シナマンサク と ニシキマンサク 2017.02.21 -- 1

2017.02.21(17:10)

【シナマンサク】

〈小石川植物園・A地点〉

170215 小石川植物園 シナマンサクA1

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2017.02.15
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 以下同じ

 シナマンサクは日本に自生するマンサクと違い、中国原産で、「花が咲いているとき葉が残っている」と言われています。多少の個体差はあるようです。
 マンサクに較べ花の咲く時期が早く、花に香リがあるそうです。次回確かめてみましょう。


170215 小石川植物園 シナマンサクA2


〈小石川植物園・B地点〉

170215 小石川植物園 シナマンサクB1

 上のほうは強風のせいか、あまり葉が残っていません。


170215 小石川植物園 シナマンサクB2


170215 小石川植物園 シナマンサクB3

 これまで観察してきたところでは、おもちゃの吹き戻しのように花弁の先のほうがくるくると丸まる性質は弱いのではないか、と感じます。


170215 小石川植物園 シナマンサクB4


〈小石川植物園・C地点〉

170215 小石川植物園 シナマンサクC1

 マンサク類ではもっとも花が大きいそうですが、大きな葉が残りすぎるとせっかくの花も隠れてしまいますね。


【ニシキマンサク】

170215 小石川植物園 ニシキマンサク1

 朝日新聞社の『花おりおり』によりますと、「ニシキマンサク」には野生のものと栽培種の2系統があるそうです。
 野生種は、「日本海側に分布するマルバマンサクの花弁の基部が赤いのをいい、富山県から福井県に限産。葉先は尖らない」ということです。
 栽培種は「花弁の赤みが広がり、葉先は尖る。他に、花弁全体が赤みがかるのも」ある、ということらしい。


170215 小石川植物園 ニシキマンサク2

 私の撮影した写真では、ニシキマンサクは開き始めのつぼみの状態から、おもちゃの吹き戻しの笛が伸びるように花びらが開いていくのがわかります。
 写真のニシキマンサクは開花したばかりで、大きく開いた様子はまだわかりませんでした。
 それでも、花弁が付け根の赤から先端の黄色へと変化していく様子がわかります。
 『花おりおり』に書かれていた栽培種なのでしょう。


170215 小石川植物園 ニシキマンサク3

 お気付きかと思いますが、昨日のハヤザキマンサクの写真と比較すると、本日の写真のほうがずっと良質です。
 花に近付いて撮影でき、極端なトリミングをやっていないことと、シナマンサクについては、素直に「きれいだな」と感じ、それを再現しようと注意深く撮影したこと、が原因だと思います。


コメント
ハヤザキマンサク、ニシキマンサクと、4種類も出てきてしまいました。
並べて植えてくれないかしら。
ニシキマンサクはやせ形ですね。
シナマンサクの豪華な花と枯れ葉、いつもお洒落だと思って見ています。
【2017/02/22 21:16】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
そろそろこちらでも咲き出しました。
というか花びらがほどけかけました。
本当に面白い花ですね~

【2017/02/22 16:36】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
ニシキマンサク初めて見たような!
マンサクの葉はなかなか落ちませんが
横浜は住んでいた時も風が強かったので
吹き飛ばされる光景はわかります。
【2017/02/22 16:02】 | 自然を尋ねる人 #H1gDXTXw | [edit]
シナマンサク・ニシキマンサク・枯れ葉といっしょに咲く花弁は優雅でお色気あります・(笑)
【2017/02/22 15:40】 | ころん #- | [edit]
シナマンサクには香りがありましたか。これも未確認でした。
【2017/02/22 07:51】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
おはようございます。

シナマンサクはこちらでも見かけられ
そうですが、あくまでも見たことがあ
るよねって記憶で言っています。
山野で見ますマンサクは黄色い花びら
がやや少ないでよね。


【2017/02/22 06:40】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
おはよう御座います

この日はもう遅かったです

人は多かったです 月曜日の風で完全に終わったでしょうね

又 来年ですね

頑張ります
【2017/02/22 06:15】 | 安人(あんじん)です #5ddj7pE2 | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/7864-21a232e5