ドナテッロのダビデ像 2015.9.30 -- 2

2015.09.30(15:00)

150911_ドナテッロのダビデ2

 撮影場所:Firenze バルジェッロ美術館
 撮影日:2015.9.11

 ドナテッロがフィレンツェで活躍しはじめたのは1404年頃、絵画の世界を革新してルネサンスが始まったと評価されているマザッチョは、1401年に生まれたばかりです。

 ・透視図法などを利用し、三次元の世界に人が生きているかのように描く
 ・ギリシャ・ローマの彫刻作品のように、人体を解剖学的に理解し、写実的に描く

 といったことに、画家たちがおそるおそる着手していた頃、彫刻家のドナテッロはどんどん先へと進んでいました。
 ドナテッロが制作したダビデ像は、制作年代がはっきりとしませんが、比較的初期の頃の作品だと言われています。


150911_ドナテッロのダビデ3

 「クラシックな、均整の取れた人体の理想像」(後述の聖ゲオルギウス像など)も制作できるし、晩年には「モデルの痛みや苦しさを感じさせるほどの写実的な作品」(マグダラのマリアなど)にも手腕を発揮したドナテッロですが、このダビデ像は何か特別な個人的な趣味の世界へ突っ走っているように感じられます。


150911_ドナテッロのダビデ6


150911_ドナテッロのダビデ5


150911_ドナテッロのダビデ4

 一般的には、官能的とか貴族的とか評価されているようです。
 現在ではドナテッロの代表作の一つとして知られています。
 画集などでドナテッロの作品を見ていたので、私はフィレンツェを訪れる前からドナテッロのファンでした。


150911_ドナテッロのダビデ1

 ダビデ像はフィレンツェのバルジェッロ美術館の所蔵作品ですが、ダビデ像を鑑賞するにはどうも照明がよくありませんでした。窓の位置とダビデ像の設置場所の関係など、もう少し考えてもらいたい、という次第で、あまりよい写真は撮れませんでした。
 もしもよく撮れているように見えるとしたら、それは私の Photoshop Magic のせいでして、現場では明暗差がきつく、肉眼でも観賞はしにくく感じました。

 ちなみに、上の写真の背後、壁に掛かっているのは「聖ゲオルギウス像」で、そちらもドナテッロの作品。クラシック(古典的)で端整な美しさを感じさせる壁龕彫刻です。


150908_オーニサンティ教会の聖ゲオルギウス像1

 撮影場所:Firenze オルサンミケーレ教会
 撮影日:2015.9.08

 なんと、実物を撮るのを忘れていたようなので、オルサンミケーレ教会外壁壁龕のレプリカの写真を掲載します。
 こんなふうに、ドナテッロは多彩な才能の持ち主です。

 さて、ダビデ像の写真は明るさなどの制約からいまひとつ魅力を伝え切れていません。
 仕方がないので、作品をよく見ていただくために奥の手を出します。
 私が撮影したのではありませんが、copyright の制限のない Web画像を、ダウンロードして見ていただくこととしました。
 この奥の手は、『聖母マリアとキリスト教伝説』(ちくま文庫)の秦剛平さんの「あとがき」で教えていただきました。


2david1 web gallery

 写真:Web Art Gallery 2david1


2david2 webgallery

 写真:Web Art Gallery 2david2

 ドナテッロのダビデ像とミケランジェロのダビデ像とはずいぶんと雰囲気が違いますね。こんなふうですから、美術の世界はおもしろいな、と感じます。
コメント
これがダビデとは! 何度も見直しました。
ちょっとエラが張っていますが、ドレスを着せるとそのまま女性像になりそうです。
正面から見ると憂いのある表情に見えますが、横から見ると、含羞の微笑を浮かべているようにも見えます。

などと考えて、ようやく腑に落ちる理屈を思いつきました。
ダビデはあくまでも少年でしたね。だからこその両性具有のような美しさ。美少年なのだから、逆にミケランジェロの筋肉隆々のダビデは「ちょっと……?」となりますね。

踏みつけているのがゴリアテの首なら、この像は、一躍、英雄として群衆の前でポーズを取らされて恥じらう少年、と、私は感じ取りました。
あくまでも個人の解釈です(笑)し、こんなふうに腑に落とそうとすることは、芸術への冒涜かもしれないですが。

でも、楽しかったです。

ドナテッロのマグダラのマリアを今、見ました。ネットでの画像でも、背筋がぞくぞくしています。なんというリアリズムでしょう。人間の肉体の美しさを追求したのがミケランジェロなら、ドナテッロは、外見や肉体の美醜を越えた崇高な魂を彫刻で表現した芸術家だと思います。北海道の北追公園で流政之氏の彫刻を見て以来の感動を覚えました。
【2015/10/02 08:37】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
小肥り さん、
月桂樹をあしらった帽子ということのようです。勝利者を讃える冠ということでしょう。
首はゴリアテの首で、当時としてはゴリアテの首を踏み付けているのがダビデ像の基本的なかたちだったようです。
【2015/10/01 20:33】 | ディック #- | [edit]
ふたつの作品はたしかにずいぶん違う。
この人が踏んづけてるのはゴリアテの首?
帽子はなんでしょうね。ミケランジェロ作では帽子は無かった。
寓意は・・・ん~と・・・
【2015/10/01 19:32】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
光の加減でこんなに違うのですね。
確かに官能的。
そして聖ゲオルギウス像は精悍な感じですね。
【2015/10/01 14:03】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
ミケランジェロのダビデ像と異なり
随分と女性的なラインに思えております
もちろん意図があるのでしょう

どれもこれも、整った顔立ちですね
【2015/10/01 08:43】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/10/01 06:29】 | # | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/6899-e71f783e