アマチュア・オーケストラの演奏会 2015.10.04 -- 2

2015.10.04(22:30)

水星交響楽団表紙 聖光学院管弦楽団13回表紙

 9月下旬から10月の初旬にかけて、アマチュアのオーケストラの演奏会に2回出かけた。
1.  9月27日(日)横浜みなとみらい大ホール 水星交響楽団 第52回定期演奏会
    ・バーンスタイン 交響組曲「波止場」
    ・バーンスタイン 交響曲第1番「エレミア」
    ・ベートーベン  交響曲第7番
2. 10月 4日(日)聖光学院 ラムネホール  聖光学院管弦楽団第13回定期演奏会
    ・ヴェルディ   「運命の力」序曲
    ・シベリウス   交響曲第6番
    ・ブラームス   交響曲第4番

 1は「エレミア」の第3楽章にメゾ・ソプラノの独唱があり、かみさんのコーラスのヴォイス・トレーナー、小川明子さんが唱われるということから誘われたもの。水星交響楽団は一橋大学のオーケストラの卒業生が主体となった楽団らしい。2は私の通っていた母校のOB、関係者のオーケストラだ。

 バーンスタインについては、若い頃から「ミサ曲」が好きだった。ロック、ジャズのシンガーが唱うミサ曲という斬新さに惹かれてレコードを買った。有名な指揮者だが、ミュージカル映画「ウエストサイド物語」の作曲者でもある。
 「ミサ曲」がウエストサイド物語風の曲を敬虔な宗教曲に仕立てたものとすれば、交響曲「エレミア」はウエストサイド物語風の曲を少し堅いクラシックに仕立てたもの、という感じだろうか。いずれにせよ、打楽器、管楽器など多彩でにぎやかだ。ただ、午後一時半開演というのは少し眠くなる時刻でもある(笑)。
 オーケストラにとってのメインはベートーベンの交響曲第7番のはずだが、このオーケストラには致命的な欠点があった。管楽器はよく響くのに、弦楽器とくにヴァイオリンの合奏に難があり、歯切れが悪く、音もきれいに響いてこないのだ。
 たとえば、第2楽章はチェロ主体の暗くもの悲しい旋律の美しさに涙したあと、第3楽章の歯切れよいリズムに急にワクワクとしてくるのだが、第2楽章の演奏には泣けないし、第3楽章が始まってもヴァイオリンがさっぱり歯切れよく刻まないので盛り上がらない。第4楽章になると、管楽器の音ばかりが響き、ヴァイオリンはいったい何をやっているのだ? という感じ。
 ベートーベンの交響曲第7番と言えば、歯切れよいリズムと疾走感に浸ってクライマックスを迎えるところだが、他方でヴァイオリンの旋律もリズムも聞こえてこないとなると、そもそもベートーベンの演奏として、またオーケストラとしても致命的だろう。

 聖光学院管弦楽団を聴くのは2回目だが、こちらには水星交響楽団のような欠点はない。ヴァイオリンの合奏は美しく、それはオーケストラの基本として大切なことだ。
 ただ、ブラームスの交響曲第4番となると、音のバランスがかなり難しい。俗に「いぶし銀の響き」といわれるブラームスのオーケストラ曲の美しさは、管楽器の響きと一糸乱れぬ弦楽合奏の響きの強弱の、絶妙なバランスから生まれているのではないだろうか。
 そこはもう少し管楽器の響きを抑えてほしいとか、あ、いまちょっと管楽器が妙な音を出さなかったかとか、そんなようなことから、曲として豊かな表現力を要求されるところ、オーケストラのレヴェルはそこまで至っていないので、なんだかんだと気になってしまう。
 音楽に没入してひき込まれてしまいたいのに、そうならないもどかしさをずっと感じていた。

 あらためて考えてみると、定期会員になっている横浜バロック室内合奏団とか、FREUDE さんに招かれて聴きに出かけた大阪フィルハーモニー交響楽団とか、プロはさすがだと感じる。
 聴衆を音楽にひき込み、否応なく感動させてくれる。あれこれ批判的な聴き方をするような隙を与えない。
 横浜バロック室内合奏団のほかに、たとえば神奈川フィルとか、プロのオーケストラの会員になろうか、と考えさせられた1週間だった。
コメント
小肥り さん、
ルビンシュタインにハイフェッツ、ぼくの学生時代にすでに大御所的存在だったような…。ルビンシュタインはぼくにクラシックを手ほどきした友人もベタほめてましたねぇ。あれこれ貸してくれて、ぼくも結構聴きましたよ。ハイフェッツはすごいテクニシャンというイメージだったかな。
【2015/10/05 19:12】 | ディック #- | [edit]
クラシックは家でCDを聴くくらいです。
生で聴くのはぜんぜん違うのでしょうね。
【2015/10/05 10:26】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
こんにちわ。

クラッシックは、高校生の時、
音楽観賞倶楽部で聞いただけで、ほとんど知りません・・・

もっと、聞いとけば良かったと思ます。
やはり、生演奏は違うんでしょうね。
【2015/10/05 07:58】 | アトムパパ #ulYx6Mu6 | [edit]
たまにはいい音楽を聴いて心を洗わねばなりませんな。
・・・振り返れば・・・振り返れば・・・
コンサートを最後に聴いたのはいつであったか。記憶の糸が途切れております。10年以上。
サントリーホールだったかNHKホールだったか・・・第九だったかな。
ピアノだったら地元グリーンホールで中村紘子嬢、ショパン演奏でこれも10年以上昔。
そうだ。5年ほど前に同じホールでヨハン・シュトラウスのワルツ演奏会。フルオーケストラに行った。
本日久しぶりに山野楽器でCDを買いました。ベートーベンのピアノ三重奏「大公」。
ルービンシュタイン、ハイフェッツというとてつもなく古いのを。1800円。
【2015/10/04 23:12】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/6907-54ac781e