セイタカアワダチソウ 2015.10.30 -- 1

2015.10.30(10:30)

151014 根岸森林公園 セイタカアワダチソウの群生

 撮影場所:根岸森林公園
 撮影日:2015.10.14

 そろそろ撮らなければ…、と早起きし、スキップを連れずに 6時半に家を出たのは10月14日。
 ところがそういう日に限って、東の空に雲がかかり、ときどき太陽が顔を出すという不安定な状態で、丘の上に陣取って、カメラを構えつつ、日が出てきたらシャッターを切る、ということを繰り返したのでした。
 やっかいなもので、陽を浴びたセイタカアワダチソウの花は輝きが強すぎて色飛びが激しいのです。しかし、抑えすぎると輝きが失われてしまう。そこのところの加減がじつに難しい。


151014 根岸森林公園 セイタカアワダチソウの群生2

 撮影場所:根岸森林公園
 撮影日:2015.10.14

 調整が面倒なので写真を整理しないまま放っておきましたが、昨日撮影した付近のセイタカアワダチソウを確認するとほとんどもう実になっていて、色が失われてきています。
 それなら急いでブログに掲載しなければ…、ということで、きょうは根岸森林公園のセイタカアワダチソウです。


根岸森林公園 151014 セイタカアワダチソウ

 撮影場所:根岸森林公園
 撮影日:2015.10.14

 なんでもセイタカアワダチソウは「なわばり宣言物質」を持っていて、ほかの植物の生長を阻害し、あるいは種子の発芽を抑制するとか…。
 じつは隣りに10月14日に紹介したススキの群生があり、ススキはさらに強力な「なわばり宣言物質」を持っているのだそうです。つまりここはススキとセイタカアワダチソウの激戦地なのです。
 下にススキの写真を再掲載しました。


151014 根岸森林公園 ススキ1

 撮影場所:根岸森林公園
 撮影日:2015.10.14

 そもそも、ここの崖は南向きでいろいろな植物の宝庫だったのですが、根岸森林公園の管理者が無計画にどんどん草刈りをしてしまう。だから、成長力の強いススキとセイタカアワダチソウが勢力を増すのは当たり前のような気がします。
 そして、根岸森林公園の管理者は今年は何を考えたのか、草刈りに急にメリハリを付けるようになり、この崖は草刈りせずに当面放置すると決めたようなので、10月はススキとセイタカアワダチソウが競い合う光景が見られるようになりました。
 ぼくはそれを結構楽しんでおります。

コメント
芒もセイタカアワダチソウも秋の野を飾る花ですね。
華やかとシックと趣が違いますが、どちらの群生も気に入っています。
【2015/10/31 23:47】 | とんとん #A5xCqHPg | [edit]
セイタカアワダチソウとススキ・
秋の代表格ですね。
ススキ柔らかくしだれて月を愛でるような感じがします。
綺麗に撮られてますね。
いつもですが。
住まいの庭ではススキ刈り取られました。


【2015/10/30 11:37】 | ころん #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/6951-9ee6c150