ISSEI MIYAKE展/国立新美術館 2016.06.01 -- 1

2016.06.01(15:05)

160530 国立新美術館前

 撮影場所:六本木・国立新美術館前
 撮影日:2016.05.30
 撮影機器:iPhone6

 5月30日、六本木の国立新美術館へ「ISSEI MIYAKE展」を見に出かけた。
 三宅一生氏のやってきた仕事の流れ全体を紹介し、さらにここ数年力を入れている仕事については、会場で制作の実演も行われている。
 WOWOW で放送されている「プロジェクト・ランウェイ」などの番組や、横浜美術館その他での展示を通じて、私は従来は興味の薄かった服飾デザインの仕事についても、ここ数年とくに関心を深めてきた。
 たまたまNHK Eテレの「日曜美術館アートシーン」で紹介されているのを見て、これはおもしろそうだ、と国立新美術館まで出掛けていった。

 展示の最初は三宅一生の 70年代〜80年代の仕事についてマネキンとデザインされたさまざまな服が並べられているに過ぎないが、それでも「おお、これは!」と斬新なデザイン、そのコンセプトの流れに驚かされる。
 この人の服飾デザインは、素材の研究、開発というところから出発していて、だからこそ楽しくておもしろいのだ、ということがわかってくる。
 ・1枚の布から作る
 ・新しい手法のプリーツを採用したデザイン
 ・昔からある素材で新しい服を作る
 ・畳んである服の肩紐を持ち上げると、格好いい服になる
 というようなことに取り組んでいて、最後の大部屋ではそれらのデザインの成果が一堂に会し、プリーツ・マシーンを持ち込んだ服作りの実演などが行われている。

 横に引き伸ばしたTシャツのような服を、その一部をスタッフが特殊な折り方で折りたたんでマシンに通すと、格好いいプリーツのチュニックが出来上がったりする。この実演は大勢の観客を集めていた。
 しかし、ここでは下のパンフレットにある服について紹介する。


ISSEI MIYAKE展パンフレット一部

 右下の四角は、じつはドレスが折りたたまれている。飛び出した肩紐が見えているが、この肩紐の部分を持ち上げていくと、あら不思議。マネキンがきているような斬新なデザインのドレスに変身する。このようなコンセプトの服が何種類か並べられている。
 ぼくは最初「ばかな…? こんなややこしい服,しまうときはどうするのだ?!」と思った。
 会場脇にビデオマシンと、実物の4分の1くらいの大きさのマネキンと、それに合わせた4分の1のサイズの服(写真右下の四角く折りたたんだ服)が置いてある。
 子供用に踏み台まであって、たととえ子どもでも、ビデオをみなから肩紐を持ち上げるとマネキンに着付けすることができる。たたみ方のビデオまでちゃんとある。
 台の上に真っ直ぐ下ろしていけば自然に畳まれるのだ。四方をちょっと補助して向きを整えてやれば、元通り四角く折りたためる。

 デザインの仕事の展示だから、理解するには見ていただくしかない。リーフレットの各ページをすべて紹介するわけにはいかないので、国立新美術館のホームページなどを覗いていただくとよいと思う。
 服飾デザインは現代の最先端のアートだとぼくは思っている。
 写真ブログを運営されているみなさんは、写真を撮るときにそれぞれ見映えをよくしようと工夫されているはずだ。その気持ちこそがアートの基本だ。「服飾デザインなんか自分には関係がない」ということは決してないのである。

コメント
立派な建物ですね~

そのうち娘が記事にするのではないかと思いました。
都内に引っ越しが決まってもちろん今のところも
便利にはなりましたが、美術館巡りをしているようです。
【2016/06/02 09:11】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
服飾デザインなど全く興味がありませんでしたが、国立新美術館でこういう展示もあるんですね。「アートの基本」。勉強になります。
【2016/06/02 07:47】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
おはようございます。

デザイナーの発想。センスの無い
自分にはプロの世界のすごみが
出ているんだろうなぁと想像する
ばかりです。名のあるデザイナー
ですとこうした美術館でのイベン
トになるのですねぇ。


【2016/06/02 06:54】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
ずっと昔にテレビCMで三宅一生氏が起用されたように思います
斬新な芸術性に息を呑んだ記憶があります

優れた芸術家でいらっしゃることを
デザインにまったく疎い私でも感じました

価値のある見学だったようですね
【2016/06/02 06:37】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
アトムパパ さん、
それって山本寛斎さんのデザインではありませんか。
こちらは三宅一生さんの展示です
【2016/06/01 22:18】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
こんにちわ。

幾何学的なドレスですね!
かんさいと言うと、ケバい色の服というイメージがありましたが、
印象が変わりました。

やはり、一流の方は、どんどん新しいことに挑戦しているんですね!
【2016/06/01 22:00】 | アトムパパ #ulYx6Mu6 | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/7429-e785a5ba