トロロアオイ 2016.07.26 -- 1

2016.07.26(20:35)

160723 こども植物園 トロロアオイ4

 撮影場所:横浜市こども植物園
 撮影日:2016.07.23 以下同じ

 トロロアオイは山野草の図鑑を調べてもなかなか見つからないが、薬草図鑑なら見つかる。
 貝原益軒は「大和本草」に「花も葉もはなはだ粘るので、その汁を用いて紙を漉く」という主旨のことを書いているそうだ。
 Wikipedia によると「主に根部から抽出される粘液をネリ(糊)と呼び、紙漉きの際にコウゾ、ミツマタなどの植物繊維を均一に分散させるための添加剤として利用される」という。ただし、現在は化学製品を使っているとのこと。


160723 こども植物園 トロロアオイ2

 つまり、昔の人たちは薬剤や和紙作りの際の添加剤として使える有益な植物だとして、中国原産の植物を栽培していたのだろう。
 漢方薬としての名称は黄蜀葵(おうしょっき)といい、乾燥させた根5g に飯茶碗程度の湯を注いで、少量の砂糖を加えて飲むと、せきや喉の痛みに効くという。


160723 こども植物園 トロロアオイ3

 アオイ科トロロアオイ属で、昨晩の記事のハマボウやフヨウと同様、一日花だ。
 写真の花は残念ながら雌しべの先が開いていない。きれいに5つに開く姿を、ネットの写真などでご確認いただきたい。
 トロロアオイの当ブログ登場は2009年以来2回目なのだが、そのときの花の写真も雌しべは開いていなかった。

コメント
小肥り さん、
色が淡いですが、花の直径が8〜9cmはあるので、大きさで目に入ってくると思いますよ。
【2016/07/27 18:20】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
緑の惑星人 さん、
貴重な体験談をありがとうございます。
私の文章は知識の羅列ですが、実体験を伴ったコメントをいただくと、花がより一層身近なものになったようです。
【2016/07/27 18:18】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
フ~~~ン・・・昔の紙漉きの役に立ってたのか。
これが無いとコウゾがうまく密着しないのだな。
でも地味な花ですね。道歩いてて視界に入っても
網膜まで届きそうにないですね。
【2016/07/27 14:42】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
トロロアオイ・薬草でしたか・・
小さく見える茎に蕾がたくさんついて・
葉が繊細で魅入ります。
【2016/07/27 12:31】 | ころん #- | [edit]
トロロアオイの花はオクラのようですね。
今年はオクラの花もみなかったけれど・・・

枯れたのも写すというのが良いな^

【2016/07/27 12:11】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
咳や喉の痛みに効く、と知るや
すぐにでも出かけて探し、根を加工したくなるのですが
素人の事故は、こういうところから発生するのでしょうね

外観が近似の種を見つけて鼻高々、
発熱や腹痛など先が知れております
【2016/07/27 07:48】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
私も先日、トロロアオイを見てきたところでした。やはり薬草園でしたね。この色合いが何とも良いです。和紙の産地で多く栽培されているようですね。
【2016/07/27 07:40】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
おはようございます。

はじめてききました。
アオイと言いましてもせいぜいで
タチアオイの名くらいですかね。
栽培品種には全く手がつかぬ状態
ですから、今回紹介のトロロアオ
イなんて知るよしもなしでした。

さて、こちらのサイトにうまい
表現でコメントをいただきました。
オカトラノオについてです。
咲き方についてのコメントに
「リズム感」と表現。これはまさ
に私の思っているイメージをぴっ
たり言い当てられた感じでした(笑)。


【2016/07/27 07:05】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
2枚目の背景を見て、どこで咲いていたのか判りましたが、通り過ぎていました。
葉を見たときモミジアオイを連想し、どこかで見たような気がしますが、どこで見たか思い出せません。
【2016/07/27 05:38】 | 楽 #M8XIDdVw | [edit]
埼玉県の和紙で有名な小川町で講座を受けた時に
トロロアオイの根の粘液も使いました。大量に採るのは結構大変。
でも、腐りやすいのと、一年中採れないので、
「ねり」は確かに代用の化学薬品になってますね。
薬品少しをバケツの水に一晩入れておくと、凄い粘液が出来ます。
【2016/07/26 21:45】 | 緑の惑星人 #t1t2q.5s | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/7541-503051fc