FC2ブログ

ホザキイカリソウ(穂咲き錨草) 2018.05.11 -- 1

2018.05.11(20:10)

180325 小石川植物園 ホザキイカリソウ1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.03.25
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 小石川植物園の薬草園にホザキイカリソウというのがある。
 花は小さく、葉が常緑で、もさもさした繁みになり、その小さな花が見にくく、イカリソウやトキワイカリソウとくらべるとさっぱり見映えがしない。
 こんなつまらない植物をなぜ植えてあるのだろうと、疑問に思いつつも調べたことがなかった。
 隣りにイカリソウも植えられてあるし、イカリソウなら春にはおもしろい景色を眺められる。そのせいで「薬草園」だということをすっかり忘れていた。

 ちょっと時季外れになるが、いま記事にしないと「また来年」となってしまう。


180325 小石川植物園 ホザキイカリソウ2

 ホザキイカリソウは同じメギ科のイカリソウの仲間で、花が穂状をなすのはこれだけなので穂咲きの錨草という名前が付けられたそうだ。(以下「薬草カラー図鑑4」に依った)


180325 小石川植物園 ホザキイカリソウの葉3

 ホザキイカリソウの茎葉(上の写真)を乾燥させたものを中国では淫羊霍(インヨウカク)といい、古くから強壮強精薬として名高い。「本草綱目」という書物に「四川の北部に淫羊という動物がいて、一日に百回も交尾する。それは霍という草を喰うからだ。そこでこの草を淫羊霍と名付けた」と書かれているそうだ。
 そこで、日本では東北大学の研究者がホザキイカリソウを調べた。その結果、イカリインという物質を抽出し、男性ホルモン同様の効能があることが証明されたそうである。

 なお、下2枚は昨年4月4日の写真だが、あったほうがイメージがつかみやすいと思うので掲載しておく。


170404 小石川植物園 ホザキイカリソウ1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.04.04
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ


170404 小石川植物園 ホザキイカリソウアップ

コメント
話題になりそうなインヨウカク、イカリインも知りませんでしたが、困っている方に役立つのであればもっとPRしても良いのに・・・。でも、日本での自生は少ないのでしょうね。
【2018/05/12 23:00】 | 山ぼうし #- | [edit]
名前を聞いたことがあったと思ったのですが、過去の記録を調べたらありませんでした。イカリソウとはずいぶん雰囲気が違いますね。
【2018/05/12 17:50】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
え~そうなんですか。

イカリソウの仲間?  可愛いお花ですが
なんだか凄いお話ですね。
【2018/05/12 11:33】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
おはようございます。

初めて見る種ですね。
野生種にこんなもの
があるのでしょうか。

さて、今日も一日仕事で
さらにはその延長で外泊
となります。サイト管理
が少し滞ります。



【2018/05/12 06:58】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
山ぼうし さん、
全体的に葉が傷んで見えるし、小さくて穂が黒っぽいし、「つまらん」と思ってました。淫羊霍 の話題を見つけなかったら、記事にしなかったでしょう。
【2018/05/11 21:29】 | ディック #- | [edit]
イカリソウの名が付いているのに、この姿は違いますね~。
サイズも小さそう。それに対して葉はとても大きいですね。
【2018/05/11 20:47】 | 山ぼうし #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/8645-b1997f2f