FC2ブログ

上千本の山道を下る

2015.02.10(20:20)

141016 眼下遠くに見える蔵王堂

 「吉野水分神社」を出て、私はふたたび長い山道を下り始めた。
 上の写真のような景色が見える。右から伸びた近景の木の枝の先の辺りに、遠く大きなお堂の屋根が見える。
 ずいぶんと大きく立派なので、どうしても目を惹かれる。
 「あれは何だろう? この先、自分はあんなに遠くまで下っていくのだろうか?」と思う。
 このときは、あの屋根こそが「金峯山寺蔵王堂」なのだ、ということを私はまだ知らなかった。


141016 吉野 金峯神社からの地図

 一度掲載した地図を下にもう一度載せる。現在地の位置は無視していただきたい。現在地の表示から赤い道に沿って現在地を下のほうへ歩いて行く途中に「吉野水分神社」の文字が見える。まだそこを出たばかりだ。
 「金峯山寺蔵王堂」はどこにあるかというと、ずっと左下のほうだ。

 吉野山では、通常「吉野水分神社」より山奥のほうを「奥千本」という。そこから下っていくと「上千本」「中千本」「下千本」である。まだまだ歩かねばならない。


141016 吉野 人丸塚

 「人丸塚」とは何か? 石仏が風化したものらしい、ということしかわかっていないらしい。
 この石に願を掛けると子どもに恵まれる、と言われているそうだ。
 このように、わけのわからない塚などが、あちらこちらにある。「○○寺跡」などの標識もある。


141016 吉野 花矢倉からの景色

 ここ「花矢倉」は佐藤忠信が義経を守り、頼朝の追っ手を討ち取ったところだそうだが、いまは桜の名所として人気らしい。季節は秋だが、上の写真のように景色はすばらしい。


141016 吉野 雨師観音堂跡の社

 よくわからない名所はいろいろあって、紹介していると切りがないが、ここは雰囲気のある写真が撮れたので紹介する。
 下に説明板を示すが、「後醍醐天皇が観音堂で歌を詠んだら急に空が晴れて天候がよくなった。その観音堂の跡に社が建てられています」ということなのである。
 天皇や高名な坊さんが何々をした場所、というのは各地にあるが、歌が残っているのだから伝承も具体的で、いかにもそれらしい気がしてくる。


141016 後醍醐天皇の故事説明板


141016 吉野 路傍の花

 長い山道をただひたすら下っていくのだから、美しい花などを見つければ嬉しくなる。


141016 吉野 コムラサキか

 朝買った柿の葉寿司の弁当は、金峯神社を出る前に食べてしまったと記憶しているので、時刻は13時〜14時頃だろうか、私は「竹林院」に辿り着いた。
 ようやく道に沿って建物が建ち並ぶ人里に戻ってきたのである。
 以降は、また次の機会に。

コメント
素敵な吉野歩きですね。写真も素晴らしいし解説も楽しいです。一緒に歩いている気分になります。
【2015/02/11 13:14】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
最初の写真は桜の時はすすごいでしょうね。
桜の時に行きましたが下だけだったかな・・・

秋の野菊やコムラサキ?がいい時期だったのですね。
【2015/02/11 10:38】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
吉野には柿葉寿司という郷土料理がありますね
グルタミン酸ナトリウムを大量投入した大手メーカーのものより
地元の商店主が作った手作りの方がおいしいと感じます

今回も、かなりの距離を歩かれていますね
【2015/02/11 06:41】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
こんにちわ。

ディックさんは、スゴイですね!
景色は素晴らしくとも、足がすくんでしまいます(笑)
【2015/02/10 21:40】 | アトムパパ #ulYx6Mu6 | [edit]
YUMI さん、
かみさんも熊野には行きたがっています。
行きたいところはたくさんありますが、適切な計画を立てるのがなかなか面倒で…。
【2015/02/10 21:12】 | ディック #- | [edit]
お花が心にしみる美しさですね。
紀伊山地の霊場と参詣道、私、熊野に行きたいのですよ。
【2015/02/10 21:02】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/6481-0e75b979