FC2ブログ

ブラームス 交響曲第2番のコンサート 2019.09.27 -- 1

2019.09.27(10:20)

151024 聖光学院管弦楽団パンフレット 聖光学院21回パンフレット調整済

聖光学院管弦楽団のコンサートというと、2015年10月4日に聴きにいき、当日のブログで紹介しているようだ。
あれから4年、何回か聴きにいくうちにずいぶんと上手になった。
私の母校聖光学院中高等学校の卒業生、父兄、その他関係者がメンバーになっている管弦楽団だが、メンバーを調べてみると、「学友」とか「賛助」とかの割合がかなり多い。プロに近い助っ人がかなり入っているのだろう、と推察している。
アマチュアの管弦楽団のレベルはピンからキリまであるが、2015年以来何回か聴きにいっており、現状かなりのレベルに達している、と思う。

下記が今回のコンサートだった。
聖光学院管弦楽団 第21回定期演奏会
指揮:田部井 剛 
日時 2019年9月22日(日) 開場13:30 / 開演14:00
会場 聖光学院 ラムネホール( JR京浜東北根岸線 山手駅より徒歩8分)
曲目 ヴェーバー : 《オベロン、または妖精王の誓い》序曲
   ヘンデル (ハーティ編曲) : 組曲《水上の音楽》
   ブラームス : 交響曲第2番ニ長調作品73

最後のブラームスの交響曲だが、2015年10月は第4番で、今回は第2番だった。
ブラームスの交響曲というと、「作曲家独特の質感のある響きが再現できているかどうか」がどうしても気になってくる。2015年はまだそのレベルに達していなかったが、今回は「そうだ、これがブラームスの交響曲の音だよ」と感じたこともあり、それが今回の評価につながっている。
弦楽器から金管、木管まで、バランスのよい、安定感のある音で演奏できないと、ブラームス独特のオーケストラの響きは出てこないのである。


190926 自宅庭 白いヒガンバナ1

 花の名前:シロバナヒガンバナ
 撮影場所:自宅庭
 撮影日:2019.09.26
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

コメント
おはようございます。

聖光学院管弦楽団
なにやらその成り立ちはすごい
もので、普通には聞かないもの
です。かなり文化的素養のある
皆さんが集まっているようです
ね。ディックさんの母校ですか。
すごいなぁ。


【2019/09/29 09:34】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
そろそろコンサートなどにいい季節になりましたね。
何方かに誘われないと行かないのです。

白花の彼岸花はまた違う感じがしますね。
【2019/09/29 09:29】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
彼岸花
白花曼殊沙華 リコリスアルビフローラ
リコリスニアホワイト等の名前のものがあります。
こちらの写真はリコリスアルビフローラではないでしょうか。
彼岸花の開花は広島県では1週間遅れのようです。
【2019/09/28 21:22】 | 自然を尋ねる人 #8xz/ZV2M | [edit]
聖光学院管弦楽団,,

母校コンサート・レベル高い オーケストラ
素晴らしいです・
このような演奏聴く機会がなくて・です。
日赤コンサートを聴くのみで・
静かに聴く機会
あればと感じました。
【2019/09/27 22:08】 | ころん #- | [edit]
馴染みのない曲目が並んでいます。
なにしろここんとこ、コンサートはサッパリご無沙汰。
すいません。興を殺ぐようなコメントになってしまいそう。反省します。
【2019/09/27 12:44】 | 小肥り #HfMzn2gY | [edit]
クラシックコンサートは良いですね。母校の楽団の成長を見守るのは楽しいことと思います。以前私は横浜の母校(母校)の同窓会で、母校合唱団のCDを買いましたが、プロの合唱団とはずいぶん差があると感じました。純粋に高校1~3年だけですから当然ですね。
少し変化球ですが、来月、東京フィルの「スターウォーズシネマコンサート」に行く予定です。
ヒガンバナの開花は今年は当地ではずいぶん遅かったです。
【2019/09/27 10:53】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/9291-6c7f2b25