FC2ブログ

三渓園のキンシバイ(金糸梅) 2020.06.05 -- 1

2020.06.05(19:30)

20200605 三渓園 キンシバイ1ブログ用

 撮 影 日:2020.06.05
 撮影場所:横浜市・三渓園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 Wikipedia によれば、「キンシバイ」(金糸梅)学名:Hypericum patulum は中国原産で、江戸時代に渡来、古くから観賞用として栽培されてきた。
 しかし、公園などの植栽はいまやほとんどが ヒペリカム・ヒドコートになってしまっている。
 その理由はおそらく、花や葉が大型で長期間にわたって花を咲かせ、生育旺盛だからだ、と思われる。
 私の住居地周辺で、本来の「キンシバイ」を見られるところは三渓園だけだ。

20200605 三渓園 キンシバイ2ブログ用

 記事の最後に、「ヒドコート」(Hypericum 'Hidcote')の写真を載せたが、 
 キンシバイは「ヒドコート」(Hypericum 'Hidcote')よりやや小型で、ヒドコートのように大きく全開しないことが多い。控えめな感じで好ましい。ヒドコートほどには、突き出した雌しべが目立たない。

20200605 三渓園 キンシバイ3ブログ用

 私は本日6月5日に三渓園に撮影に行ったが、もしハンゲショウと一緒に撮ろうと考えたりして、もっと遅めに出掛けたりすると、キンシバイはよい花がほとんど残っていないのでがっかりすることになる。


《参考》横浜市こども植物園の「ヒドコート」(ヒペリカム・ヒドコート)

20200529 こども植物園 ヒペリカム・ヒドコートブログ用

 撮 影 日:2020.05.25
 撮影場所:横浜市こども植物園

 なお、オトギリソウ科オトギリソウ属は、学名の頭にすべて Hypericum が付くので注意が必要だ。トモエソウもオトギリソウも昨日紹介したビヨウヤナギも、すべてひっくるめて「ヒペリカム」で総称することがある。

 いろいろな植物が園芸種として栽培されているが、細かい園芸種の区別など到底憶えきれないし、区別も難しいので、「同じ属に属する園芸種の花は学名で総称する」ということが、園芸種の世界ではよく行われる。
 たとえばモクレン属の属名は Magnolia なので、モクレン属の花を何でもかんでも「マグノリア」と称している方もいる。それが学名であるということすら気付いていない人もいるのだ。
 私は山野草も園芸種も区別なく「好きなものは好き」なので、山野草でなければ興味がない、という方とも、一方で、植物学には疎い園芸種好きの方とも、どちらのタイプのの方ともお付き合いできるよう心掛けている。

〈追記〉
 左足の小指はまだかなり痛む。自製のパッドで小指を保護し、テーピングして昨日から歩いている。
 最初はかなり痛いが、痛みに慣れてくる。
 6千歩程度なら、一晩休ませれば翌日は前の晩より改善している。
 きょうはどうしてもキンシバイを撮影したかったし、暑くても、痛くても、三渓園の木々の中を歩いているのはやはり気持ちがよいのだった。


コメント
ヒペリカムの仲間は色々ありますね。しっかり覚えても1年経つとすっかり忘れています。足指のことは前のコメントに書きましたが、歩く時は辛いですね。整形外科でレントゲンを撮り、骨が折れていないことは確認しました。テーピングで対応中です。
【2020/06/07 11:36】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
楽 さん、
「9日のブログ記事」?
ずいぶん先まで準備済みなのですね。
【2020/06/06 20:12】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
>今まで見ていたヒペリカムはかなり花が小さい様に思います
それって、また別のオトギリソウ属の花かも知れませんよ。どれもみんなヒペリカムですから。
【2020/06/06 14:44】 | ディック #- | [edit]
前の花と似てますよ。
なんてったかな・・・ビヨウヤナギだったかな。
花びらがちょっと大きいけど・・・。
同じと言ってもいいなあ。
【2020/06/06 14:01】 | 小肥り #HfMzn2gY | [edit]
確かにいろんな花が咲いていてわからなくなります。
今まで見ていたヒペリカムはかなり花が小さい様に芋います。

足の指の怪我大事にしてくださいね。
最近は暑い盛りに出てしんどい思いをしています。
【2020/06/06 11:05】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
おはようございます。

キンシバイ
ちょっと見、昨日見たビヨウヤナギ
と区別がつかなくなるかも知れませ
ん。当方にとりましては..
ですが、写真を並べると明らかに違
うかなとも思います。後は記憶する
気の問題です(笑)。

さて、けがの回復は順調のようで
すね。余り無理はしない方が良い
です。骨・関節関係は。

でもなぁ、気持ち分かります。

今朝は涼しい朝です。空は曇って
います。昨日は30度近かったので
空は曇りですけど、過ごしやすく
て良いです。

【2020/06/06 08:52】 | 地理佐渡.. #0TfezBWQ | [edit]
キンシバイと、ヒベリカム・ヒドコードは花弁の開き方と、雌しべで見分けするのですか。
私が3日に四季の森公園で見たのは、キンシバイだと思いますが、9日のブログ記事鑑定ください。
後先逆になりましたが、無理をしないでくださいね。
【2020/06/06 06:24】 | 楽 #M8XIDdVw | [edit]
hiro-photo さん、
横浜でふつうに見られるのはヒペリカム・ヒドコートです。
初めて金糸梅を見つけたときは、雰囲気の違いですぐにわかりました。
本日あらためて感じたのは、金糸梅はやや小さめだということです。
数年間いろいろと見てきて、ようやく見分けに自信がついてきたかなあ、というところです。
【2020/06/05 20:42】 | ディック #- | [edit]
こんばんは。
キンシバイとヒドコ-トとは、花弁の開き方と蕊の長さ位の違いと言う事であれば、間違えてしまいそうですね。
我が家の近くに咲いているのはどちらなのでしょう・・・、名前に自信が持てなくなりました。
【2020/06/05 20:07】 | hiro-photo #Bc.7XZ4s | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/9459-7d8f0178