FC2ブログ

ヤブニンジン(藪人参) 2018.05.05 -- 1

2018.05.05(20:40)

180403 ヤブニンジン 全体像

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.04.03
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下の写真も同じ

 写真のヤブニンジン(藪人参)は、ちょうどセントウソウ(仙洞草)を記事にしようとしていた頃、つまりセントウソウがそろそろ終わりという頃に出てきて、この手の植物になれていない私は、とても紛らわしく感じていた。


180403 小石川植物園 ヤブニンジン1

 複複散形花序に特徴があり、花序の内側の花(花柱が退化した雄花)と、外側の花(両性花5個)とがあるそうだ。
 上の写真の真ん中を見ていただけば、わかりやすい、と思う。


180403 小石川植物園 ヤブニンジンの花アップ

 花序の内側の花と、外側5個の花の区別、意味が伝わっただろうか。
 外側を囲んでいる5つの花は、下側に子房が付いていて長さが長いので目立つはずだ。


180403 小石川植物園 ヤブニンジンの花マクロ

 上は比較的若い花だ。形がわかりやすいように写真を加工してある。
 
 真ん中の短い花は雄花だというのは、このあと咲き進んで、実ができる頃になると「やはりそうだった」とはっきりする。外側の花しか実を結ばないからだ。
 

180420 小石川植物園 ヤブニンジンの果実

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.04.20
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 上の写真がヤブニンジンの果実だが、外側の5つの花が果実になり、真ん中の花は痕跡が残っているだけだということがわかる。

 ところが、じつはこの写真には重大な問題がある。
 ネットでヤブニンジンの果実を観察すると、先端に残っている花柱はどの写真もみな2本なのだ。
 上の写真では1本だけ、というのはどういうことなのか。


180403 ヤブニンジン 果実と花

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.04.03
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 あわてて撮り溜めた写真を何枚か調べてみた。
 上の写真では、残った花柱が2本のものと1本のものと、両方見える。

 調べてみると、「果実はじつは2個の分果からできている」とある。


180504 ヤブニンジン 分果のくびれ

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2018.05.04
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下も同じ

 5月4日、上の果実の写真で縦にくびれの筋が入っているところに爪を立て、力を入れてみた。
 するとふたつに分けられるのだ。
 細くて1本に見える花柱の先端まで、さらに細く分かれる。
 ということは、2本の花柱が寄り添ってぴたりとくっつき、1本に見えているのだ。


180504 ヤブニンジン 閉じて戻ろうとする分果

 さて、ふたつに分かれるといっても、思い切って引っ張らない限り、ふたつの分果は板バネのような微細な構造物で繋がっている。
 果柄の下のほうはまだ1本なので、そこを指で持って立てると、分果はふたたび寄り添って戻ろうとする。
 それが上の写真だ。
 私が爪で2つに分けたため、寄り添ってはいるものの、微妙にズレて写っている。

 以上の結果から推測すると、
 ・花のときは花柱ははっきりと2つに分かれているから、分果のできたての頃は花柱は2本に見える。
 ・分果といっても、構造的にくっついて発達するので、やがて花柱もぴたりとくっつく。
 ・くびれが見えるほどに分果が発達しても、花柱は1本にくっついて見える。

 この後、さらにそれぞれの果実が大きくなったときはどうなるのか、それはわからない。
 もしかすると、果実がそれぞれたっぷりと太くなって、花柱から2つに分かれていくのかも知れない。

 興味は尽きないが、ひとつの果実をずっと見続けているわけにはいかないし、草刈りにあったらそれまでだ。
 継続観察していくのは理想だが、これ以上は観察しきれないかも知れない。
 結論はまあ、果実の先端に残った花柱は、写真を撮影する時期によって、1本だったり2本だったり。どちらもあり得る、ということだ。

コメント
このお花は時々見かけていましたがこうして
マクロ出写真を撮るまで行きませんでした。
そうなんですか~

可愛いお花ですね。
【2018/05/06 09:00】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
花の様子は「線香花火」ですね。
【2018/05/06 07:13】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
ヤブニンジンは小さい花で、風に揺れてピントが合わないため、ほとんどカメラを向けていません。
良くここまで観察されましたね。
【2018/05/06 06:35】 | 楽 #M8XIDdVw | [edit]
ヤブニンジンの果実、そういうことでしたか。
観察が重要ですね。
私も気にして見てみます。
【2018/05/05 23:31】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
ディックさん、こんばんは II

こういうお話は、本当に植物に興味を持てるようになります。
藪人参はお花も花火のように可愛らしく、私もどこかで見つけてみたいです。
今日は子供の日ですが、子供たちが植物に興味を持つためには、こうしたことをじっくりゆっくり観察できる環境があるといいですね。
ゲームよりずっと面白いと思うのですが・・・まぁ、人それぞれですね(^^)
【2018/05/05 23:15】 | jugon #ehuBx04E | [edit]
ご無沙汰しています!

ヤブニンジンと言うお花なんですね。
葉っぱが特徴的なので、見かけたことがあります。
(スイーツの乗ってる葉っぱに似ていますね!)
【2018/05/05 20:54】 | アトムパパ #ulYx6Mu6 | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/8637-1c5bcc6f