コチョウワビスケ(胡蝶侘助) 2017.04.17 -- 2

2017.04.17(23:35)

 「コチョウワビスケ(胡蝶侘助)」の記事を書こうとしています。
 しかし、そのためにはまず、「太郎冠者」について語らねばなりませんし、「数寄屋」についても触れる必要があります。
 その理由については、「NHK みんなの園芸」のサイトを引用しましょう。
 ————「太郎冠者」は、花色は紫みを帯びたピンクで、1月から4月に咲く早咲きの一重中輪。江戸時代から茶花として珍重されてきた。別名「有楽」。紫味を帯びた花色や、子房が有毛であることなど、中国のツバキの特徴も示すが詳細は不明。葯は退化して花粉をつくらないがタネをつける性質はあり、タネをまくと白芯の個体が生まれることが多いことから、「胡蝶佗助」「数寄屋」など数ある ワビスケツバキの母木であると推測されている ———

 すなわち「太郎冠者」(関西では「有楽」)は、数多い「ワビスケ」の母木である、というのですから、まずは先祖の「太郎冠者」の写真から掲載してみましょう。


【太郎冠者】

20140122 光則寺 太郎冠者

 撮影場所:鎌倉・光則寺
 撮影日:2014.01.22
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF70-300mm f/4-5.6L IS USM

 上の「太郎冠者」の写真と、下の「数寄屋」の写真は、2014年に鎌倉の光則寺で撮影したものです。


【数寄屋】

20140122光則寺 数寄屋侘助

 撮影場所:鎌倉・光則寺
 撮影日:2014.01.22
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 さて、「数寄屋」と「胡蝶侘助」は、冒頭に述べましたようにワビスケの代表的な品種として「NHK みんなの園芸」のサイトに例示されています。この2品種くらいは知っておいてほしい、ということでしょうか。
 その「胡蝶侘助」を小石川植物園の椿林で見ることができました。


【コチョウワビスケ(胡蝶侘助)】

20170319 小石川植物園 胡蝶侘助1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.03.19
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 なお、小石川植物園をふつうに捜したのでは「胡蝶侘助」は見つかりません。
 札は幹に下がっていますし、「胡蝶侘助」は、一番奥の暗いところまで入って、「これは何というツバキか?」とひとつひとつ見て確認していかないと見つかりません。


20170319 小石川植物園 胡蝶侘助2

 ところで、ワビスケの定義ですが、下記のようにかなり狭義に限定する考え方もあるようです。
 ● 葯が退化して花粉を付けない。
 ● 「太郎冠者」の子孫である。
 花が小さくて、筒咲きのままで終わるツバキのことだろう、などといういい加減なことではないので、気をつけましょう。


20170319 小石川植物園 胡蝶侘助3

 そうはいっても、ワビスケも木が十分に大きく育つと、花が花粉を付けることもあるそうです。
 だから一番確実なのはワビスケの品種を憶えておいて、その品種名の札があるのがワビスケだ、ということになりますでしょうか。


20170319 小石川植物園 胡蝶侘助4


 なお、本日はこの記事の前にも「バイモ」の写真記事があります。
コメント
ゴン さん、コメントありがとうございます。
胡蝶侘助がなぜ胡蝶侘助と名付けられたのか、調べて見ましたがわかりませんでした。
悔しいです。
【2017/04/18 21:53】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
椿って、あまりきれいと思ったことないのですが、ひっそりと愛らしい花ですね。

まずもって名前がいいですね~~~。実は名前だけで興味を惹かれました。由来を知りたくなります。
【2017/04/18 10:55】 | ゴン #- | [edit]
ワビスケはお茶ばなとしてよく使われているのですが
友人のお宅に最初のピンクのがあります。
椿大好き人間もちゃんと調べないといけませんね・・・
【2017/04/18 09:55】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
こんな素晴しい春光景をいつまでも味わっていたいです。今日は朝から春の嵐!通勤が思いやられます。そのあとは30度近い真夏の様な暑さになるとか・・、大変な日になりそうですね。
(PS)ピンクフロイドの初期時代、サイケデリック名曲集を公開いたしました~
【2017/04/18 06:26】 | ローリングウエスト #4rhKAmu. | [edit]
おはようございます。

コチョウワビスケ

面白い名のツバキです。だいたい
わび助と言う名が面白い。紹介さ
れてもきっと筒状に半開きのツバ
キとしか思わないでしよう(笑)。

さて、書き込みがありましたので、
一つ前の記事へ。おおっ、バイモ
ですねぇ。図鑑でしか見たことが
ありません。越後で自生している
ところ無いかなぁ。紹介ありがと
うございました。





【2017/04/18 06:22】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/7983-f7b01729