FC2ブログ

アレチノギク(荒地野菊) 2020.06.09 -- 1

2020.06.09(19:30)

20200608 根岸森林公園前 アレチノギクブログ用

 撮 影 日:2020.06.08
 撮影場所:根岸森林公園東門前の歩道脇
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 ヤマアジサイ特集第2回は明日に譲り、今晩はこの写真1枚である。

 昨日運動不足を改善しようと午後2時過ぎに家を出て、根岸森林公園を一周した。
 公園の東側入り口から入るつもりだったが、交差点を渡る前、歩道脇で写真の植物を見つけた。
 正面に見えているのは、あきらかにキク科の植物の果実の冠毛だ。
 花のほうはというと、たとえばこの時季のヒメジョオンのような花は見えず、写真上のほうにつぼみが膨らんでいるよううな様子の花が見える。
 調べたところ、この植物はキク科ムカシヨモギ属の「アレチノギク」らしい。
 総苞に包まれたまま樽形になっていて、これでも筒状花、舌状花がわずかに覗いて、咲いている状態だということのようだ。

 Wikipedia には、「アレチノギク(荒地野菊、学名: Conyza bonariensis)は、キク科イズハハコ属の越年草または一年草。道端や荒れ地で見られる雑草」と書かれている。
 「茎の上部に多数の花をつけるとそれ以上は成長せず、花の付かない横枝を伸ばす。横枝は花枝より高く伸びる傾向がある」そうだ。

 南アメリカ原産で、日本では明治中期からの帰化植物。「明治の中期頃に渡来し一時は非常にはびこったが近年少なくなってきた」そうである。近年では仲間のオオアレチノギクやヒメムカシヨモギに比べ勢力が衰えている、ということらしい。

 見た目がかなり特徴的であり、初めて見つけたのだから早々に記事にしたくなった。
 写真の葉は萎れかかっているような様子だが、そもそも細い葉で、捩れたようになりやすいらしい。

 さて、ムカシヨモギ属なのか、イズハハコ属なのかはっきりしてほしいところだ。それによって学名も変わってくる。
 どうも諸説あって調べるのが面倒になってきたので、そこは継続して検討することとして、本日は初めて見つけて、名前もはっきりした「アレチノギク」(荒地野菊)の写真記事を掲載でき、満足である。


コメント
多摩NTの住人さん、
>旧分類ではムカシヨモギ属でしたが、APG体系でイズハハコ属になりました。
きっとコメントで教えていただける、と期待しておりました。
ありがとうございます。
【2020/06/11 11:02】 | ディック #- | [edit]
見たことがあるような気もするけれど、写真には撮っていません。
次回見つけたら、カメラを向けてみます。
【2020/06/10 18:27】 | 楽 #M8XIDdVw | [edit]
こんばんは。
私であれば、花が無いものとして写すのをパスして行きすぎますね。
花らしく見えない花は見逃してしまいます。
アレチハナガサとかアレチヌスビトハギなどと、荒れ地の付く草花が色々とあるようですね。
【2020/06/10 18:17】 | hiro-photo #Bc.7XZ4s | [edit]
本当にちゃんと名前があるのですね。
この辺りにもあるのかもしれませんが・・

写真に撮るとなかなかいい花だと思いますね。
【2020/06/10 10:57】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
アレチノギクは良く見掛けますが、最近は見過ごしていて、名前も忘れかけていました。旧分類ではムカシヨモギ属でしたが、APG体系でイズハハコ属になりました。私もしっかり復習できました。オオアレチノギクも混在することが多いです。
【2020/06/10 10:27】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
おはようございます。

名には記憶があるものの、はて実物に
印象はありません。やはりひとくくり
に雑草と決めつけてしまっているから
でしょう。

限られた環境の中で、小さな自然を
一つ一つと言うのには頭が下がります。

さて。こちらは今朝も晴れています。
気温も上がると言います

【2020/06/10 06:51】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/9463-46a7d0a8