ベルニーニのダビデ像 2015.10.10 -- 2

2015.10.10(21:00)

150904_Italy_ベルニーニのダビデ2

 撮影場所:Roma ボルゲーゼ美術館
 撮影日:2015.9.04

 ダビデ像シリーズの紹介、今回はベルニーニのダビデ像です。
 下がミケランジェロのダビデ像、上がベルニーニのダビデ像ですが、このふたつを並べてみると、ルネサンスとバロックがそれぞれ重視した美術作品制作上のポイントの違いが鮮明になります。
 
 ルネサンスという芸術運動の基礎にあったのは、ギリシャ・ローマの古典に帰ろうということで、古い時代の人たちは人体そのものの美しさを大切にしていた。その精神を甦らせようということでした。
 アーティストたちは人間の身体をよく観察し、やがては解剖学的な知識まで加えて、理想的な人間の姿を描き出そうとしました。
 バロックはその土台の上に、さらに動と静の対比、明と暗の対比というような美的精神を追加して、そうした美しさをよしとしたのです。

 ミケランジェロのダビデ像は静かで端整で美しいけれど、ベルニーニはそのダビデがゴリアテめがけて投石する瞬間の姿を描こうとしました。


150910_アカデミア美術館 ダビデ像1

 
 撮影場所:Firenze アカデミア美術館
 撮影日:2015.9.10


150904_Italy_ベルニーニのダビデ1

 ベルニーニのダビデ像を、少し角度を変えて撮影したものです。


 下の写真は一度紹介しましたが憶えていらっしゃるでしょうか。
 ベルニーニの「プロセルピナの掠奪」(部分)です。この彫刻も激しい動きをとらえようとしています。


150904_Italy_プロセルピナとブルートーの手

 撮影場所:Roma ボルゲーゼ美術館
 撮影日:2015.9.04

 私は昨年暮れに「ルネサンス美術」を学ぼうと一念発起して、その仕上げにフィレンツェに行こうと計画しました。せっかくイタリアまで行くのだから、これまで学んできた「ローマ帝国の遺産」を見られれば一石二鳥と考えました。
 しかし、ローマと言えばベルーニーニの彫刻でして、結局イタリア・バロック美術のほうにも半ば足を踏み入れてしまったかたちとなっています。

コメント
写真だけでも十分臨場感を味わうことが出来ています。
撮るアングルが大事だと思います。

モデルさんに同じポーズをさせて作ったのでしょうか。
肉の動きのリアル感に圧倒されます。

ヨモギの記事無いように間違いがあったので、訂正しました。
先入観と、少ない花で判断しようとしたことがいけなかった様です。
【2015/10/11 12:19】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
YUMI さん、
乗りかけた舟なので、いま学習範囲をイタリアのルネサンスからバロックへと広げようとしています。今回勉強が間に合わなかった時代で、ぼくはどうも数多くの名画、彫刻を見逃しているようです。
勉強しなおして、もう一度行かないと…(笑)
【2015/10/11 11:51】 | ディック #- | [edit]
私は外国の美術はホント無知で、今ヨーロッパに行っても、ああいいなーで終わってしまいそうです。
ダビデ像をたくさん見せていただき、それも詳しい解説付きで、とてもよくわかります。
ヨーロッパに行くのは、やはり勉強していかないともったいないですね。
【2015/10/11 11:18】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
圧倒的ですね。まずはヨーロッパまで出向いて
美術館に駆け込みたい。
本物を目の当たりに見てみたい。
ホントだ。ブロセルビナの頬っぺたに涙がある。
【2015/10/11 07:53】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
ディックさん、こんばんは。

ベルニーニのダビデ像は、躍動感にあふれていて、精悍で、動きの中で人の体がいかに美しいかも表していますね。
「プロセルピナの掠奪」も、固い素材ということを忘れそうな柔らかな表現がなされていて、体を押さえる手が激しい動きの中で、そこだけ止まったような優しさを感じます。
でも、プルセルピナが泣いていますね。
それで、調べてみました(^^)
この神話は有名ですが、プルセルピナの名前を覚えていませんでした。
プルートの手が優しく見えるのは、愛があるからでしょうか?
【2015/10/11 00:10】 | jugon #ehuBx04E | [edit]
「四十の手習い」という言葉がありますが
ディックさんのお歳でさらに学びたく、
しかもイタリアまで、となると並大抵ではありませんね

来る3月1日のために東京へ練習参加してきました
ですがディックさんとは比べ物になりません
【2015/10/10 22:02】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/6917-8cd8e4ba