バラの冬支度 2017.02.09 -- 1

2017.02.09(17:20)

171024 自宅居間 グラハム・トーマス

 撮影場所:自宅の居間
 撮影日:2017.02.04
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM

 2月にバラ園へ行ってみると、どのバラ園でもバラの木は短く剪定されて、葉はすべてきれいに落とされてなくなっています。
 1月下旬くらいまでは、寒い中で咲いたバラをそのまま咲かせて楽しんでいても、いつまでもそうしているわけにはいきません。
 5月頃の開花に備えて、剪定と葉落とし。これがバラの冬支度です。

 写真はそんなわが家の冬支度で、もったいないけれど切り落とした枝と花を、室内で花瓶に活けたものです。
 大きくふくらんでいたつぼみは、その勢いで写真のように立派な花を咲かせてくれます。
 このバラはイングリッシュ・ローズの「グラハム・トーマス」(Graham Thomas)です。さすが「殿堂入り」のバラ、切り花にしても堂々としていて品格を感じます。

コメント
ディックさん、こんにちは。

薔薇は5月と10月かと思いきや、今も咲いていますものね?ディックさんのブログで、品種に依って咲く時期は様々と理解したのですが、それでも目にするとちょっと違和感があります。
お庭から居間へやってきたイングリッシュ・ローズ、綺麗な花開きましたね。
植物にとっては花→種→子孫ですが、人がお花を愛でるためには、咲いたらすぐ剪定してしまうのが次の時期に綺麗に咲かせる方法と聞きました。どんな理由にしろ、咲いているお花をカットするってちょっと勇気がいりますね。
【2017/02/16 12:15】 | jugon #ehuBx04E | [edit]
剪定と葉落としをバラの冬支度というのですね。
秋の開花の為には?夏支度?
【2017/02/14 12:43】 | 山ぼうし #- | [edit]
寒いです。
山陰の雪が山を越えて日に数回当方でちらつきます。
今回の雪量をずばり当てたのはカマキリでした。
【2017/02/12 20:56】 | 自然を尋ねる人 #8xz/ZV2M | [edit]
綺麗なバラですね。蕾が室内で開いていく様子が見られるとは、極上の時間ですね。
【2017/02/12 16:48】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
薔薇って季節に関係なく咲き続けているイメージがあります。ある意味では不思議な花なのかも・・。
山陰は物凄い寒波で大雪になっておりますが北海道もまた多く積もったのでしょうね~!今年はもう梅がかなり満開の便りが聞こえ早い春かな・・と思いきや、物凄い強烈な寒波が来ていますね。来週末、熱海の梅をカミサンと見に行きますがもう終わってしまいそうと心配でしたが、ちと足踏みしてくれて咲き続けていてほしい・・。三寒四温とは良く言ったものです。あと数回こんなパターンが続き春を迎えていくのでしょう。
(PS)グレッグレイク、ジョンウエットンと訃報が連続したのでエイジアの「ヒートオブザモーメント」を公開いたしました。あわせて先日、天王洲アイルで展示されている「デビッドボウイ大回顧展」を見に行った来ました。本当に素晴しかったので一般記事で2月16日に公開いたします。たまにはまたこちらにも是非遊びに来られて下さい。
【2017/02/12 13:32】 | ローリングウエスト #4rhKAmu. | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/7856-f0c54f77