FC2ブログ

イカリソウ(碇草)の「花の構造」の観察 2020.04.12 -- 1

2020.04.12(20:00)

200408 こども植物園 イカリソウアップ1

 撮 影 日:2020.04.08
 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レ ン ズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 当ブログ「ディックの花通信」にはまともに取り組んだイカリソウの記事がない。
 撮影しにくいことも理由の一つだが、花の構造に納得がいかず、調べるのが面倒だったのだ。
 いろいろな本やネットの記事を読んでも、明確に図示した解説が見つからず、あれこれつなぎ合わせるのが大変だった。
 仕方なく、まずは自分の撮影した写真を注意深く見つめることにした。

 上の写真、一番左側につぼみの写真が写っている。白い「距」がつぼみからはみ出ている。
 つぼみを注意深く見る前に、右側の花の写真だが、濃いめのピンク色の4枚は、位置からして花弁ではなく萼片だろう。
 その萼片が、左側のつぼみのどれに当たるのか?
 つぼみのときは、なんだか萼片の枚数が多すぎるようだ。
 ネットの解説を読むと、萼片は8枚で、うち4枚は花になったときには落ちている、という。それで納得である。
 次に、どれが花弁かという問題だが、花弁は通常雄しべや雌しべを包むようになっているから、右側の花で言えば、シベを囲んでいる4枚が花弁だろう。
 外側の2枚と、内側の2枚というふうになっているようだ。
 真ん中の花を見ると、花弁がずっと伸びてそのまま距になっている。つまり、花弁の延長が距を形作っている。
 「距」というのは、通常内部に蜜腺があり、蜜を蓄える役割をしている。
 距が4つあるわけだが、右の鼻の内部を見ると、白い雌しべは1本しか見えない。
 ネットの解説にも、雄しべは4、雌しべは1と書かれている。

200408 こども植物園 イカリソウアップ 2

 2枚目の写真だが、実のなっている様子がわかる。もし雌しべが複数なら、こういう形の実にはならない。
 だから、実を見たことで雌しべの本数にも納得できた。


コメント
ディックさん、ご無沙汰をしていました。
こんにちは。

こんなに説明にもってこいのお写真を撮られたのに驚きました(^^)
実際にイカリソウを見る楽しみが増えました。
【2020/04/15 17:06】 | jugon #ehuBx04E | [edit]
イカリソウの花の構造。
こうした解説はとても勉強になります。
自分でも調べないといけないですね。
【2020/04/13 22:53】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
こんばんは。
難しい事はスルーして、マクロレンズで写しているだけの事はあって、綺麗なカリッとした写真に好感を持って見せて頂いています。
【2020/04/13 19:05】 | hiro-photo #Bc.7XZ4s | [edit]
イカリソウの花始めてみます。
綺麗な形でゆうゆうですね・
実のなっている様子がわかる。
良くわかりました。
来期楽しみですね。
【2020/04/13 16:56】 | ころん #- | [edit]
イカリソウは写真を撮るのも大変ですものね。
今年は同じ色のが咲いています。
膝をついて撮らないとね。
【2020/04/13 10:01】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
イカリソウの花の構造を調べたことはありませんでした。なるほど、ご説明と写真で良く理解できました。
【2020/04/13 08:18】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
おはようございます。

独特の形の花が面白いイカリ
ソウです。長岡市の郊外で見
られる種はトキワイカリソウ
で色は白です。写真写りのと
ても良い山野草です。

一方越後湯沢に近い塩沢町で
はムラサキのたぶんイカリソ
ウと言って良いのだと思いま
すが、見られます。県下でも
棲み分けられているのが面白
いです。

【2020/04/13 06:38】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
蕾と果実も見ることができたのですね~。
私は蕾は?ですが、果実を見たことが無いです。なるほどね~の姿です。
【2020/04/12 21:51】 | 山ぼうし #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/9403-960ee893