フェイジョア 2017.06.21 -- 1

2017.06.21(22:05)

170617 こども植物園 フェイジョア1

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2017.06.17
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF70-300mm f/4-5.6L IS USM 下の写真も同じ

 フトモモ科の熱帯果樹フェイジョアだ。
 昨年の6月頃、ブログ「飛び出せ、キッチン」の jugon さんに教えていただかなかったら、食材としてのフェイジョアに興味を持つことはなかっただろう。
 横浜市こども植物園の、通路から遠く離れたこの樹木の花に望遠レンズを向けてみることもしなかっただろう。


170617 こども植物園 フェイジョア2

 Wikipediaによれば、「花から果実まで楽しめる丈夫な常緑低木であるため、ニュージーランド、オーストラリア、アメリカ、イスラエルなどで庭木や公園樹として人気が高い。ニュージーランドは最大の生産量を誇り、一般家庭でも多く消費され、ヨーグルトやアイスクリームなどに加工される他、乾燥させた果肉を使ったフェイジョアティーが広く飲用されている」そうだ。
 日本では80年代に注目されたことがあったが、ブームにはならなかった、らしい。


170617 こども植物園 フェイジョア3

 最近では、ブログ「風に吹かれて ころんの日記」のころん さんの6月15日の記事に登場しており、NHKの「みんなの趣味の園芸」にも記載があるようだ。
 難点は、オリーブなどと同様、遺伝的に異なる個体間で受粉しないと結実しない自家不和合性があることだ、という。生食にもあまり向かないらしい。


170617 こども植物園 フェイジョア4

 花はここに掲げた写真のように、かなり人目を惹く。写りがよくて、ブログに載せるにも適している。
 花弁が、内側が赤褐色、外側が真っ白なのがおもしろい。その花弁は「糖分を含んで甘みがあり、ハチドリのような小鳥類がこの花弁を摂食するときに花粉が運ばれる」(Wikipedia)のだそうだ。「日本ではヒヨドリなどが花弁を摂食する」という。


170617 こども植物園 フェイジョア5

コメント
フェイジョアを綺麗にお撮りですね。私も少し前に撮ったのですが、ディックさんの撮られた花と花弁の色が違いました。開いた内側は白っぽかったですが、こちらは紅色ですね。花が残っていればもう一度確認してみます。
【2017/06/22 12:37】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
フェイジョアこのような綺麗な画像で見せていただきまして改めてフェイジョアの美を感じました。
美味しく食されますとなおいいのに・・
リンク有難うございます。
【2017/06/22 12:13】 | ころん #- | [edit]
私も数年前にこのお花を頂いてから
実がなるのを楽しみしていました。
このお花は本当にユニークですよね。
みはいい香りがしていますがあまり美味しくは
ありませんでした。
【2017/06/22 08:59】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
ディックさん、おはようございます☀

フェイジョアのお写真、楽しみにしていましだ(^^)
横浜市こども植物園にもたくさんあるのですね。
フェイジョア、一本でも結実可能品種があるようなことを園芸屋さんがおっしゃっていて、我が家のはそれですが、とても小さな実が一応付く場合もありますが、大きくなりません。
実は、とても良い香りがして美味しそうなのに、美味しくなく、ある方がジャムのように煮てみられたそうですが、やっぱりダメだったとおっしゃっていました。オーストラリアでは、どのように作っているのでしょうね? 品種によるのかも。
リンクをありがとうございました。
【2017/06/22 07:02】 | jugon #qx6UTKxA | [edit]
おはようございます。

>食材としてのフェイジョア

初めて見ます。花も面白く部分的に
ブラシの木を思い出させたりします
が、異なる姿をしています。
海外から導入された品種のようです
が、そんなに一般的じゃ無いのです
かね。

さて、今朝は曇り空。雨は降ってい
ないですが、涼しい朝です。


【2017/06/22 06:03】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/8125-91d00ea1