FC2ブログ

メリケンガヤツリ(米利堅蚊帳吊り) 2020.06.20 -- 1

2020.06.22(17:00)

20200616 本牧市民公園 メリケンガヤツリ1ブログ用

 撮 影 日:2020.06.16
 撮影場所:本牧市民公園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 三渓園への出入りに本牧市民公園の駐車場を使っているが、池の付近は古い湿地が保護されている地域がある。
 そこで見つけたというか、今の時期、すでにかなり背が高く、ごく自然に目が行く。

 Wikipedia によれば、
 メリケンガヤツリは、やや大型になるカヤツリグサ科カヤツリグサ属の植物。湿地にはえる帰化植物である。水辺に大きな株を作る。全体に緑色が濃く、水々しい印象の植物。大きな株立ちになり、多数の葉をつける。
 このごちゃごちゃした集まりが、どうやら花穂らしい。花は一本の雄蘂と雌蘂からなる、という。ずっと9月頃まで咲き続けるそうだから、次に見つけたらひとつつまんで解体してみよう。

20200616 本牧市民公園 メリケンガヤツリ3ブログ用

 南アメリカから北アメリカ西部が原産で、南ヨーロッパ、南アフリカ、ニュージーランドなどに帰化している。日本にはまず沖縄に第二次世界大戦後に侵入、本土では1959年に四日市市で記録されたのが最初らしく、当初はいくつかの地域に点在する状態だったようであるが、1990年代から急速に広まったという。(Wikipediaより)

20200616 本牧市民公園 メリケンガヤツリ2ブログ用

 稲垣栄洋氏著の「雑草手帳」によると、
 カヤツリグサの仲間は茎の断面が三角形なのが特徴だ。そのため外からの力に対して頑強だが、隅々まで水が届きにくい。だから水が潤沢な湿地を好むそうである。メリケンガヤツリも根元にたっぷりした水を含んだところを好むそうだ。

 横浜市内の川は暗渠になってしまったところが多く、水辺というのは案外と少ない。
 本牧市民公園は、私にとって水辺の植物を近くで見られる貴重な場所である。


コメント
さすがにこれは紫陽花の仲間ではないでしょう。
見た覚えはない。外来種であったか。
【2020/06/23 13:14】 | 小肥り #HfMzn2gY | [edit]
このカヤツリグサはよくおぼえています。
子供の頃に遊んだと思います。

雑草だけで瓶にでも挿して飾るといいですよね。
【2020/06/23 11:54】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
メリケンガヤツリが見られるのですね。私は自分のブログの中で7年前に1度だけ記載していました。家からは少し遠い浅川で撮ったものです。懐かいのでまた見てみたいものです。
【2020/06/23 10:15】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
おはようございます。

カヤツリグサの仲間はよく見ると
結構シンプルで涼やかです。

メリケンガヤツリ

こちらは初めて名を聞きました。
越後でも見られるのでしょうかねぇ。

【2020/06/23 06:42】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
これは結構大型で目立ちますよね。
川岸などで観察したこともあります。
【2020/06/22 22:04】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
こんばんは。
ごく自然に目にしていると思いますが、改めて見るとキリリとした葉に立派な花穂・・、これでは蚊帳も吊れそうですね。
【2020/06/22 18:35】 | hiro-photo #Bc.7XZ4s | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/9476-48cdea63