シンビジウム 2015.12.02 -- 1

2015.12.02(19:54)

151130 自宅庭 シンビジウム1

 撮影場所:自宅庭・鉢植え
 撮影日:2015.11.30 以下同じ

 庭にレンガで作った立水栓があり、その上に置いてあったシンビジウムが花を咲かせました。
 シンビジウムというのは写真のような洋ランの一種で、さまざまに品種改良された品種のこというようです。
 Wikipedia には「一般に耐寒性が強く、半ば放置してもよく育つが、葉ばかり茂って花をつけないということがままある」と書かれていますが、このシンビジウムもずっとここへ置きっ放しで、かみさんがとくに世話をしている様子はありません。


151130 自宅庭 シンビジウム2

 「ヤサシイエンゲイ」によれば、開花期は一般に12月から3月だそうで、花の少ない時期に咲いてくれる冬の花というイメージです。「冬は室内に入れる。冬越しは7℃ 以上を目安」とも書かれていますが、わが家では冬の間もずっと外へ置いたままです。

コメント
「シンビジウムだよ」といくら教えても「シンポジウム」と言うんだよ。
しまいには「俺を馬鹿にしてるのか」と腹を立ててました。
近所の老夫婦。旦那のほうの嘆きです。
【2015/12/03 14:50】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
山ぼうし さん、
色は千差万別のようですよ。寒さに強い、こんな感じで咲くランだ、ということです。
【2015/12/03 14:01】 | ディック #- | [edit]
どこでどう覚えたのか忘れましたが、シンビジウムという名前は知っています。(何故だろう)でも、このような花であることは知りませんでした。(知ろうとしなかったとも言えます)
落ち着いた色合いのランなのですね。
【2015/12/03 12:40】 | 山ぼうし #- | [edit]
多摩NTの住人 さん、
葉がもう少し緑色だと花とのコントラストがよいのですがね。
その辺はもしかすると「いい加減に庭に放置」しているせいかも知れません。
【2015/12/03 10:07】 | ディック #- | [edit]
FREUDE さん、
>かまい過ぎると駄目にしてしまう…
植物の繊細なところでしょうか、
よく「手入れがよいから…」とかコメントをいただきますが、わが家では案外と「放置」しているものがよく育ちます。育ちすぎるので「剪定」とか「切り戻し」が大切。
バラはたしかに手を掛けないといけないようです。
【2015/12/03 10:04】 | ディック #- | [edit]
とても品のある色ですね。これはディックさんがお好きな色ですよね。
【2015/12/03 08:25】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
祖父が盆栽の趣味を持っており
庭にはいくつもの洋蘭の鉢植えがありました

山本周五郎作品にも蘭栽培のくだりがありましたが
蘭は和洋どちらも手間のかかる気がします
かまい過ぎると駄目にしてしまうし、女性の扱い方のようです
【2015/12/03 08:17】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/7011-6e911330