FC2ブログ

蘇芳梅(すおうばい) 2019.02.15 -- 1

2019.02.15(22:05)

190214 小石川植物園 蘇芳梅1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2019.02.14
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 蘇芳梅(すおうばい)は緋梅系緋梅性の八重咲きの梅。私が好むタイプの、厚みの薄い八重咲きになる。今ごろ咲き始めるのだからやや遅咲きのほうだろうか。


190214 小石川植物園 蘇芳梅2

 蘇芳(すおう)というのはビルマ(いまのミャンマー)、インド、マレー半島など熱帯地方原産のマメ科の低木。新材部の赤い色素を染料とし、媒染剤に明礬を使うと赤、灰汁を使うと紫味の赤に染まるそうだ。
 蘇芳色とはくすんだ紫味の赤のことだそうである。今昔物語では凝固しかけた血液の表現に使われている、という。


190214 小石川植物園 蘇芳梅3

 緋梅系緋梅性の梅には「佐橋紅」「鹿児島紅」などがよく知られているが、「蘇芳梅」は小石川植物園でしか見たことがない。


190214 小石川植物園 蘇芳梅4

 なお、ついでだが、緋梅系の梅というのは枝や幹の内部が赤い(ただし、私は枝を折って確認したことはない)。
 そして、分類法にもよるけれど、緋梅系の梅は緋梅系紅梅性、緋梅系緋梅性、緋梅系唐梅性などに大きく分けられる。それぞれ、花の形や色だけでなく、新しい枝(新梢)の色などにも違いがある。
 梅は花の形や色だけでなく、新しい枝(新梢)の色とか、萼の色とかにも注意して観察すると、とてもおもしろくなる。

コメント
鮮やかな紅色ですね。蕊が揃ってとても綺麗です。
【2019/02/17 14:56】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
hiro-photo さん、小肥りさん、
蘇芳梅以外にも、鹿児島紅、佐橋紅などもそっくりですから、ご注意ください。
【2019/02/16 20:28】 | ディック #- | [edit]
こんばんは。
この花はこちらでも見ます、「蘇芳梅」と言うのですね。
深紅が綺麗ですね、名前は知りませんでした、全てを梅で片づけていました。
【2019/02/16 18:32】 | hiro-photo #Bc.7XZ4s | [edit]
>梅は花の形や色だけでなく、新しい枝(新梢)の色とか、萼の色とかにも注意して観察すると、とてもおもしろくなる.

なるほど観察次第で・・お勉強になりました。
鹿児島紅見たことあります。でもまだ小さい樹
でしたがあでやかでびっくりした記憶あります。
【2019/02/16 16:36】 | ころん #- | [edit]
こちらに伺うと珍しいものが一杯。
瀬戸から10㎞の田舎町、信号があるのと冷やかされたことも、
うそーコンビニが近くにあったの話題があるところ。
小石川の植物園が近距離ならいいですね。
【2019/02/16 14:16】 | 自然を尋ねる人 #G0paPMig | [edit]
吉岡さんの植え込み越しにこの梅が咲いてる。
色がもうちょっと薄いかな。
でもきっと”蘇芳梅”だ。間違いなし。
【2019/02/16 14:11】 | 小肥り #HfMzn2gY | [edit]
楽 さん、
鹿児島紅、佐橋紅、蘇芳梅はよく似ていますね。名札がないと区別できませんが、大概は鹿児島紅。植えられている確率が高いようです。
【2019/02/16 10:45】 | ディック #- | [edit]
おはようございます。

確かに蘇芳色した花ですね。
名のとおりです。
かなり色が濃いですよね。

さて、地理佐渡は今日は泊を伴う形で
仕事に出ます。明日夕方には戻ります。

【2019/02/16 07:37】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
この色合いに似た梅は、鹿児島紅が印象に残っていますが、蘇芳梅は初めて見聞きました。
淡い色の梅が多いから、色が濃くて目立ちますね。
【2019/02/16 06:38】 | 楽 #M8XIDdVw | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/9022-5a2a8c44