FC2ブログ

ヒゴツバキ(肥後椿)「熊谷」 2019.04.21 -- 2

2019.04.21(21:01)

190403 こども植物園 肥後椿熊谷1

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2019.04.03
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 『つばき 名花の紹介と栽培』/安藤芳順・著(保育社)によると、
 文化の中心が完全に江戸に移り、江戸でツバキが庶民の間に根を下ろした文化・文政の頃、熊本では花卉園芸が発達を遂げた。そういう環境の中で、ツバキも肥後六花のひとつとして流行し、ツバキの花形に独特の領域を開いた、という。
 現在でも「肥後椿」と言えばそれだけでどんな形のツバキの一群か、通じてしまう。
 咲き方は一般に「梅芯咲き」と言われる。雄しべが梅の雄しべのようにぱあっと広がっているのだ。


190403 こども植物園 肥後椿熊谷2

 写真は横浜市こども植物園の管理事務所の前に植えられている「熊谷」だ。
 熊本市農林水産振興総室精算流通課内の「肥後つばき協会事務局」が認定した品種一覧表には「肥後熊谷」と「今熊谷」が掲載されているが、ネットで写真を調べたところでは、ここへ植えられたのは「肥後熊谷」のように見える。
 とりあえず、掛け札の通り「熊谷」としておこう。


〈注〉
 今晩はこの記事の前に「ブタナ」の写真記事があります。

コメント
こんばんは。
肥後椿・・そんな椿もあるのですね。
コメントからは、かなり有名な種類の様に見受けられますが、素人にはあまり良く分かりません。
一重のツバキで、私の好きなタイプの花のようです。
【2019/04/22 19:25】 | hiro-photo #Bc.7XZ4s | [edit]
ヒゴツバキ・真っ赤な椿。

>「梅芯咲き」と言われる。雄しべが梅の雄しべのようにぱあっと広がっているのだ。

広がって・華やかさが見事な椿ですね・
見入りました。
【2019/04/22 17:48】 | ころん #- | [edit]
hirugao さん、
いや、けっして小さくはないですよ。
ツバキとしては標準サイズだと思います。
拡がったおしべを包み込む大きさのサイズでなければなりませんから。
【2019/04/22 16:55】 | ディック #- | [edit]
かなり小さな椿なんですね。
今咲きだしたのに似ていますが・・・

ゲルニカも読みました、ちょっとのめり込みますね。
【2019/04/22 10:33】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
おはようございます。

肥後椿。

そんな種もあるのか。と拝見。
こちらの山野でも出向くと全木
花をつけた椿を見ました。
ただ、綺麗な花が少なく、椿は
花を探す手間が大変ですよね。

【2019/04/22 06:57】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
子供のころに見たツバキのイメージですね。

アトムの妹ちゃん、とても甘えん坊です(汗)
【2019/04/21 22:12】 | アトムパパ #ulYx6Mu6 | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/9151-752b9529