FC2ブログ

シナミズキ(支那水木) 2019.03.23 -- 1

2019.03.23(21:00)

【トサミズキ(土佐水木)の枝】

190313 小石川植物園 トサミズキの枝

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2019.03.13
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 昨日のトサミズキの記事の続きとして、本日は「シナミズキ」を採り上げようと思いますが、
最初はトサミズキの遠目からの写真です。
 小石川植物園では広い林の端が開けていて、その陽当たりのよいところに植えられていますが、まったく剪定の手ははいってなくて、トサミズキとシナミズキが雑然と植えられています。
 まとめようもなくて、どう撮ったらよいかわからず、ひとつひとつの花房に注目した近接写真ばかりになりがちです。なんとか枝全体の写真を撮ってみました。

 さて、ここからシナミズキの記事です。


【シナミズキ(支那水木)】

190313 小石川植物園 シナミズキ1

 シナミズキの花は
  ・トサミズキ同様に果穂が長く垂れ下がる。
  ・トサミズキと異なり、雄しべの先端の葯は紅くならない。
 これが大きな違いだと思われます。
 あるサイトによると、
  ・トサミズキは雄しべが花弁より長くなるが、シナミズキは雄しべより花弁が短いそうです。
 事実かどうかは、今回の写真で観察していただきましょう。


190313 小石川植物園 シナミズキ2

 トサミズキやシナミズキの仲間の花々は、「果穂が長く垂れ下がること」はやはり花の魅力として大切で、トツミズキやシナミズキは、どうみてもヒュウガミズキより魅力的だと目に映ります
 あとは好みの問題ですが、シナミズキの雄しべの葯は黄色く大きく目立つので、葯が紅いトサミズキとよい勝負だと思います。


190313 小石川植物園 シナミズキ3

 写真としての良し悪しは別として、最後のこの写真はシナミズキの特徴を表した決定的証拠写真です。

 3種を見比べてみたい方へ。
  ・手軽なのは「新宿御苑」です。トサミズキとシナミズキより少し遅れましたが、ヒュウガミズキが咲きはじめたとの情報が入っています。

コメント
シナミズキは知りませんでした。葯は初めから黄色いのですか。咲き始めはヒュウガミズキだと思ってしまいそうですね。勉強になりました。
【2019/03/25 12:32】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
hirugao さん、
「楽園のキャンバス」を楽しまれたとのこと、よかったです。
原田マハさんは、私が今もっとも注目している作家さんです。
【2019/03/24 21:41】 | ディック #- | [edit]
こんばんは。
こうして解説していただくとその違いが良く分かりますが、何時まで頭の中の引き出しに記憶して居られるか・・・・、そこが問題ですね。
【2019/03/24 18:13】 | hiro-photo #Bc.7XZ4s | [edit]
私もトサミズキト思って載せました。

先日教えていただいた「楽園のカンヴァス」読み切りました。
もう一度倉敷の大原美術館に行きたくなりました。
アメリカはちょっと無理ですものね・・・
すごく楽しく3日で読みました。
【2019/03/24 13:23】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
おはようございます。

シナミズキ? シナミズキ?
こちら長岡市内でも市街地内
であれば、それらしい花を見
られるようになっています。
こうして紹介されるものに
何か近づいていく感じがして
嬉しいですねぇ。

そんな長岡も今朝は車上に
3~4㎝の雪です。

【2019/03/24 06:58】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/9066-1288abf8