メハジキ 2017.08.02 -- 1

2017.08.02(17:20)

170831 小石川植物園 メハジキ

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2016.08.31
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 昨年8、9月、上下2枚の写真の様子を小石川植物園で初めて見たとき、これはいったいどんな植物なのだろうか、と思った。札があって「メハジキ」という奇妙な名前が付いていたのも興味を惹いた。


160927 小石川植物園 メハジキ

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2016.09.27
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM


170624 小石川植物園 メハジキ1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.06.24
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 次の写真も同じ

 あれから約10ヶ月、ついにメハジキの花が咲いている様子を見ることができた。
 メハジキ(目弾き)、シソ科メハジキ属。別名「ヤクモソウ」(益母草)。花期に地上部を全部刈り取り、日干しにして乾燥させる。それを生薬の益母草(やくもそう)として、産後の止血に使うのだそうだ。

 メハジキの語源はこどもの遊びから来ているらしいが、この遊び方を書いてあるものを読んでも、どうも納得がいかない。具体的にイメージができない。
 最近発売された高橋勝雄さん著のヤマケイ文庫『野草の名前[夏]』には、まず従来の説について次のように説明している。
 こどもがメハジキの茎を短く切って上下のまぶたに挟む。そして、まぶたを強くつぶると茎がはじき飛ばされて遠くへ飛ぶ。それで「目弾き」。これが名前の由来の定説である。
 しかし、著者はメハジキの茎には弾力がなく、つっかい棒にはなっても飛ばすことができない、などの理由を挙げて、定説には反対している。


170624 小石川植物園 メハジキ2

 さて、写真のようにメハジキの横枝が水平に伸びているところに著者の高橋勝雄さんは着目し、丈も子どもの背丈くらいなので、そばを通った前の子のすぐ後ろに続くと横枝が目を弾くことが多い。それで「目弾き」というのだろう、とした。これが著者の新説だ。
 私にはこのほうが受け容れやすく感じる。


170708 小石川植物園 メハジキ

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.07.08
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 最後の写真は7月8日撮影。下から順に咲き上がり、そろそろ終わりに近付いたメハジキ。
 本記事の最初の2枚の写真の様子にかなり近付いてきたように感じられる。

コメント
見たことは無いかもしれません。
花の付き方そしてその後の種の様子
美しく写真が撮れていますね。

【2017/08/03 14:51】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
楽 さん、3年前にはこども植物園にもあったのですね。
メハジキもそうですが、こんなふうに見つけて興味を抱いてから半年〜1年間経過、あたためている写真がまだまだたくさんあります。
自分の頭の中で十分に消化してから出していくつもりです。
【2017/08/03 11:33】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
メハジキは、どこかで見た記憶がある花。
自分の写真を調べると、2014/8/26が最後で横浜こども植物園でした。
【2017/08/03 09:39】 | 楽 #M8XIDdVw | [edit]
花通信癒されます。全国的に梅雨明け宣言が出てから天候が不安定になった感じですね~。関東は8月に入り何か過ごしやすい日が続いています。ありがたいことですが猛暑が来るべきときにこんなだとまた農作物は大丈夫かなんて思っちゃいます。でも日本海・東北エリアは梅雨明けしたようですし適度な暑さと豪雨・台風被害の少ない穏やかな夏を望みたいものです。
【2017/08/03 07:12】 | ローリングウエスト #4rhKAmu. | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/8210-9fafd55b