FC2ブログ

アッサム茶 2021.01.04 -- 1

2021.01.04(18:30)

20201217 小石川植物園 アッサム茶1プログ用

 撮 影 日:2020.12.17
 撮影場所:小石川植物園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 講談社ブルーバックスの「お茶の科学」の19ページに「すべてのお茶は、同じ茶葉からできている! 」という見出しがあり、そのあと、「日本茶もウーロン茶も紅茶も製法が異なるだけで元はすべて同じ茶葉」というふうに展開していく。
 私は講談社ブルーバックスにも書かれていることだし、一時はすっかりこの話を信じ込んでいた。
 ところが、小石川植物園でアッサム茶の木の花と葉を見て、「上のことはいくらなんでもひどい暴論だ」と気がついた。

20201217 小石川植物園 アッサム茶2ブログ用

 基本的な議論の展開方法として、日本茶、ウーロン茶、紅茶の違いを生み出しているのはたしかに「製法」だから、それを強調したいのはわかる。
 しかし、アッサム茶の葉は日本茶の茶葉よりずっと大きく、葉は分厚く、日本茶の茶葉とアッサム茶の茶葉が同じものだ、というのはあまりにも乱暴だろう。

20181111 小石川植物園 アッサム茶の花と葉ブログ用

 撮 影 日:2018.11.11
 撮影場所:小石川植物園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 歴史的に、中国のチャノキがインド方面へと伝わっていった、というのはよいにしても、アッサム地方に交易開拓にきたイギリス人が発見したチャノキは、最初独立種だと思われたくらいに外見が異なっており、後に変種だとされた。
 性質がかなり異なり、日本や中国のチャノキとは、あるいはインドの他の地方やスリランカのチャノキとは、アッサム茶は別の変種である、というのが定説らしい。

20181111 小石川植物園 アッサム茶のつぼみと葉ブログ用

 下に、横浜市こども植物園で撮影したチャノキの写真を載せたが、写真をみただけでも葉の形や大きさの違いが明瞭である。


《参考》チャノキ(茶の木)の花と実

20201105 こども植物園 茶の花と葉1プログ用

 撮 影 日:2020.11.05
 撮影場所:小石川植物園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 私は日本茶、ウーロン茶、紅茶など、茶が好きでいろいろと飲み分けて楽しんでいるが、アッサム茶には独特のコクと濃厚な風味がある。
 ダージリンなどの茶葉をアッサム茶と同様の製法・工程で仕上げても、同じようになるとは到底思えない。

20201105 こども植物園 茶の花と葉2ブログ用

 私はどんなお茶でも好んで飲むが、どういうシチュエーションのときにどういうお茶が飲みたいか、ということで茶葉を選ぶ。
 紅茶の場合、一般的に価格がもっとも高い(高級茶とされる)のはダージリンティーである。アッサム茶とは日本では数倍以上の価格の開きがある。
 それだけ高額なのに、ダージリン茶の夏摘みはすぐに売り切れになるので要注意だ。

 なお、明日(1月5日)はブログはお休みします。


コメント
ディックさん、こんばんは。

お茶のお話、楽しいですね。
私はお紅茶は、アールグレイを主にいただきます。
ダージリンも美味しいです。

アッサム・ティーもいただいたことがありますが、今、どんなお味だか言えません。
次回からもっと気にしながらいただくことにします(^^)

お茶が製法の違いだと知っていましたが、それは違う場合もあるのですね?
確かに、この強靭そうな葉は、疑ってみたくなります。
何でも疑ってみるということ、とても大事ですね。

お詫び:この前のコメント欄の「ディックさん」のところ、「ィ」が「シ」になっていて失礼いたしました。
【2021/01/14 00:13】 | jugon #ehuBx04E | [edit]
おはようございます。

アッサム茶

トワイニングですと茶葉の違いで
紅茶を出していましたよね。
その特性の違いを前提にして種と
して出しているのでしょう。

書かれていますように製法の違い
が茶を分けるとは思いますけど、
コメにも色々品種があるように、
期待される風合いは元の茶葉の違
いにも影響されましょう。

さて、今朝のこちらは雨です。
このあと吹雪いていくのだろう
と思いますが、出勤時の除雪が無
いのはありがたいです。

【2021/01/07 06:40】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
明けましておめでとうございます。

今年もディックさんの素敵なお写真とお話を楽しみにしています。どうぞよろしくお願いいたします。

私もお茶の葉はみんな同じとどこかで聞いて驚きましたが、そんなことはないのですね。とても勉強になりました。日本茶も紅茶も大好きですので、お茶を飲むときは今日のお話を思いながら楽しみます。
アッサム茶のお花は初めて見ました。小さくて可愛いですね。
【2021/01/06 18:46】 | 白髪のアン #- | [edit]
アッサム茶は飲んだことがありませんが、お茶とは葉っぱが違うのですね。
【2021/01/06 12:42】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
お茶系植物はやはりコロナ退散に効く薬用かも・・!コロナ退治でウッシッシ、嬉しい丑年の春となってほしいものです。

【2021/01/05 21:00】 | ローリングウエスト #4rhKAmu. | [edit]
楽 さん、
一般的には、淡い旨みのある味わいの茶ほど早くに摘みます。手摘みの茶がごわごわしていると大変ですし、日に照らされるとタンニンの味が強く出てくるようになるから。
アッサム茶は詳しくは知りませんが、やはり大半は夏には摘み取るのではないかな。それも機械で細かく裁断してしまいます。葉にゴワゴワ感が出てくるような時期には摘まないわけですが、今頃現地ではどんな様子なのでしょうね。
【2021/01/05 11:21】 | ディック #- | [edit]
アッサム茶は聞くのも見るのも初めてでしたが、
新緑の時期から半年以上経っているのに、
日本茶の葉のようなゴワゴワ感がないのですね。
【2021/01/05 06:59】 | 楽 #M8XIDdVw | [edit]
ころん さん、
以前は、買いたくてもなかったものが、店頭やネット販売に出てくるようになってきています。
いろいろと選べるのは日本が豊かになった証でしょう。
【2021/01/04 21:50】 | ディック #- | [edit]
hiro-photo さん、
以前、娘からのお歳暮のセットの中に、高いダージリンの茶葉が一袋混じっていまして…。
一度、味わってしまうと違いがわかってしまいます。
やがて、自分で買うようになっていきます。
【2021/01/04 21:45】 | ディック #- | [edit]
お茶 日本人好みのお茶、最近種類が多くなってる感じがします。
息子もお茶や 珈琲 紅茶に凝ってるのか?
お正月に今日はこのお茶にと持ち込みました。
【2021/01/04 20:54】 | ころん #- | [edit]
こんばんは。
内容が難しいですね。
ダージリンと言う名前は良く聞きますが、最高級品の紅茶に仕上がるのですね。
私の朝食はパンですが、紅茶の銘柄にはほとんどこだわっていません。
値段は高い物から安いものまで多くの種類がありますが、中程度の価格のティーパックの物を買って飲んでいます。
【2021/01/04 19:37】 | hiro-photo #Bc.7XZ4s | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/9585-2bdc8f3e