:2021.02.25
 撮影場所:小石川植物園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:TAMRON SP 35mm F/1.8 Di VC USD F01

 --------------------------------------------------------------------------------------------------

《正解》
 ・花の真ん中の部分「萼片」の色が、暗い赤褐色ではない、ということ。
  シナマンサクに限らず、マンサクはこの部分が「暗い赤褐色」である、という特徴があります。
  4枚目は準絶滅危惧種の「アテツマンサク」で、次回はこれを記事にしたい、と思います。


コメント
小石川植物園ではアテツマンサクが見られるのですね。実物を見たいと思っている花です。続きの記事を楽しみにしています。
【2021/02/28 17:16】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
アテツマンサク、一度だけ咲き始めを見たことがあります。
中心も黄色でしたか。
覚えていませんでした。
【2021/02/28 16:57】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
>>基本的な見分け方として、マンサクは枯れ葉が残らず、シナマンサクは枯れ葉が残ります。

じっくり拝見しますと、わかりました。
赤と黄色の中心、変化
どちらもお洒落な花ですね。
【2021/02/28 14:36】 | ころん #- | [edit]
hirugao さん、
アカバナのマンサクについては、この上の jugon さんへの返信を読んでください。

hirigao さんからのコメントが途絶えているので、変だなあ、と思っていました。解決してよかったです。ブラウザの誤動作には、「一時ファイル」が関係していることが多いです。
たとえば、自分は写真を入れ替えたのに、ブラウザで読み込んでみるとしてみると入れ替わっていない、という現象が起きたりします。正しくは入れ替わっているのに、一時ファイルを読み込みに行っているからなのです。
【2021/02/28 09:04】 | ディック #- | [edit]
jugon さん、
マンサク属の中に、マンサク、シナマンサクなどがあります。基本的な見分け方として、マンサクは枯れ葉が残らず、シナマンサクは枯れ葉が残ります。アカバナマンサクというのがあって、枯れ葉が残ったり残っていなかったりしますが、これは「交配」によって作られた園芸種のようです。
アテツマンサクはマンサクの変種だと言われているようです。
【2021/02/28 08:59】 | ディック #- | [edit]
まずは昨日のコメントありがとうございました
夜に一時ファイルの削除でしてみたらもとに戻り遅れました
ありがとうございました
気持ちがすっきりしました。

ところで今日のマンサクの木はご近所では見かけません
お茶の先生のお宅に昨日写した赤色のが
あっただけです
どこかで見たいものです
【2021/02/28 08:50】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
おはようございます。

ああ、正解が書いてありましたねぇ。
なんとなくそうじゃないかと思って
いたのですが、答えをもらいました
ので、そうだよねと..

ただ、このマンサクはそんなに身の
回りで見られるものでは無くて、
山野で見るものでほぼ終わりです。
まだ花を見るまでには時間がかかり
ましょう。雪解けをまって、いずれ
山でマンサクの花を見たいものです。

【2021/02/28 07:04】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
小石川植物園へ行かれたのですね。
私は行ったことがありませんが、珍しい植物の宝庫ですね。
【2021/02/28 06:34】 | 楽 #M8XIDdVw | [edit]
ディックさん、こんばんは。

シナマンサクにも種類はありますか?
今日UPしました名古屋の公園のマンサクは、中心部分は両方とも赤、でもリボンと言うのですか花びらかしら?がちょっと違っていました。
そして、どの木にも葉っぱはありませんでした。
マンサクも冬から春への橋渡しのお花ですね。

↓クリスマスローズ、その1とその2の画像を見られませんので、また参ります。
これは、私のP/Cの問題です。Drive-Cの容量がもうなくなりそうなのです。
あ~、Windows10の再インストールしか道はないのでしょうか?(泣)
【2021/02/27 22:51】 | jugon #ehuBx04E | [edit]
なんだか老木は枯葉もしんなりしているような感じです。いや、品があります!
最後のマンサクは、不思議な見た目です。リボンは少し短いでしょうかね。
【2021/02/27 20:56】 | 山ぼうし #- | [edit]
こんばんは。
中心部まで黄色の万作、ふと思い浮かべました。
素心蝋梅も花全体が黄色一色ですね、普通の蝋梅はやはり中心部が赤いです。
【2021/02/27 20:09】 | hiro-photo #Bc.7XZ4s | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/9590-07810564