今日の庭のバラ(5月5日) 2016.05.05 -- 1

2016.05.05(16:35)

 写真は、すべて自宅庭で5月5日に撮影したものです。

【ルイーザ・ストーン】

160505 自宅庭 ルイーザ・ストーン

 「ルイーザ・ストーン」(Louisa Stone)はとても背の低いバラです。
 源平小菊と一緒に撮影できるほど丈が低い。でもそれなりに魅力があります。
 この種のバラはガーデン・シュラブと呼ばれているようです。
 英国で100年以上のバラ生産・育種の歴史を誇るハークネス社が育種したバラです。


160505 自宅庭 ルイーザ・ストーン2


【グラハム・トーマス】

160505 自宅庭 グラハム・トーマス

 「グラハム・トーマス」は殿堂入りしたバラです。
 世界ばら会議(World Rose Convention)というのがあります。世界40カ国が加盟する世界ばら会連合(World Federation of Rose Societies)が3年に1回開く世界大会です
 会議では世界中で愛培されている名花を「ばらの殿堂」に収めます。
 「殿堂入りしたバラ」というのはそのバラのこと。
 この「グラハム・トーマス」は「殿堂入りのバラ」で、先日紹介したわが家の「クイーン・エリサベス」も「殿堂入りのバラ」です。
 英国のデヴィッド。オースチン社が育種したバラです。
 グラハム・トーマスはバラの栽培家でデヴィッド・オースチンにさまざまなアドバイスをし、影響を与え、このバラには自分の名前を選んだ、とのこと。


【ウィンチェスター・カセドラル】

160505 自宅庭 ウィンチェスター・カセドラル

 「ウィンチェスター・キャシードラル」(Winchester Cathedral)は 1984年にデヴィッド・オースチン社が育種したイングリッシュ・ローズです。
 イギリスのウィンチェスター大聖堂から名前が付けられました。
 強い香りがあります、シュラブ仕立てに向くバラです。


【ソフィーズ・パーペチュアル】

160505 自宅庭 ソフィーズ・パーペチュアル

 いまがまさに一番美しいときです。


【しずく】

160505 自宅庭 しずく

 「しずく」は和バラです。Rose Farm KEIJI が育種したバラです。
 先日紹介した切り花の「かおりかざり」もこちらが育種した和バラです。


【花ぼんぼり】

160505 自宅庭 はなぼんぼり

 京成バラ園芸2011年の新作のようです。

コメント
こんばんは。

素晴らしいバラたちです。管理されている
ディックさんの人柄を感じさせる良いバラ
たちです。

さて、さくばん秋田から戻りましたが、
向こうでは桜を見ました。まだ咲いて
いました。日本の広さを感じました。


【2016/05/05 19:13】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/7367-645e9e1d