FC2ブログ

梅に別れを…(2)

2015.03.14(20:40)

【日月】

150221_根岸森林公園_日月1

 2月の撮影で、記事にし損ねた梅の写真を2日間で一気に放出し、梅に別れを告げよう、という企画の2日目です。今年の梅の記事はこれが最後になります。
 これまであまり紹介してこなかった「日月」という品種ですが、今回じっくりと観察すると、おしべがぴんとして葯が大きく、とても美しい梅だなあ、と感じます。野梅系の梅のようです。


150221_根岸森林公園_日月2

 上の写真2枚が2月21日、下の写真1枚が2月28日の撮影です。


150228_根岸森林公園_日月


【大輪緑萼】(2月21日)

150221_根岸森林公園_大輪緑萼1

 野梅系青軸性の梅、いわゆる「緑萼梅」の一品種です。


150221_根岸森林公園_大輪緑萼2

 昨日の記事で、梅は満開よりも咲き始めがよい、と書きました。
 おしべがまだぴんとしていて、黄色い葯が目立つ活きのよい花を愛でる。咲き始めの頃は開いた花よりも数多くのつぼみが見え、だから見通しもよく、梅特有の枝振りを楽しめるのがよい。
 萼や新しい枝の色、古い幹や枝の古色蒼然とした様子なども、花とともに楽しむのです。

 十年ほど根岸森林公園の梅林に通い詰め、鎌倉の寺の梅も見てきて、自然に上のように感じるようになりました。
 ここ三、四年、ぼくは日本画の美術展へ通うことが多くなりましたが、日本画の題材では「花鳥風月」が大きなウエイトを占めています。古来から現代まで、春の梅や桜を描いた日本画は多いのですが、満開の桜はよく描かれていても、満開の梅を描いた絵というのは記憶にありません。
 美の探求者である日本画家たちが、梅についてのぼくの感性を「その通り」と認めてくれているように感じます。


【佐橋紅】(2月21日)

150221_根岸森林公園_佐橋紅1

 「佐橋紅」の札が掛かっているので佐橋紅だと信じるしかないのですが、根岸森林公園の梅林の札は間違いが多いので、正しいかどうか自信はありません。
 「鹿児島紅」とどこが違うのか、詳しく比較解説した書物やサイトがあればよいのですが、それがないので、区別がわかりません。
 なんとなく、おしべの長さに対する花弁の大きさの比率かなあ、という気はします。
 また「偕楽園」のサイトにある佐橋紅は一重咲きで、赤よりもピンクに見えます。


【「一重茶青」の札が掛かった梅】(2月21日)

150221_根岸森林公園_一重茶青

 「一重茶青」の札が掛かっていますが、どう見ても八重咲きです。
 根岸森林公園の名札は、このようにじつにいい加減なので、正しいかどうかは自分で調べる必要があります。
 青空との対比が気に入っている写真なので、紹介しました。


【鴛鴦(えんおう)】(2月21日)

150221_根岸森林公園_鴛鴦

 一花に二つの実をつける梅だそうです。鴛鴦の品種名はそのためでしょう。
 じつは、今回初めて名前の由来を調べました。緋梅系 紅梅性の梅です。


【見驚】(2月21日)

150221_根岸森林公園_見驚

 この梅は咲いているあいだに色変わりします。
 ひとつの枝に色変わりの梅が並んでいるところを撮りたくて通いましたが、果たせませんでした。
 ビンクだったり、半分ピンクで半分白だったり、もっと白っぽかったりします。
 「見驚」という品種名もそのことに由来するのでしょう。
 遅咲きで、梅に飽き始めてあまり梅林に通わなくなる頃に咲くので、毎年よい写真を撮り損ねます。


(参考)2013年の見驚

2013年の見驚

 2013年の写真を載せておきます。


【故郷の錦】(2月21日)

150221_根岸森林公園_故郷の錦

 詳しいデータはありませんが、ご覧の通り花の見た目に特徴があり、札の掛け違いはなく、正しいと思われます。


150221_根岸森林公園_故郷の錦2


【馬の博物館の枝垂れ梅】(2月21日)

150221_根岸森林公園_馬の博物館の枝垂れ梅

 毎年、いろいろな撮り方を試します。


 根岸森林公園の梅は満開を通り越し、かなり傷みが見えてきています。
 そこまできたなら、近くの丘に登り、梅林を見下ろして、紅白の染まった遠景を楽しむのがよい。
 そんなふうに思います。
コメント
もう梅も終わりですね。
梅は満開のときよりも蕾の中に咲き始めたところが美しいです。
蕊がくっきりと撮れていますね。
一重茶青の写真が清々しいです。
【2015/03/17 12:34】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
こんばんは。

正直言いましてうっとりですねぇ。
やはり質感があると言いますか、
場の空気を感じるんですよねぇ。
それに、ここまで綺麗に咲いてい
る陽気がうらやましくもあります。


【2015/03/15 19:27】 | 地理佐渡.. #s/KLKpB2 | [edit]
梅に別れを・・このように一梅事、蕾から開花までじっくり観察されて植物博士ですね。

蕾も開花も花の魅力はつきないものですネ。
【2015/03/15 16:59】 | ころん #- | [edit]
公園の梅林というのが意外と少ないよです。

沢山の写真を撮ってよく研究されるデイックさんのことです。
私など白梅紅梅くらいで終わってしまいます。
【2015/03/15 11:37】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
佐橋紅って、すてきですねぇ。
これも、咲いている姿を見たい品種です。

それにしても梅にはいろいろあるのですね。品種改良の結果なのかな、なんて考えます。
【2015/03/14 22:56】 | takae h #P6LiJWP2 | [edit]
こんにちわ。

確かに、満開の梅の日本画って、見たことがありません。
複雑な枝ぶりも、魅力ですね!
【2015/03/14 21:48】 | アトムパパ #ulYx6Mu6 | [edit]
YUMI さん、
近ければ何度でも通えるし、よい写真を撮るチャンスが増えます。ぼくは品種毎に咲き始めの頃を追いかけています。
咲き始めの頃の花は、栄養が行き届いているのできれいなのだ、ということもあるようです。
【2015/03/14 21:41】 | ディック #- | [edit]
2013年の見驚かわいくて素敵ですね。
久良岐公園にも梅、桜がありますし、少しはなれたところにある岡村公園も梅林があるようです。
来年のことになるかとは思いますが、楽しみです。
【2015/03/14 21:04】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/6553-091b96fd