ナンキンハゼの謎

2015.07.14(18:20)

130629 三渓園 ナンキンハゼの花の様子全体

 事の始まりはこの写真でした。2013年6月29日の三渓園で撮影した写真です。
 「これはナンキンハゼの花。はじめて見つけたぞ、憶えたぞ、わーい」とはしゃいでおりました。
 黄色い雄蕊のように見えるのは、じつは雄花のつぼみでして、この花はほとんどまだ開いておりません。


130629 開いた雄花と付け根の小さな花序

 こちらは同日の別の花序。いくつか置きにつぼみが伸びて開花しかけているのがわかります。
 じつはこれは雄花序でして、雌花は見当たりません。

 こちらは同日の別の花序。いくつか置きにつぼみが伸びて開花しかけているのがわかります。
 じつはこれは雄花序でして、雌花は見当たりません。

 最近、樂 さんの「楽のデジカメ散歩」というブログで「雌花」を見ました。
 雄花序の付け根のところに雌花が開いている写真でした。雄花はつぼみでした。

 しかし、2枚目のぼくの写真のどこを捜しても、雌花の気配すらありません。
 ナンキンハゼには「雄花が先、雌花が後」のものと、「雌花が先、雄花が後」のものがあるとか…。どっちが先でもいいけれど、ぼくの写真には「雌花の気配すらないのはどういうわけか?」
 そこでご注目。2枚目の写真の雄花の付け根(右側)に「穂のような、あるいはこれから伸びる芽のようなもの」が見えているではありませんか。


150620_三渓園_ナンキンハゼ雄花序と付け根の小さな花序

 上は2015年6月20日の三渓園、ナンキンハゼです。
 この写真でも、左の付け根のほうの上に小さな「これから伸びる芽のようなもの」が見えています。
 それがこの後どうなるのかがわかりました。
 下の2015年7月13日本牧山頂公園のナンキンハゼをご覧ください。


150713_本牧山頂公園_終わった雄花序と伸びた新しい花序

 雄花序はもう終わって、茶色く変色し、その付け根から「新しい花序」が伸び、その付け根に「雌花」が咲いています。
 これが「雌雄どちらの花も咲く花序」なのか「雌花序」なのかがどうも判別つきません。


150713_本牧山頂公園_ナンキンハゼの雌花

 雌花に近寄って見ています。
 雌しべの付け根ではもう子房が膨らみ始めているようです。


150713_本牧山頂公園_ナンキンハゼの新しい花序

 上は雌花だけが咲いている小さな花序がふたつ並んでいるように見えますが、古い雄花序が落ちた痕が見えています。
 この花序はこれから上のほうで雄花が咲くのでしょうか。
 だとすると、木全体では、雄花序に雄花だけが咲き、そのあと伸びた花序に初めは雌花だけが咲いて、その次に雄花がまた咲く、のでしょうか。そんなの変じゃない?!
 あるいは、これは雌花だけの雌花序なのでしょうか。
 これからの暑い時季、確認のためにそう何度も本牧山頂公園へ通うわけにはいきません。ぼくはいま忙しいのです。

 ナンキンハゼはトウダイグサ科だそうで、どうもこのトウダイグサ科というのは妙な植物が多いようです。

コメント
こんばんは・
ナンキンハゼ・紅葉の美しさ格別ですね。
葉がハート型でしたか・・
花初めて見ます。
凄いことです。
【2015/07/15 21:44】 | ころん #- | [edit]
とんとん さん、
ご紹介いただいたホームページ、よく整理されていて、わかりやすいです。
【2015/07/15 11:49】 | ディック #- | [edit]
FREUDE さん、YUMI さん、
秋の紅葉もきれいです。葉の形に特徴があるので、花が咲いていなくても見分けやすい樹木です。
【2015/07/15 11:37】 | ディック #- | [edit]
うーん、ぜんぜん知りませんでした。
どこかで見られるかな、この辺でも。
あ、三渓園や本牧で見られるのですね。
【2015/07/15 10:42】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
この植物は見たことがある気がします

調べてみると、薬用に使われるのですね
ハゼと名に入っているため、
かぶれないのかと思いました
【2015/07/15 08:06】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
ナンキンハゼの花、奥が深いのですね。
あまりよく知りませんでした。
雄花は知っていましたが。
この形の雌花は見た記憶がありません。
今度そばを通ったら、じっくり見てみます。
【2015/07/14 23:44】 | 緑の惑星人 #t1t2q.5s | [edit]
とんとん さん、
そうそう 樂 さんの写真、結構早い時期ですよね。後からできた花序を撮したのでなくて、最初からの花序のよう…。
これはやはり、3種類の花序があるんですかねぇ。
ナンキンハゼの花の仕組みがこんなにややこしいとは…。
【2015/07/14 22:36】 | ディック #- | [edit]
ナンキンハゼの花、私も見たいと思っておりますが、未だ出会う機会がありません。
そんな私にとってとても参考になる記事でした。
雄花と雌花の関係、複雑なのですね。
来年探してみたいと思います。
【2015/07/14 22:30】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
コメントを頂き、飛んで参りました。
ナンキンハゼの場所にそうちょいちょい出向くことも出来ず経過観察は難しいですが、良い実証写真が撮れて羨ましいです。
立派な雌花の砂糖菓子のような感じを見たいと思っているのですが、なかなか叶いません。

>そんなの変じゃない?!  のところで笑ってしまいました。(^o^)
複葉ならぬ複花序みたいで、ホントに複雑ですね。

①雄花だけがつく雄花序と、②雄花序の基部に「雌花も雄花も咲く新しい花序」を付ける花序・・・この2種類があるようですね。
このHPhttp://ww1.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/keitai/nankinhaze_osusaki.htmlを見つけて、自分の撮った写真とも見比べて、今はそんな風に考えています。
確認に行きたいですが・・・

初めから雌雄両方の花を付ける花序を作らないのは、なぜなのでしょうね。

追記
↑と、コメントしたのですが、樂さんのブログで、初めから基部に雌花を咲かせている様に見える写真がありました。
三種類の花序があるということなのでしょうか。
ナンキンハゼの努力に脱帽です。
【2015/07/14 21:50】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
>ナンキンハゼはトウダイグサ科
どかで沢山はえているのを見たのですが
それが何処か思いだせません。
年はとりたくないものですが
来るものは仕方がありません。
認知だけは避けたいです。
【2015/07/14 21:19】 | 自然を尋ねる人 #G0paPMig | [edit]
これは大発見ですね。今まで雌性先熟と雄性先熟は樹によって違うものと思っていました。当方の花は既に終わってしまいましたので、来年、この様子を観察してみたいと思います。面白いことを教えていただき有り難うございました。
【2015/07/14 21:18】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/6787-519889a5