FC2ブログ

ツバキの木に変な葉が…(ヒノキバヤドリギ)

2006.10.25(20:56)

20061022184925.jpg

20061021212749.jpg

これは根岸森林公園のツバキの木です。今年の春には紅い大きな花をたくさん咲かせていました。なのにこれはいったい…、と最初は首を傾げました。
ヒノキの枝葉のようなものが、ツバキの幹や枝から直接生えてきているように見えます。枝の根元のところもよく確かめました。確かに直接生えているのです。
でも、これはどう見たってツバキではありません。
近くにはもう一本、同様の状態になっているツバキがあります。

20061021212738.jpg

ヤドリギで調べてみたら、出てきました。どうもヒノキバヤドリギという種類の植物のようです。上はその拡大写真です。
ヒノキの葉のように見えるのはヤドリギの茎で、「葉は小さな鱗片状に退化して節のところに対生している」とか、「節のところに直径1mmほどの小さな花をたくさんつけ、直径2mmほどの橙黄色の果実ができ」るとか、解説を読みましたので、今度の土日には近寄って詳細な観察をやってみたいと思います。

コメント
YAKUMA さん、周囲のヤブツバキ数本に寄生が広がっています。剪定のときに、樹勢をみてヤドリギを少しはらってやればよいのに、と思うのですが、当たり前の剪定しかしないようです。
【2008/03/17 21:24】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
こんばんは
すごい数が寄生していますね。
これでは宿主のヤブツバキも弱ってしまいます。
2年経った今のほうがもっとすごいのでしょうね。
ヤブツバキが痛々しいです。

ディックさんのblog、リンクさせていただきます。
よろしくお願いします。
【2008/03/12 22:55】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/682-631a6270