根岸森林公園のケヤキの紅葉 2015.12.18 -- 1

2015.12.18(18:20)

151206 根岸森林公園 ケヤキの紅葉2

 撮影場所:根岸森林公園
 撮影日:2015.12.06 以下同じ

 昨日はスポーツジムで頑張りすぎて、なんとかかんとか写真一枚を仕上げてブログ記事にしました。
 一晩眠れば復活ですが、本日は慶應病院での定期検診の日。病院通いというのはおもしろくもなんもなくて、またまた疲れて帰ってきました。
 それでも、放送大学の「自然科学の第一歩 数学(1)」とか「19世紀の西洋美術」とか「一般相対性理論」とかくらいは、録画したものを見よう、と頑張るわけですが、気がついてみると「一般相対性理論」の途中で眠ってしまっていました。
 今晩、みなさんのブログを巡回できるかどうかは、まあ、体力と眠気次第です。

 紅葉の秋とはいいながら、曇ったり雨が降ったりした日が多く、わずかに晴れ間が出たときに出かけていって穏やかな陽射しと木々の紅葉を楽しんでおりました。そうして撮りためた写真はかなりたくさんありまして、少しずつブログに載せている、というわけです。

 上の写真、近景で入ってしまった上側の葉が邪魔です。
 もう少し前へ出て撮ればよかったかも知れませんが、そうするともっとワイドに撮らねばならず、写真に歪みが出て、周辺の解像度が落ちる危険性もあります。
 写真の撮影というのは、なかなかうまく条件が揃いません。


151206 根岸森林公園 ケヤキの紅葉3

 横に広々と撮ろうとすると、右下のおじさんがいつまでもそこで立ち止まっていますし。


151206 ケヤキとカツラの紅葉

 少しカメラを右へ振れば、左下の看板がどうもおもしろくない。
 なかなか条件が揃わないわけですが、ぼくはプロのカメラマンではないし、この一瞬の気持ちよさを記録できれば、それでよし、といたしましょう。


 ついでですが、そんな試行錯誤を経て、この日この場所で一番よかったかな、と思われる写真が下でした。
 一度掲載していますが、もう一度載せておきます。


151206 根岸森林公園 ケヤキの紅葉と富士
コメント
とんとん さん、
ぼくの写真のことはとりあえず置いといて、
ドガって、踊り子ばかりだと勘違いされがちですが、競馬の好きな人でたくさんの絵があります。
馬が途中で断ち切れて、首から先だけ、後半身だけなんていう絵が多数あります。
あるいは証券取引所みたいな事務所の絵。働いている人たちが画面の外へはみ出して、いかにもある瞬間にその場面を目に焼き付けました、という写真のような作品もいくつかあります。
しかも、彼は写生しているのではなく、アトリエで構図をあれやこれや工夫していることが、下絵などが残っていることからわかっているのです。
なかなか興味深い画家です。
【2015/12/19 22:48】 | ディック #- | [edit]
これだけ大きく写真を乗せないので私の写真は
ずいぶんいいかげんだと思っています。

ケヤキの紅葉も結構色々あって楽しいですね。
みんなが遊べる公園の木というのがこんなに大きくて
素敵なのは近くにはありません。
【2015/12/19 16:07】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
勉強になりました。
半分切れているからこそ、気になっていろいろ想像が膨らんで面白味を感じました。
絵ハガキの様に収まった写真も一つのパターンに過ぎませんね。
ドカさんのことは気づきませんでした。
今度気をつけて見てみます。
【2015/12/19 13:44】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
FREUDE さん、
本を読んでいたのではわからなかったことが、放送大学の講義で気が付く、ということが多いのです。
テレビ視聴は時間の無駄となることも多いので、放送大学でも自分が理解している部分は3倍速で「飛ばし見る」などしています。
必ず録画→リモコンは片手に握る。それでかなりの時間の節約ができます。
【2015/12/19 11:47】 | ディック #- | [edit]
とんとん さん、
全身が入った写真もあるのですが、右側の人物のボール投げの仕草のよいほうを選びました。
ちなみに、画家のドガなどは、わざわざ人物を画面からはみ出させて半身を残す構図が多いです。
多数の人物たちの中で偶然そうなった、という雰囲気を出すためにわざわざそうしているのです。
そんな画家もいるくらいですから、まあ、気にしないでおこう、と。
【2015/12/19 11:42】 | ディック #- | [edit]
若い頃、時間がないという言い方を繁用していた気がします

古今東西、老若男女に等しく一日は24時間与えられているのですから
時間がない、と口にするのは恥を晒すようなものだと考えます
事実、自分本意な人は「時間がない」を連発しているようです

などと言いながら日々、テレビを観る時間がなく
自宅のテレビはかれこれ2年ほど通電していません

私の場合、時間がないのではなく他にやりたいことが多すぎるようです
ディックさんのように、巧みに時間をこなせるようになりたいものです
【2015/12/19 07:49】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
風景写真は難しくて苦手です。
入れたくないものが入ってしまうので、右に左に動かしても思うようにいかずいつも悶えています。
写真の角度の所為もあるのでしょうか、1,2枚目のケヤキが堂々とした巨木で目を奪われます。
最後の写真は、温かみがあっていいですね。
ただ、左端の立っている人、体が半分で切られています。
中途半端な感じが可笑しくて、この人どうしたいのかしらなどと考えたら愉快で、笑ってしまいました。
【2015/12/18 23:22】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
緑の惑星人 さん、
基準にしたいポールなどが最初から曲がっていたりすると、あとから困りますね。
切り取った写真の中のそれは、初めて写真を見る人にとってはごく当然に水平垂直に設えられたものとして見えるわけで、曲がっていないはずの場面が不自然に見える。
ぼくの場合、すべてケース・バイ・ケースで歪みを直したり、画面の傾きを直したりしています。
【2015/12/18 22:45】 | ディック #- | [edit]
何だか「時間」というものを感じられる写真群ですね。
人々のあり方がそう感じさせるのですかね。平和な日常の一コマ。
話は変わりますが、公園や路上の電柱や信号、ちょっとした建造物など
いわゆる公共にあるストリートファニチュアとかいうものって
水平垂直が結構いい加減に建設されたものが多いですね。
撮影後に何を基準に信じていいかわからないことが多い。
【2015/12/18 22:36】 | 緑の惑星人 #t1t2q.5s | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/7044-83d65c6b