FC2ブログ

ハンニバル・レクターの物語 (付録:自宅庭のミズヒキ) 2019.10.21 - 1

2019.10.21(14:45)

191020 ハンニバル・シリーズ

 2001年頃、「羊たちの沈黙」という映画があった。
 ある連続猟奇殺人事件の解明のため、FBIは同じ猟奇的な殺人事件の犯人ハンニバル・レクター博士のアドバイスを求めようとする。
 ジョディ・フォスターが演じる女性捜査官をボルティモアの監獄(精神病院)に送り込むのだ。
 初対面の場面から映画は始まるのだが、レクター博士(アンソニー・ホプキンス)はすっかりクラリス捜査官が気に入ってしまい、クラリス捜査官にさまざまなアドバイスを与える。
 レクター博士がFBIに協力するための交換条件は、クラリスが自身の過去の私生活について語ることだった。

 最初見始めたとき、どうも変な映画だと思った。
 ただの連続殺人捜査もののアクション・ミステリだと思って、私は見始めたのだ。

 続編に「ハンニバル」(新潮文庫)という小説があり、後にそれを読んで私は気がついた。
 「羊たちの沈黙」の主人公はハンニバル・レクター博士本人であり、この小説シリーズの骨格は、ハンニバル・レクター博士の類い希なる頭脳と、彼の高尚な趣味に対する賛美の物語だったのだ。
 小説「ハンニバル」では、レクター博士はフィレンツェに潜んでいる。「羊たちの沈黙」の最後に、あざやかに脱獄してしまい、以来身を隠していたのだ。
 レクター博士はかつてのメディチ家の宮殿に住まい、ルネサンス美術の専門家・アドバイザーとして生活している。就寝前にはバッハのゴールドベルク変奏曲を奏するのが日課になっている。
 (なんという豊かな生活、私はうらやましい! )
 この小説は、メディチ家の時代に起きた事件を詳しく知っていれば知っているほどおもしろい。美術や音楽やワインなどに詳しければ詳しい読者であるほど楽しめるように描かれている。
 アメリカからフィレンツェへ飛んだクラリス捜査官ががレクター博士を追い詰めようとするのだが、今回もレクター博士のほうがはるかに上手なのだった。

 私がトマス・ハリスのこの小説に惹かれるのは、主人公のハンニバル・レクター博士が美術や音楽に囲まれて趣味豊かな生活を送るという、諸芸術賛美の姿勢が明確だからだ。

 新潮文庫から「ハンニバル・ライジング」というレクター博士の少年時代を描いた小説がこの4月に出ているが、第二次世界大戦に巻き込まれ、ナチス・ドイツとソ連とに挟まれて苦しんだリトアニア貴族の息子ハンニバル・レクターが成長し、戦争中に飢えに負けて彼の愛する妹を殺して食べた連中に、徹底的に復讐するという物語だ。
 復習の過程では、妹を食べた連中を殺害し、逆にその連中を食べるという行為に及ぶ。
 人肉嗜好という怪しげな趣味に耽溺してしまう主人公だが、しかしそんなことはどうでもよい。
 その怪しげな趣味さえなければ、ハンニバル・レクター博士は教養豊かで、美術や音楽を愛する、魅力に溢れた人物だ。
 「どうだ? きみは主人公のハンニバルが気に入ったか? 応援してくれるか?」とトマス・ハリスは訴えてくる。
 私の返答は「Yes, Of course!」だ。

 追記:少年時代のハンニバルの育ての親は紫夫人といい、日本人女性だ。
    俳句、和歌、習字、生け花など、ハンニバルは日本文化にも深く染まっている。


《庭のミズヒキ》

190929 自宅庭 ミズヒキ1

 撮影場所:自宅庭
 撮影日:2019.09.29
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ


190929 自宅庭 ミズヒキ2

コメント
おはようございます。

小説の題名だったのですね。
ハンニバル
こう名が出ますと、古代ローマと
カルタゴとの戦。カルタゴの名将
ハンニバルを想起させます。
対するローマはスキピオ。
お題とかけ離れましたが、そうし
た意識が本題から遠ざけてしまい
ました。

たまには本を読まなくちゃ。
たまには読んだ本のネタも..

読書の秋ですものねぇ。


【2019/10/24 07:00】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
ん~いつも撮るのに困るミズヒキの花ですが、こんなふうに撮れるものなのですね。イイですね~。
【2019/10/22 21:16】 | 山ぼうし #- | [edit]
どんな小説かと思っていたら「羊たちの沈黙」や「ハンニバル」などでしたか。あまり読まない分野です。私の頭脳は単純な勧善懲悪ものが合っているようです。ミズヒキをとても綺麗にお撮りですね。
【2019/10/22 14:05】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
小肥りさん、
>プロフェッサーフェイトはトッカータとフーガだった
プロフェッサーフェイト? 私にはなんのことやら…。
シャーロック・ホームズ…、ほんとにシャコンヌですか? 私は思い出せません。
【2019/10/21 22:38】 | ディック #- | [edit]
この花、触れなば落ちん…………この危うさが魅力かな。

バッハが好まれるんですね。
ホームズさんはシャコンヌだったかな。
プロフェッサーフェイトはトッカータとフーガだった。
【2019/10/21 19:53】 | 小肥り #HfMzn2gY | [edit]
ミズヒキの小さい花を、綺麗に撮られましたね。
お見事!!
風に揺れてピントが合わないので、私は最近挑戦していません。
【2019/10/21 17:51】 | 楽 #M8XIDdVw | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/9311-7204325a