FC2ブログ

コクサギ(小臭木)の雄花と雌花 2019.04.30 -- 1

2019.04.30(20:59)

《雄花》

190324 自然教育園 コクサギの雄花

 撮影場所:白金台・自然教育園
 撮影日:2019.03.24
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 コクサギの雄花は立ち上がった雄花序にたくさん花が付く。
 だから花の咲きはじめに撮影してしまわないと、写真を撮ってみても画面がごちゃごちゃして見づらくなり、結局何が何だかわからなくなってしまう。
 上の写真は花の咲き始めの3月24日に撮影したものだ。ブログに使える写真はこの場面を撮影した数枚しかなかった。


《雌花》

190404 自然教育園 コクサギ雌花1

 撮影場所:白金台・自然教育園
 撮影日:2019.04.04
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 雌花の写真は4月4日撮影だ。
 雌花を見つけるのは比較的簡単だ。コクサギの実の殻は花が咲くまで残っていることが多いので、実を見つければそれが雌木なのである。


190404 自然教育園 コクサギ雌花2

 最後の写真からは、子房が4室に分かれていることが見て取れる。
 だから、下の写真のように、果実も4分果となる。


《春になっても残っている果実の殻》

201704 自然教育園 コクサギの果実の殻

 撮影場所:白金台・自然教育園
 撮影日:2017/ 04
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 なお、和名コクサギ(小臭木)は、シソ科の低木クサギ(臭木)のような臭いがあり、クサギと比較して小型だ、ということらしい。私はあまり鼻が敏感でないのでよくわからない。

コメント
コクサギが咲いていますね。これは果実が熟して弾けるのが面白い樹です。殻は種子を飛ばした直後は開いていますが、その後、閉じてしまいます。
【2019/05/02 11:47】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/9167-f51e0a35