ナンキンハゼの雄花と雌花 2016.07.10 -- 1

2016.07.10(18:10)

《雄花》

160707 本牧市民公園 木漏れ日に輝くナンキンハゼの雄花

 撮影場所:本牧市民公園
 撮影日:2016.07.07 以下同じ

 本牧市民公園には数本のナンキンハゼがあります。7月7日には、いまが雄花のピークのもの、すでに花は終わって茶色くなってしまっているもの、そして雄花が開花直前(ということは、雌花の撮影が可能なもの)などが揃っていまして、観察には絶好の機会でした。


160707 本牧市民公園 横へ伸びたナンキンハゼの雄花

 雄花序は真っ直ぐ伸びて、大きく育つと雄しべが見えるようになり、それから垂れ下がってきます。


160707 本牧市民公園 垂れ下がったナンキンハゼの雄花


160707 本牧市民公園 近寄って見るナンキンハゼの雄花


160707 本牧市民公園 ナンキンハゼの雄花

 これはたまたま池のそばの低い木の枝に雄花が咲いているのを見つけ、マクロ撮影したもの。
 細かすぎてフォーカスを合わせにくく、トリミングのほかいろいろな手法でなんとか見られる写真に仕上げました。
 雄しべが2本突きだしているのがわかります。


《雌花》

160707 本牧市民公園 ナンキンハゼの雄花序と雌花

 それでは雌花はどれかというと、上の写真のように、雄花がまだほとんど丸いつぼみの状態のときに、雄花の付け根のところから伸びているのが雌花のようです。


160626 本牧山頂公園 ナンキンハゼ雄花序の付け根

 撮影場所:本牧山頂公園
 撮影日:2016.06.26

 さて、上の写真は6月26日に本牧山頂公園で撮影したもの。
 この写真には雌花は写っておりません。「では、この小さな花序のようなものはいったい何なのか」
 じつは現在も私は納得できていないのですが、この「小さな花序のようなもの」の下のほうから雌花が伸びてきます。それが下の写真です。


160707 本牧市民公園 ナンキンハゼの雌花

 撮影場所:本牧市民公園
 撮影日:2016.07.07

 この「花序のようなもの」は雌花序なのかどうなのか。そうとしか考えられないのですが、だとすると、雌花はかなりたくさんの数が次々と咲いては枯れ、雌花の花序が順番にほぼ開き終わった最後の姿が《雌花》の項の最初の写真だ、ということになります。

 根岸森林公園なら毎日観察できますが、本牧市民公園には自動車で来て駐車料金を払っているので、そうそう何回も来訪するわけにはいかず、理屈を通せば上のようなことになるのだが、どうだろうか、と確信を抱けないままでおります。


《追記》(重要)

 さて、7月10日付 多摩ニュータウン植物記Part4(多摩NTの住人さんのブログ記事)によりますと、
 ナンキンハゼには雄性先熟株と雌性先熟株の2種類がある、ということです。
 そうすると、上の私の記事の最後の2枚の「小さな花序のようなもの」は「雄性先熟株」のうちの、「後からもう一度咲く雄花の雄花序」ということになります。
 
 一番下の写真は、右の端のほうで枯れているのが雄性先熟株の最初に咲いた雄花序であり、その後 写真のように雌花が咲き、さらに写真の「小さな雄花序」がもう一度大きくなって、もう一度雄花が咲く予定だ、ということになります。
 だとすれば、《雌花》の項の最初の写真は雌花が咲いていて、雄花はつぼみで開花しておらず、かつ「小さな雄花序」は見えないので、雌花の最初の写真の株は単純に「雌性先熟株」である、ということになります。
 
 また、最後の写真では雌花が小さな花序の下のほうから出ているように見えますが、雌花はどんな場合でも雄花の付け根に付くのですから、「小さな雄花序」がこのあと大きくなることを考えれば、それで何も問題ない、ということになります。

コメント
マクロ撮影の花がすばらしいです
細かく複雑な形状になっていますね

ナンキンハゼはハゼと違って
樹液に触れてもかぶれたりしないようですね
葉の形状も異なり、別物なのかも知れません
【2016/07/12 08:39】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
なかなか近くで花を見る機会がないので、大変勉強になりました。
いつか見比べてみたいものです。
【2016/07/11 21:47】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
山ぼうし さん、
誤解があるようです。
雌花は必ず雄花序の下に出ます。
ただ、「雌性先熟の場合は、雌花が咲き、枯れる頃に雄花序が開花する」
「雄性先熟の場合は、雄花が開花し、その付け根にまだ小さな雄花序が準備中で、その小さな雄花序の付け根に雌花が咲き、その後小さな雄花序が大きくなって、もう一度雄花を咲かせる」のです。
【2016/07/11 21:43】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
多摩NTの住人 さん、
雄花序がたくさん落ちていれば気が付くと思うのですが…。
単にそこまで咲き進んでいない可能性もありますし、あるいは私が見逃したのかも知れません。
このようなこととは知らなかったので、どの木にどの花、と区別する見方をしておらず、単に撮りやすいところを撮影していたにすぎません。
機会があれば今年もう一度、暑くて行く気がしなかったときはまた来年、あらためてよく確認したいと思います。
【2016/07/11 21:38】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
この土日、体調がイマイチで散歩できませんでした。
ナンキンハゼの花は同じ株で、雄性先熟と雌性先熟が現れるのですか~。また、雌花序は必ず雄花序の下に出るものではないのですね。ん~難しそう。
【2016/07/11 12:45】 | 山ぼうし #- | [edit]
今日は休園日のため入れませんが、明日動物園のナンキンハゼを見てきます。
【2016/07/11 10:26】 | 楽 #M8XIDdVw | [edit]
最近は歩かない道なのですがこの花があの実に
なるのが不思議でたまりません。

細かくこうして写真になるとなるほど・・・
というふうにわかりますね。
【2016/07/11 09:39】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
以前ナンキンハゼの花をとった時調べた図鑑「樹に咲く花」の説明では、不十分で実態がよくわかりませんでした。
二種の株が存在するということで、やっと謎が解けました♪

調べてみると、どちらの株でも基部の雌花や小さな花序が付かないものもあるようで、そういうものをとってしまったようです。
その場合は、どちらなのかは樹全体を良く見ないと判断できないですね。
【2016/07/11 08:53】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
こんにちは。ディックさんもナンキンハゼの記事でしたね。2つのタイプが存在するということで疑問は解決できたと思います。ところで、雌性先熟株の樹の下には落花が見られず、雄性先熟株の樹の下には落花が見られると思いますが、そちらはいかがでしょうか。
【2016/07/11 07:45】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
デイックさん お早うございます(*^^*)

ナンキンハゼ・・ 見た事は有る様ですが色が黄色すぎます

違ったんでしょうね

土曜日に横浜へ・・三渓園に行くルートの確認でした

大雨でした  今日 これから鎌倉へ行って来ますね

【2016/07/11 06:21】 | 安人(あんじん) #5ddj7pE2 | [edit]
こんばんは。

ナンキンハゼ。初めてですね。
もちろん花の風景など見たこ
とが無いです。

そちらでは公園や街路での樹種も
相当ありましょうね。

さて、選挙結果はどうなるか。
新潟選挙区は激戦のようです。


【2016/07/10 20:34】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/7511-34235f4b