ヤブサンザシ 2016.10.31 -- 1

2016.10.31(18:30)

《9月27日》

160927 小石川植物園 9月のヤブサンザシ

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2016.09.27

 ヤブサンザシはユキノシタ科スグリ属の高さ1m 程度の低木。
 9月はこんな色だったので10月まで待って再度撮影したが、ちょっと遅くなりすぎたかも知れない。
 上の写真はキツネノマゴまで一緒に写っている。


《10月21日》

161021 小石川植物園 ヤブサンザシ散

 撮影場所:小石川植物園
 撮影日:2016.10.21

 かといって、10月21日にはもうこんな様子。
 これだけ賑やかになると、いったいどの実を主人公にして焦点を合わせたらよいのかわからなくなる。
 集団主人公ということで、写真は適当に撮影した。気分は「まあ、なんとか写るだろう」といい加減だ。


161021 小石川植物園 ヤブサンザシ枝

 ブログ開設当初からの方針で、木本に力を入れようと思い、樹木専門の図鑑を数冊持っている。
 成美堂出版の「葉形花色でひける木の名前がわかる事典」には、果実は「液果で、苦みと酸味が強く生食できないが、果実酒に用いられる」などの記述が見られる。
 「薬草カラー図鑑」(星薬科大学名誉教授・伊澤一男著)には記載がなかった。


161021 小石川植物園 ヤブサンザシの実アップ

 撮影しやすいところで撮影したが、小石川植物園では園内の数ヵ所で見かけた。中部地方以南、四国などの山野に見られると「木の名前がわかる事典」に書かれてあったが、案外とあちらこちらにある木なのかも知れない。
 葉の形が特徴的なので見分けやすい、と感じる。次は花の季節に見つけたい。花期は3月〜5月だそうだが、小石川植物園は暖かいのできっと3月だろう。
コメント
jugon さん、
食べ物に詳しい FREUDE さんと jugon さんはさすがですね。薬酒を造られたり、菓子を食べられたり。
記事をきっかけにいろいろと教わり、私の知識もより深まっていきます。
【2016/11/01 22:02】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
ヤブサンザシは見たことないです。
果実の色が濃いですね~。
あちらこちらにある可能性に乗っかりたいです。
【2016/11/01 20:09】 | 山ぼうし #- | [edit]
歌にあるサンザシの花が咲いてた〰♪
本当ににぎやかに実がつきましたね。

今は何処を歩いても赤い実が多いですね。

【2016/11/01 15:54】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
ディックさん、こんにちは。
ご無沙汰をしていました。

サンザシの赤い実が可愛らしいですね。赤い実をつけている木々が目立つ季節になりました。
山査子と書くと薬草を思い浮かべます。ずっと前に何種類もの薬草を合わせた薬酒を造って今もまだありますが、山査子も入っています。
【2016/11/01 12:35】 | jugon #ehuBx04E | [edit]
FREUDE さん、
聴いてみました。ああ、出てきますね。
調べてみると、サンザシのほうが大きくてきれい。サンザシの花と実を見たくなりました。
中国でお菓子にするらしい。日本で作られたものですが、さんざし餅の写真が出ていました。
【2016/11/01 10:13】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
初めて聞く名前。
葉は特徴のある形をしているので、見れば記憶に残りそうですね。
【2016/11/01 07:45】 | 楽 #M8XIDdVw | [edit]
北原白秋の名曲「この道」にサンザシが出てきますね
サンザシの枝も垂れてる、と歌われますが
サンザシはこんなに硬い枝であり、とても垂れそうになく思うのですが

中国茶の店でサンザシを加工した菓子をいただいたことがあります
【2016/11/01 07:33】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
おはようございます。

ヤブサンザシ。面白い名です。
こちらでも見るのかなぁ。
木本類は特にダメです。秋に
赤い実をつける木々は幾種類
もありますが、ごく少数のも
のしか知らないんですよねぇ。

さて、今朝は全国的に肌寒い
ですね。寒冷前線の通過と
冬型の気圧配置のせいです。


【2016/11/01 06:39】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/7723-a9a252cb