本牧山頂公園で首を傾げる

2015.02.22(00:10)

【サンシュユの樹皮】

140220 本牧山頂公園 サンシュユ

 例年より早めに本牧山頂公園へ出かけていったが、いろいろと見つけてしまって首を傾げることも多かった。
 上の写真はサンシュユだ。ニシキギではない。
 まさか、サンシュユにも枝に翼ができることがあるのか、と首を傾げた。

 結論は、この時期にはサンシュユはこのように樹皮がめくれることがある、ということらしい。


【これはなに?】

150220 本牧山頂公園 樹皮に着生する植物

 木の幹にくっついているからといって、必ずしも「寄生植物」とは限らないらしい。くっついている植物から栄養を吸収しているわけではなければ「着生植物」というそうだ。これは寄生植物なのか、それとも着生植物なのか…。
 季節柄、葉が落ちているので、宿主が何の木なのか明確には言えない。幹の様子はコナラに似ていると最初に思ったが、どうも少し違うような気がする。
 さて、大きな木にくっついているこれは何なのか? 御存知の方はぜひコメントをお願いします。


【ヤドリギ】

150205 本牧山頂公園 ヤドリギ

 遠目に見たとき、最初鳥の巣かと思ったが、大きすぎることに気が付いた。
 下のほうの校庭の辺りの崖にある大木だ。これも近寄れないので、宿主の木が何の木かわからない。
 写真撮影をして、少し明るくしてから、典型的なヤドリギに間違いなさそうだ,と思った。

 たまたま、ヤドリギにはいろいろな種類があるらしい、と知っている。
 下の写真は2008年10月18日に撮影したもので、根岸森林公園のヤブツバキに寄生したヒノキバヤドリギだ。

081018 根岸森林公園 ヒノキバヤドリギ

 2005年頃から目立つようになっていたのを、公園管理者はそのまま放置し、2010年頃になって、付近の木を一斉に伐採し、この丘のヤブツバキはまったくなくなってしまった。
 ヤドリギ対策を口実にして、梅林を広げた。例年下期に大々的な土木工事をやりたがる公園だ。
 このときは、公園に1本しかなかったトウネズミモチの大木、ヤマグワの古木も伐採されてしまった。
 放置しないですぐに対策を打てばよいのに…、と思う。


090208 根岸森林公園 ヒノキバヤドリギ

 近寄って見ると葉の様子は一般的なヤドリギとはまったく違う。2009年2月8日の撮影だ。
 写真は赤くなっているが、10月くらいまでは4枚目のように赤味がかかった緑色だった。
 かわいそうなのはヤブツバキのほうで、木が弱って葉が変色しているのがわかる。


 愛用の i MAC には、USB3.0 の外付けハードディスクを2本、Thunderbolt 接続のハードディスクを1本繋げてある。
 新機種に取り替えたので、大幅にスピードアップし、過去の写真も見つけやすくなった。
 現像は新しい PhotoshopCC でやり直したので、5、6年前よりはずっと見やすい写真となっている。当時の Olympus E3 でもきちんと撮れていて、精細度は多少劣るにしても、現在のブログ写真として十分に使うことができそうだ。
コメント
YAKUMAさん、 ありがとうございます。枝を見上げて確認はしませんでしたが、ネットでクラウンゴールを調べて、おっしゃる意味はわかりましたので、次に本牧山頂公園へ行ったとき、もう一度よく観察してみます。
【2015/02/23 20:46】 | ディック #- | [edit]
私もサンシュユのこのような姿を見て何か分泌した物が、固まったのかと思いました。
樹皮に着いているもの、以前コナラで観察したことのあるクラウンゴールにも似ている気がします。この木の枝にも何か塊が付いていませんでしたか。。。
【2015/02/22 21:43】 | YAKUMA #0p.X0ixo | [edit]
こんにちわ。

ヤドリギは、見ますが、色々な不思議な植物?が生えてますね。
パソコン、増強してますね!
【2015/02/22 19:17】 | アトムパパ #ulYx6Mu6 | [edit]
サンシュユの樹皮は燃えているように見えて綺麗ですね。これがうわさのヒノキバヤドリギですか。普通のヤドリギとずいぶん違いますね。ヤブツバキは可哀想でしたね。
【2015/02/22 16:38】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
不可解なものがけっこう身の回りにあるもんですね。
ボクだったら「不気味物」といったようなカテゴリーを
こしらえて分類したいです。
ヤドリギはたまに見ます。鳥の巣のようなのね。
【2015/02/22 14:30】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
FREUDE さん、
そうか、富貴蘭は柿の木などに多い着生植物なんですね。
ちょっと話題を提供すると、ほかにも松の木など針葉樹に寄生するマツビービーなどのコメントもあり、知識が広がっておもしろいです。
ありがとうございます。
【2015/02/22 12:27】 | ディック #- | [edit]
自然を尋ねる人さん、
マツビービー、正式名はマツグミで、地方によってマツノヤドリギ、マツグイメ、マツボヤ、ツゲマツ、マツムメなどとも呼ばれるそうで、写真も見ました。
いろいろあるんですねぇ。
また知識が増えました。ありがとうございました。
【2015/02/22 12:23】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
ヤドリギにも種類があることを知りびっくり!
私の場合ヤドリギは松の木に着く
マツビイビーしか知りません。
50年昔、松茸が全盛期の頃、叱られながら山に
入りこの実で獲りモチを作りメジロを獲ったものです。
今では松がないのでそんな遊びは夢の夢です。
【2015/02/22 12:03】 | 自然を尋ねる人 #G0paPMig | [edit]
ヤドリギすごいですね。
冬の公園も、見つけるもの、けっこうあるのですね。
【2015/02/22 10:04】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
おはようございます。
御無沙汰して居ます。
ヤドリギが有ったんですね。気が付きませんでした。
色々な鳥が種を食べるらしいので、なんともなのですがひょっとしたら、緋連雀も来ているのかな?なんて思いました。
栃木のブログ友の方に、教えて貰い群馬まで見に行った事が有ります。
落ちて居た実を拾い、鉢植えに付けたら芽が出ました。
【2015/02/22 08:46】 | ななごう #- | [edit]
寄生と着生の違い、なるほどと思いました
人生の先輩から富貴蘭を勧められた時期があり、
柿の木に着生していることが多いことを教わりました

以降、山で柿の木を見つけると探すのですが
ちっとも富貴蘭を見つけることができないままです
【2015/02/22 06:35】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/6510-888f9aab