初めてではなかったカンボタン 2016.02.17 -- 1

2016.02.17(23:30)

160210 鎌倉八幡宮 カンボタン2

 撮影場所:鎌倉・八幡宮
 撮影日:2016.02.10 次の写真も同じ

 鎌倉・八幡宮の神苑の寒牡丹は初めてです。
 いえ、八幡宮に限らず、こんなふうに藁囲いをして2月に咲かせているボタンの展示を見るのはこれが初めて。藁囲いが物珍しくて、それも数が多く次から次へと続くので、なかなか風情があるものだなあ、と見てまわりました。
 そろそろ当ブログの記事にしようか、と思ったところで「待てよ」と気が付きました。
 藁囲いのある寒牡丹は確かに初めてなのですが、真冬に花を咲かせるいわゆる「寒牡丹」は初めてではなかったと。


160210 鎌倉八幡宮 カンボタン

 ボタン苑を見てまわっていたとき、あるお客さんとボタンの世話をしていた係の方とが会話されていたのを思い出したのです。
 「これらのボタンはみんな島根から持ってくるんです」「それで、このくらいの時季に咲かせるよう調節するんです」というようなことを話されていて、あ、そういえば、かみさんが同じようなことを話していた、と思い出しました。


150216 自宅 カンボタン

 撮影場所:自宅・ウッドデッキの鉢植え
 撮影日:2015.02.19

 上の写真は、じつは昨年の2月19日、わが家のウッドデッキで撮影したボタンです。
 花屋さんで売れ残っていたかなり高額の鉢植えの寒牡丹を、かみさんが格安で購入してきた、と記憶しています。
 札が付いていて、品種名:天衣、島根県八束町産でした。そのときの花屋さんの説明では、「島根県がボタンの産地でそこから仕入れた牡丹だ」と言われたそうです。
 別に寒牡丹とは書いてなくて、花期は4月末から5月中旬と書かれています。
 それが2月に開花しているのを、かみさんは安いからと買ってきた。わが家で大きく開いてしばらくの間楽しめました。
 それは地植えにしましたが、いまのところ休眠中。寒い時季に咲かせる方法など知らないので、「さて、5月頃には咲くのだろうか」と、楽しみにしているところです。

 ボタン苑の寒牡丹をいくつか紹介したいところですが、本日は時間切れ。
 数日中に写真を整理し、再度記事にしたい、と思います。
コメント
とんとん さん、
100mm とズームレンズの両方を持っていました。取り替えるのがちょっと面倒でしたけど。

ボタンの写真、体調がいまひとつなので、もう少し待ってください。
【2016/02/18 18:52】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
ななごう さん、
上野の寒牡丹は、コメントをいただいているとんとん さんのブログで知りました。
鎌倉へ行ったとき、そのことがありましたから、八幡宮のボタン苑を見てみようではないか、と思った次第です。
たしかに、雪が少し積もっていたりしたら、またおもしろい景色となったことでしょう。
【2016/02/18 17:57】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
FREUDE さん、
「寒牡丹」という品種がある、ということではないようです。
ふつうの牡丹を1〜2月に咲かせる工夫をして、それを寒牡丹と言っているだけのことのようです。
【2016/02/18 17:54】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
藁囲いの牡丹の花、風情が感じられますね。
これに雪が降って居たら、もっと凄い事に。

鎌倉でもやって居るんですね。
上野でもやって居る様です。

FREUDEさんの様に、早くから花札を知りたかったです。
花札を知ったのは、東京に出て来てからでした。
【2016/02/18 17:05】 | ななごう #- | [edit]
一枚目の様に、上野でも棚を入れて撮りたいといろいろ挑戦したのですが、100ミリ一本では上手くいきませんでした。
結局、花の表情に集中することとなりました。
さて、ディックさんの牡丹園、どんなボタンが登場するでしょう。
楽しみにしています。
【2016/02/18 14:20】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
小学生の頃に仲間内で花札が流行しました
今では風流に思える牡丹も、大した役に着かない札に思えて
残念な思いがしたことを覚えています

花札では6月の牡丹、寒牡丹という品種もあるのですね
【2016/02/18 08:03】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/7161-04be4ddf