サラサウツギ と シロバナヤエウツギ 2017.06.05 -- 1

2017.06.05(20:50)

【サラサウツギ】

170528 小石川植物園 サラサウツギ1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.05.28
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 初めてこの花「サラサウツギ」を見つけたとき、朝陽を浴びて輝く様子に感動し、なんて美しい花なんだ! と思った。
 真っ白な輝かしさに目を奪われていたため、この記事の後半で紹介する「シロバナヤエウツギ」を見つけたときには、同じ花なのに片方は「サラサウツギ」でもう片方は「シロバナヤエウツギ」だなんて、おかしいではないか、と思った。


170528 小石川植物園 サラサウツギ3

 記事にしようとして写真を現像しつつよく見れば、「サラサウツギ」のほうは一番外側の花弁のその外側に、ピンク色が残っているのが見えているではないか。


170528 小石川植物園 サラサウツギ2

 それにしても両者はよく似ている。
 しかし調べてみると、学名はしっかり区別されているようだ。「サラサウツギ」は Deutzia crenata f.plena(plena は学名では「八重の」という意味) で、「シロバナヤエウツギ」は Deutzia crenata f. candidissima(意味は most or very white, clear etc.) なのである。
 花弁の色の違いだけなのかどうか、ようやくウツギの仲間について学習を始めた私にはまだよくわからない。


170528 小石川植物園 サラサウツギ4


170528 小石川植物園 サラサウツギと蝶



【シロバナヤエウツギ】

170528 小石川植物園 シロバナヤエウツギ1

 「シロバナヤエウツギ」の撮影をしたときは、やや陽が翳っていた。もう少し感度を上げていれば、サラサウツギとの違いが、花弁の外側の色の違いだけなのかどうか、何か手掛かりがつかめたかも知れない。今後の課題といたしたい。


170528 小石川植物園 シロバナヤエウツギ2


170528 小石川植物園 シロバナヤエウツギ4

コメント
小肥り さん、
なるほど、ぴったりだ! と思いましたよ。
【2017/06/06 23:06】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
サラサウツギの咲く前はピンクがもう少し濃いと思います
近所の方が遊歩道に植えたので後で見てきます~
【2017/06/06 11:28】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
見た瞬間の印象を。
「ハモ」
そう。京都の夏の味覚「牡丹鱧」だ。
【2017/06/06 09:26】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
この花を初めて見た時は、その豪華さに感激しました。本当に綺麗な花ですね。2種類が見られて良かったですね。
【2017/06/06 08:00】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
我が家には、ヒメウツギを植えています。

花びらの感じが、他のお花と違いますね!
【2017/06/06 07:35】 | アトムパパ #ulYx6Mu6 | [edit]
サラサウツギは見たことがありますが、シロバナヤエウツギは見たことがないような気がしています。
サラサウツギの蕾の時のピンクが、花開いても僅かに残っているのが良いですね。
↓のイワガラミ情報ありがとうございます。
今日散在が池森林公園へケイワタバコを見に行った時、立ち寄りたいと思っています。
【2017/06/06 06:47】 | 楽 #M8XIDdVw | [edit]
おはようございます。

両者はよく似ています。
サラサウツギなど卯木と言いながら
初めて見るものです。
東方が診るのはせいぜいでタニウツギ
くらいです。


【2017/06/06 06:39】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
ホタル観賞から先ほど帰り、夜鳴く鳥は何かと調べました。
ホトトギスと判明。
それはさておき、ウツギに蝶、アリヤ何かと思えば蟻ではないですか。
自然は素晴らしいです。
【2017/06/05 22:42】 | 自然を尋ねる人 #8xz/ZV2M | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/8088-a3bc84f1