FC2ブログ

加茂本阿弥(かもほんあみ) と 白玉(しらたま) 2019.02.10 -- 1

2019.02.10(23:10)

【加茂本阿弥】

190202 こども植物園 加茂本阿弥1

 撮影場所:横浜市環境支援センター
 撮影日:2019.02.02
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

 加茂本阿弥と白玉はよく似ている。
 名札がなければ、私にはこのふたつはとても区別が付かないと思う。
 両方とも、太い筒蕊が特徴的だ。
 ついでに、撮影がとてもやっかいなのも特徴だ。見るところ、咲き始めるとすぐに傷み始める。白い花弁に黄色や茶色の染みができて拡がっていく。


190202 こども植物園 加茂本阿弥2

 京都に光悦寺というのがあって、本阿弥光悦の一族や職人らが移り住み芸術家集落となったその光悦の屋敷跡が寺になったそうだ。一度訪れてみたいと思いつつ、まだ実現していない。
 洛北にあり、西賀茂に近いから、加茂は賀茂の字が変わったのかも知れない。
 なお、「加茂本阿弥」には「窓の月」という別名もある。


180220 小石川植物園 加茂本阿弥

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.02.20
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 すぐ上の写真にみ、昨冬に小石川植物園で撮影したもの。


【白玉】

190202 こども植物園 椿白玉

 撮影場所:横浜市環境支援センター
 撮影日:2019.02.02
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 白玉は、白玉椿とか玉椿とか古歌に詠われているので、それが名前の由来かも知れない。
 加茂本阿弥も白玉もどちらも販売されているので、別種であることは間違いないだろう。

コメント
山ぼうし さん、
>白い花弁をキレイなうちに記録するのも大変そう
何度も現場へ行くことができればよいですが、たまたまその日に咲いた花にぶつかるのを待つしかないようです。
【2019/02/12 17:15】 | ディック #- | [edit]
hirugao さん、
白玉椿の名前の由来は、事実かどうかわかりませんけれど、私は何となくつぼみの形からきているのではないか、という気がします。
とても丸いのです。
【2019/02/12 17:14】 | ディック #- | [edit]
白玉椿というのは少し丸みを帯びているのですね。
椿の種類の多さもすごいですね。

庭には白は無いけれど鳥さんが落とした実からか
少しピンクのはいぅたのが咲くようになりました。

【2019/02/12 10:30】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
これは難しいですね。
白い花弁をキレイなうちに記録するのも大変そうです。
【2019/02/11 21:24】 | 山ぼうし #- | [edit]
加茂本阿弥
と白玉よく似てます。

加茂本阿弥は白い花弁に黄色の花芯・清楚なお花ですね。
綺麗です。
【2019/02/11 16:42】 | ころん #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/9015-40933362