イボタノキ(疣取木) 2017.05.23 -- 1

2017.05.23(22:25)

170511 小石川植物園 イボタノキ1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.05.11
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の写真も同じ

楽 さんの「楽のデジカメ散歩3」の5月19日の記事を見ていて、イボタノキに見覚えがあった。
どこかで見つけて、何の木だかわからないまま、とりあえず写真を撮ってあったのだ。
調べたら5月11日の小石川植物園だった。15時頃、夕立の来る直前、正門近くの繁みの中だった。


170511 小石川植物園 イボタノキ2

イボタノキ(疣取木)とは何だか変な名前だと思う。モクセイ科の落葉低木だそうだ。
何も基礎知識がないので Wikipedia を調べていたら、「樹皮上に寄生するイボタロウムシの分泌する「いぼた蝋」は蝋燭の原料や日本刀の手入れに用いる。材はきめが細かく楊枝などを作る。器具の柄などに用いる。薪炭材」などの記載があった。

ところで、その「いぼた蝋」は「虫白蝋」(ちゅうはくろう)と呼ばれて、疣(いぼ)を取る薬になるのだそうだ。そういう効力がある、という。
「疣取りの木」から「イボタノキ」という名前になって、先にイボタノキの名前が決まってから、「いぼた蝋」の名前が決まったらしい。

この妙な名前がずっと気になっていたが、これでまた新しい植物を憶え、名前の由来も理解できた。
コメント
イボタノキの花は形状から記憶に残っていますが、イボタ蝋は見たことがありません。
【2017/05/24 16:48】 | 楽 #M8XIDdVw | [edit]
イボタノキが咲き始めましたか。当方では、先日、蕾を確認したところでした。早春のイボタノキの葉の展開がとても美しかったです。ディックさんも、是非、春の芽出しの様子をお撮り下さい。名前の由来は私も調べましたが、いまだにその“イボタ労務士”さんに出会ったことがありません。いつか出会いたいものです。
【2017/05/24 07:43】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
おはようございます。

イボタノキ

これまた初めて聞く名前ですし、
その姿も同様です。木にも色々
ある。毎回紹介されます木本に
は木の種を知る個巴も白そうだ
と感じさせられます。

さて、今朝は曇りです。
雨が降るかも知れないなとい
う感じです。


【2017/05/24 06:17】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
疣取木・・、これを読める人はクイズ王者でもなかなか至難に近いのでは・・!虫白蝋の言葉も初めて知りました。日本語はとの日本の植生は深い・・
【2017/05/24 06:09】 | ローリングウエスト #4rhKAmu. | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/8068-226ced9c