FC2ブログ

「バルトークのピアノ協奏曲第3番」と「蜜蜂と遠雷」

2019.10.02(18:00)

蜜蜂と遠雷

 バルトークの音楽というと、過去に何度か聞きかじったときには調性感のないところがとても馴染みにくく、私には苦手意識が生まれていた。
 そのバルトークに踏み込んだのは、多摩NTの住人さんがブログで恩田陸さんの小説「蜜蜂と遠雷」を紹介されていたことがあり、この小説をよんだことがきっかけだ。
 ピアノ・コンクール(モデルは浜松国際ピアノコンクール)を舞台に、新進のピアニストたちを描いた作品で、たいへんおもしろい。


170429 自宅庭 セイヨウミツバチとセアノサス

 花の名前:セアノサスの花とセイヨウミツバチ(たぶん)
 撮影場所:自宅庭
 撮影日:2017.04.29
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 さて、そんなふうにして、数カ月が流れ、バルトークはいまや私の好きな作曲家の一人だ。
 みなさんのブログのちょっとした話題が、ブログの読者の私に多大な影響を与えていることがある。
 こういうこともあるのだ、という話題を紹介したかった。

 ちなみに、「蜜蜂と遠雷」は映画化され、10月4日に公開されるらしい。
 小説は第156回直木賞受賞作品だ。幻冬舎文庫や kindle の電子書籍で読むことができる。
コメント
小肥りさん、
「らららクラシック」の特集は、私はちょっと期待外れでした。もっといろいろやってほしかったけれど、まあ30分番組だから仕方ないでしょう。
この番組は毎週見ています。
【2019/10/06 20:47】 | ディック #- | [edit]
多摩NTの住人 さん、
「蜜蜂と遠雷」のCDは Spotify で聴くことができるので一部、聴いております。
知っている曲も多いです。
バルトークは気に入ってほかのCDを何枚か買いました。
【2019/10/06 20:45】 | ディック #- | [edit]
たびたびすみません。本を読んだのは直木賞、本屋大賞を取った2年前でしたが、その時はCDが出ていませんでした。今回改めて調べてみたら「蜜蜂と遠雷」のCDが発売されており早速購入しました。
【2019/10/06 15:31】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
ハンガリーの作曲家………ぐらいしか知らないよ。馴染みがない。さっぱりない。
でも、今夜のEテレ「らららクラシック」で「蜜蜂と遠雷」というのがあるみたい。聴いてみます。
【2019/10/04 06:57】 | 小肥り #HfMzn2gY | [edit]
hirugao さん、
セアノサスはたぶん、一般の販売名は「カリフォルニア・ライラック」です。
わが家は大きくなりすぎて伐らなくてはなりませんでした。
【2019/10/03 10:24】 | ディック #- | [edit]
小説をお読みになられましたか。恩田さんらしい良い作品ですね。映画が楽しみです。
【2019/10/03 08:46】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
私も最近は岩崎ちひろに関する本くらいで
あまり読んでいません。
今日は図書館に行くつもりなので見てきます。

この花も初見です
後で調べてみます
【2019/10/03 08:00】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
おはようございます。

さいきんすっかりクラシックを
聴かなくなりました。そもそも
音楽自体聞いていないか見知れ
ません。

バルトーク

昔は数ある中の一つとして聞い
ていたと思うのですが..

【2019/10/03 06:43】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
、「蜜蜂と遠雷」
直木賞受賞作品・読んででみたくなりました。
まず図書館で探してみます。
セアノサスの花)
色の濃い花珍しいです。
たくさんの蜜を持ってるのでしょうか・・
せイヨウミツバチ・しっかり吸ってますね。
【2019/10/02 21:22】 | ころん #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/9295-91e5e38f