5月10日の庭

2015.05.10(18:40)

【アヤメ】

150510_自宅庭_アヤメ

 5月10日、早朝にどうやら雨が降ったようです。
 今朝の写真には、花弁が濡れている花が見えると思います。


150510_自宅庭_アヤメ2


【ジェントル・ハーマイオニー】

150510_自宅庭_ジェントル・ハーマイオニー

 1867年にフランスの育種家がラ・フランスを発表してから、ハイブリッド・ティーローズの時代が始まりましたが、英国人は必ずしもハイブリッド・ティーローズを好ましいとか思わなかったようです。
 もっとオールド・ローズのよさを生かしたバラがほしい、ということだったようです。
 イングリッシュ・ローズはそのような品種改良の試みから生まれました。
 その代表格の育種家が David Austin です。

 上の写真のバラはデヴィッド・オースチン社の「ジェントル・ハーマイオニー」(Gentle Hermione)です。
 ハーマイオニーはシェークスピアの「冬物語」に登場するリオンディーズ王の献身的な妻の名から付けられたもの。


【トキワツユクサ】

150510_自宅庭_トキワツユクサ

 玄関前の花壇やレンガ敷きに数年前から出てくるようになったトキワツユクサです。
 日陰や、ややじめじめしたところを好むようです。
 オオトキワツユクサとはまた別。


【クイーン・エリザベス】

150510_自宅庭_クイーン・エリザベス1

 この構図が「クイーン・エリザベス」というバラの特徴をよく表現しています。
 根元近くから太い枝が直立気味に伸びて空をめざします。
 性質がわかってきたので強い剪定をかけてあり、咲き始めの花は低いところに咲いていますが、ご覧のようにどんどん伸びています。
 1954年に米国で作出されたバラで、圧倒的な強健さを誇ります。


【アルテミス】

150510_自宅庭 アルテミス 

 「アルテミス」はウッドデッキの内側に伸びています。
 ドイツの タンタウ社が 2009年に作出したクライミング・ローズ(つるバラ)です。
 アルテミスは、ギリシア神話に登場する狩猟・貞潔の女神。やさしい女神という印象はなく、けっこう怖い女神さまです。


【ユズ】

150510_自宅庭_ユズ


【グラハム・トーマス】

150510_自宅庭 グラハム・トーマス

 ふたたびデヴィッド・オースチンが作出したイングリッシュ・ローズです。
 「アイスバーグ」の血をひいている、との情報を得ました。「アイスバーグ」はわが家でもひと冬咲き続けた強健さを誇っており、「グラハム・トーマス」も強健なバラであると嬉しいです。
 赤味を感じさせない純粋な黄色で、しかも鮮やかです。
 デヴィッド・オースチンのホームページによりますと、「バラの栽培家で、ガーデンライターでもあったグラハム・トーマスはデビッド・オースチンのナーサリーに足繁く通い、励みになるようなアドバイスをたくさん与えてくれました。このバラは本人によって選ばれたもの」だそうです。


【シャクヤクとルイーザ・ストーン】

150510_自宅庭_芍薬とルイーザ・ストーン

 左が芍薬、背が低く這うような感じのバラが「ルイーザ・ストーン」です。
 このような咲き方をするバラはシュラブ(Shrub)・ローズと呼ばれているようです。
 「プリンセス・オヴ・ウエールズ」などを作出した英国・ハークネス社のバラ。
 

【花ぼんぼりとロベリア】

150510_自宅庭_花ぼんぼりとロベリア

 わが家ではイングリッシュ・ローズを好んでいますが、日本のバラもなかなかよいものです。
 上の写真は京成バラ園の作出した「花ぼんぼり」。2011年秋に発表されたフロリバンダ系の新種です。


【オルレア・グランディフローラ】

150510_自宅庭_オルレア グランディフローラ

 和名「ホワイトレース草」。セリ科オルレア属の花でヨーロッパ産。英国のバラ園などではこれがたくさん生えているとのことで、かみさんが植えました。前の年の種で勝手に出てきます。


【ナエマ】

150510_自宅庭_ナエマ

 フランスのデルバール社のバラ。デルバールとは、1935年にジョルジュ・デルバールにより設立された、フランスの園芸会社です。
 昨年はわが家でもっとも遅咲きでしたが、今年はけっこう早いかな。
 たぶんぽつぽつと咲いて、ピークに達するのはかなり遅くなるでしょう。生長する力の強さを感じさせるバラです。

 
コメント
ホワイトレースフラワーと言って去年頂いたのを蒔いておいたらみんな出たようです。
オープンガーデンでお願したら、くださいました。

何やら花野のように色々咲いてきました。
この時期は本当に良いですね。
【2015/05/11 13:43】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
花盛りのお庭の様子に心なごみます。
もっともそのお世話は大変なのでしょうが……。

六甲アイランドのバラ園にある品種と同じ花を見つけて、喜んでいます。
でもそうなると、ないものねだりが出てきて、「花ぼんぼり」なんて素敵ですね。
【2015/05/11 08:31】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
みかんの産地に育ちましたので
柑橘系の花は心が和みます
校章も柑橘の花をデザイン化したもの、と聞いております

雨上がりの朝は、絶好の花撮影チャンスですね
わかっていながら日々、予定に追われており
凡夫のあさましさを曝けております
【2015/05/11 06:59】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
デイックさん お早うございます(*^^*)

2日間 岡山の中学の同窓会で御無沙汰していました

色々な花が綺麗ですね  あやめですか~

もう少ししたらしょうぶ園に行って見たいです


【2015/05/11 05:24】 | 安人(あんじん) #5ddj7pE2 | [edit]
こんにちわ。

バラか綺麗な季節になりましたね!
京成バラ園のバラでは、うららを良く見ます。
【2015/05/10 23:10】 | アトムパパ #ulYx6Mu6 | [edit]
アヤメの色、初夏?らしく、爽やかですね。
この種類の花は、立体すぎて撮影がなかなか難しいです。
最初のバラ、中心の花びらのあり方が結構面白いですね。
ハーマイオニー」、私もハリーポッターの登場人物・ヒロイン名を
連想しました。珍しい音感ですよね。
【2015/05/10 22:59】 | 緑の惑星人 #t1t2q.5s | [edit]
素敵なお写真が続きますね。
1枚目のブルーがとても綺麗です。
ジェントル・ハーマイオニー、とても素敵です。
ハーマイオニーと聞き、ハリーポッターかと思いました。
後ろの黄緑のぼけも美しいです。
【2015/05/10 21:10】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/6694-bf438176