FC2ブログ

アゲハとタイワンツクバネウツギ(台湾衝羽根空木) 2018.11.07 - 1

2018.11.07(23:40)

181021 アゲハとタイワンツクバネウツギ1

  撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.10.21
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 10月21日の小石川植物園内の分類標本園です。
 写っている花は一度記事にしました。「タイワンツクバネウツギ」です。
 「タイワンツクバネウツギ(台湾衝羽根空木、学名:Abelia chinensis var. ionandra )は、スイカズラ科ツクバネウツギ属の半常緑の低木。主に中国大陸に分布する Abelia chinensis を基本種とする変種」(Wikipedia)で、公園などに植えられてる「アベリア」(ハナツクバネウツギ)の近縁種です。


181021 アゲハとタイワンツクバネウツギ2

 この日、二頭(2匹)のナミアゲハが何やらバタバタやっているのを見て、どうせ求愛行動か何かだろう、ととりあえずカメラを向けましたが、どうも何だかおかしい。
 陽射しの強い時刻で人間の目で見ても日の当たっている個所と暗い個所のコントラストが激しく、何をやっているのかわかりません。


181021 アゲハとタイワンツクバネウツギ3


181021 アゲハとタイワンツクバネウツギ4

 とりあえず闇雲にレンズを向けてシャッターを切っていましたが、やがて下の一頭(1匹)の動きが止まり、上のアゲハは諦めて飛び去りました。


181021 正体を現したカマキリ5

 静かになったので目を近づけて、じっと見つめてみました。
 あらあら、なんと、動きが止まってからもときどき翅がぴくぴくっとなるのは、こういうことだったのかと、納得でした。

コメント
YAKUMAさん、
写真を撮影している私が、近寄って細かいところを真剣に見るまで、まさかカマキリがいるとは気がついていませんでした。
【2018/11/11 18:33】 | ディック #- | [edit]
私も最後の写真でのみこめました。
これは珍しい瞬間に出会いましたね。
【2018/11/10 21:47】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
無数に花が咲いて華やかですね。
蝶がお食事中に・カマキリが・・
自然の摂理でしょうか・可愛いそうなことでした。
【2018/11/09 14:35】 | ころん #- | [edit]
hirugao さん、
「あの時迷った機種」って何でしょう?
使い安くて軽いミラーレスは何がよいのか、私自身どうもよくわからないでおります。
【2018/11/09 12:14】 | ディック #- | [edit]
アベリアより派手なんですね。
アゲハ蝶のくっきり感が素晴らしいです。
そうなんですか~
恐いです、カマキリは・・・・

あの例のミラーレスが調子が悪くなり
メーカーに出しました。
でももう6年も使ったしあの時迷った
機種を買おうかと検討中です。
助言を頂けるとうれしいのですが。
【2018/11/09 10:23】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
おはようございます。

タイワンツクバネウツギよりも
花につくアゲハの方が気になり
ました(笑)。
とにかくくっきりと写る姿に
さすがだなぁと..

【2018/11/09 06:54】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
カマキリさんに捕まったんですね。

弱肉強食の世界ですね。
【2018/11/08 23:50】 | アトムパパ #ulYx6Mu6 | [edit]
hirp-photo さん、
>自然の摂理ですね
そう…、これが当たり前なんですね。
こういう場面に出会うと、自然というものについて、視野が広くなります。
【2018/11/08 21:22】 | ディック #- | [edit]
こんばんは。
何処に危険が潜んでいるのか・・自然界では、いつも死と隣り合わせになっているようですね。
カマキリも生きる為には、相手を狩らなければなりません、必要最低限の行動ですね、自然の摂理ですね。
【2018/11/08 20:59】 | hiro-photo #Bc.7XZ4s | [edit]
楽 さん、
おっしゃるように蝶はかわいそうだけれど、カマキリは肉食なんだから、捕まったのが不運ということですね。
人間の感情とはお構いなしに、これが自然の姿なのでしょう。
【2018/11/08 19:10】 | ディック #- | [edit]
多摩NTの住人 さん、
タイワンツクバネウツギを紹介したのは9月7日のハナツクバネウツギの記事の中で、8月19日撮影の写真を載せました。
ふつうのハナツクバネウツギと比較すると、花数が多く、かなり密集して咲く感じです。
やはり花期が長いですね。
【2018/11/08 19:07】 | ディック #- | [edit]
小肥りさん、
上の4枚にもよく見ればカマキリは写っているのですが、現場では周囲の陽当たりが強いので、影になっていてよく見えませんでした。上のアゲハは下のアゲハを助けたかったのですかね。しばらくは間近でバタバタ飛び回っていて、上のアゲハが飛び去ってから、最後の写真のように近付いて確認できたのでした。
【2018/11/08 19:02】 | ディック #- | [edit]
羽だけが落ちている光景は目にしていますが、襲われている場面には出くわしていません。
蝶は可哀想ですが、カマキリも卵を産むための栄養補給なのでしょうね。
【2018/11/08 17:56】 | 楽 #M8XIDdVw | [edit]
しっかり見てるんですが……………2羽の揚羽蝶と1匹のカマキリってことで正解ですか?
緑色の保護色風でなかなか見分けが難しいのですが……………
カマキリですよね。で、カマキリの勝利ですね。
1羽が力尽きた……………そんな風景かな。
【2018/11/08 14:48】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
タイワンツクバネウツギという品種があるのですね。知りませんでした。ナミアゲハは可哀相でしたね。
【2018/11/08 07:57】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/8911-b5888b68