冬のバラの美しさ 2016.12.11 -- 1

2016.12.11(17:35)

【ラ・フランス】(2016.12.11)

161211 自宅庭 ラ・フランス

 撮影場所:自宅のウッドデッキ
 撮影日:2016.12.11
 撮影機器:Canon EOS 5D Mark III
 レンズ:EF100mm f/2.8L Macro IS USM 下の「いおり」も同じ

 前回12月7日に紹介したラ・フランスがその後4日間をかけて15〜20%ほど大きくなりました。
 春のバラであれば、1日〜2日で大きくなって開いてしまうのに、冬のバラは時間をかけて、じわりじわりと大きくなっていくようです。

 そのほかに、今回はトピックがもうひとつ。
 庭の正面にOさんの2階建てのお宅があり、冬の朝9時40分頃はウッドデッキの大半が日陰になってしまいます。それなのになぜ、写真はあたかも弱い陽射しを受けているように見えるのか?
 カメラマンの私の背後と左側にアルミサッシのガラス戸があります。
 そのガラス戸が、プロのカメラマンが使うレフ板の役割を果たしているのです。被写体のラ・フランスに当たっているのは直射光ではなく、反射を利用した光なのでした。
 今回の写真の場合、それがとてもよい効果を発揮しているようです。

 以下は、前回の「ラ・フランス」の記事についての補足です。
 「ラ・フランス」の意味はフランス語で「フランス国」ということです。つまり「フランス国」という名前のバラなのです。
 ちなみに、洋梨の「ラ・フランス」は日本で販売しやすいようにそういう商品名を付けたものと思われ、本国では別の名前になっているようです。


【いおり】

161211 自宅庭 いおり1

 2枚目の写真は「いおり」という名の和バラです。日本人(國枝啓司という方)が作出されたバラで、洋バラのような派手さがない。しっとりとした柔らかみを感じます。切り花にしても長持ちする品種として販売されています。
 上で書いたレフ板効果に加えて、背後の庭の明るさもよい感じに使えたかな、と思います。

 たまたま撮影に絶好のコンディションだったので、どちらのバラも通常の私よりも大きく絞りを開いて f3.2 で撮影しています。
 通常の私は、自然観察に便利なように、必要以上に絞り気味にして、隅々までよく見える鮮明な写真を心掛けています。

コメント
愛らしい色合いですね。

多忙のために薔薇園作業のお手伝いができずに
足が遠のいていました。
別件でそばを通りかかったとき
会長が、また撮影に来いよ、あったかいから次々咲きよるぞ、と。
あたたかい?!
こちらはばっちり防寒しての朝でした。
薔薇もタフですね。
【2016/12/14 22:00】 | takaeh #A5.soH/6 | [edit]
冬のばらは寒さでバラバラになるかと心配
しましたが綺麗に咲くものなんですね。
【2016/12/13 15:05】 | 自然を尋ねる人 #mh0oRqxc | [edit]
山ぼうし さん、
現状の気候だと、10日くらいはこのような状態です。つぼみから開いていく過程を含めればもっと長い。
冬バラは長持ちです。
【2016/12/13 14:20】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
レフ板効果を考慮しての撮影ですか~エライものですね。
その効果は充分だと思われます。
「いおり」さんはシックで落ち着いたバラですね。こういう状態は何日位保てるのか気になります。
【2016/12/13 12:37】 | 山ぼうし #- | [edit]
狙ったとおりの効果が撮影作品に現れているように感じます
被写界深度の設定もまた重要ですね

複数の方にカメラを教えさせていただきましたが
絞り、シャッター速度、ISOの関係を理解なさる方は
作画も上達が早いです

一事が万事、自分に甘いと成長はありませんね
【2016/12/12 07:02】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/7793-1ce033cb