FC2ブログ

赤穂浪士 討ち入り・凱旋コースを歩く 〜San Poの会

2015.02.08(14:50)

140207 吉良邸跡2

 2月7日土曜日は第102回San Poの会に参加しました。
 この日のテーマは、両国の旧「吉良邸跡」から討入り後の赤穂浪士たちのたちの凱旋コースを歩いてみよう、ということでした。11時に両国駅西口改札口前に集合して、さっそく「旧吉良邸跡」に向かいました。


150207 吉良邸跡1

 現在は本所松坂町公園という区立公園として公開されています。昭和9年に地元の有志が買い取り、東京市に寄贈したとのことです。


150207 吉良邸跡4

 
150207 吉良邸3

 突然の討ち入りに犠牲となった吉良家家臣たち。


150207 回向院1

 討ち入りを終えた浪士たちは回向院に集合するはずでしたが、門が閉ざされていました。
 明暦の大火で犠牲となった焼死者10万8千人を幕命によって葬った万人塚が回向院の始まり、だそうです。


150207 回向院2

 回向院で有名なのは、このねずみ小僧次郎吉の墓。

 赤穂浪士たちは回向院の門が閉ざされていたので、仕方なく、両国橋の東詰めに集まったそうです。
 San Poの会一行も、両国橋へと向かいます。
 「百本杭」を説明する観光説明板で見聞を広め、隅田川沿いに南へと歩きます。

 
150207 隅田川水門

 この付近、このような水門が目立ちます。
 芭蕉記念館を横目で見ながら、どんどん南下します。
 途中、清澄庭園近くの公演で、お弁当タイムとしました。


150207 赤穂義士休息の地

 「永代橋」付近に「赤穂浪士休息の地」の碑がありました。
 味噌醸造を営む竹口作兵衛が、ここで浪士たちを休息させ、甘酒を振る舞ったことなどが書かれています。


150207 赤穂義士休息の地から眺めるビル群

 赤穂浪士たちの足跡を追い、永代橋を渡ります。
 現代の永代橋の眺めは、312年前にはどんな様子だったのでしょうか。
 討ち入りがあったのは1702年1月のことでした。

 永代橋をわたってしばらく歩くと「堀部安兵衛武庸(たけつね)の碑」の前を通ります。
 碑は亀島橋近くにありますが、堀部安兵衛がこの付近に住んでいたことから碑が建てられた、ということのようです。大雑把に言えば、八丁堀まで歩いてきました、ということです。


150207 鉄砲洲稲荷神社1

 「鉄砲洲稲荷神社」です。住所は中央区湊1丁目6-7 になります。
 赤穂浪士たちは「鉄砲洲稲荷神社」付近で浅野家出入りの豆腐屋に立ち寄り、湯漬けを馳走されました。


150207 鉄砲図稲荷神社の富士塚

 境内にはおおきな富士塚があります。富士山の熔岩を用いて築かれた、とのこと。

 このあと聖路加タワー付近で休息としました。
 この付近(聖路加国際病院から河岸にかけての一帯)は、赤穂浅野家の上屋敷跡で、8,900坪もあったそうです。

 休息後、築地本願寺の横を通り、東銀座歌舞伎座の前を通ります。
 歌舞伎座が現在ある場所は、浅野内匠頭の実弟で養嗣子となった浅野大学の屋敷のあったところだ、そうです。
 歌舞伎座を通り過ぎてから左へ折れます。
 ただただ一生懸命歩きます。


150207 仙台藩上屋敷表門跡

 汐留の日本テレビ北玄関前の案内板です。
 ここからは、最後の頑張りで一生懸命歩きます。
 汐留から芝を通り、泉岳寺へと向かいます。
 

150207 泉岳寺門前

 泉岳寺に着きました。
 正面左側(工事現場が見える)に8階建て高さ24m のワンルームマンションを建てる計画があり、すでに基礎工事が着手されています。
 歴史的な遺跡の横で景観を壊し、文化財の価値を貶める、ということから、反対運動が行われています。


150207 四十七士墓地全景

 ここはSanPoの会でも以前来たことがあり、義士記念館の見学などは省略としました。


150207 四十七士墓配置

 墓地も以前に当ブログで写真を紹介したことがあります。


150207 大石内蔵助墓

 今回は大石内蔵助の墓所一枚だけを掲載します。

 このあと、泉岳寺から都営浅草線で戸越へ移動し、戸越銀座温泉で身体を癒しました。
 戸越銀座で懇親会を開いて解散となりました。
 今回は平地ばかりでしたが、いつもよりスピードを速めて2万数千歩、かなり歩きました。

 カメラはオリンパスのコンパクト・デジカメ XZ-1 を使用しました。
コメント
スピードアップのsanpoの会はお疲れ様でした。吉良邸跡や回向院は私も先月の歩く会で行ってきました。泉岳寺は3年前の旧東海道編の時でした。雨が降らなくて良かったですね。
【2015/02/09 07:50】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
数年前に泉岳寺を訪れて撮影しましたので
懐かしく拝見させていただきました

内匠頭が預けの身となったのは一関藩主田沼右京太夫のもとでしたから
母体の仙台藩ももてなしたのでしょうか
仙台藩の三代目綱宗が逼塞を余儀なくされた頃は
下屋敷だった品川が上屋敷になっていたのですね
【2015/02/09 06:38】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
小肥りさん、
いろいろと詳しいですね。
歴史は人気ある物語が定着してしまうと、そういうものとして人々の記憶に残る。
誰かが「いやいや、それはあまりにも一方的じゃないか」と大声で言って、うまく騒がれたときは少し修正される。でも、最初の印象は強く残るんですよね。
【2015/02/08 21:21】 | ディック #- | [edit]
このツアーは人気あるでしょう。ボクも機会があったらぜひ行きたい歩きたい。
吉良邸の公園は行ったことあるんですけどね。狭いですね。面積が当時の
80分の1というではありませんか。吉良上野介は忠臣蔵ではさんざんですが
領国の三河では名君といわれてるそうです。新貝弥七郎は槍の穂先が体に残ったままで
壮絶な斬り死にをしてますね。
【2015/02/08 19:33】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
こんにちわ。

San Poの会って、色々な場所に行きますね!
下町って、色々と撮りたい建物がありそうですね!
【2015/02/08 19:14】 | アトムパパ #ulYx6Mu6 | [edit]
YUMI さん、
昨年は積雪の中、報国寺などを経て、朝比奈切り通しを登りました。
よく憶えていてくださいました。
【2015/02/08 18:22】 | ディック #- | [edit]
こんばんは。
魅力的なコースを歩かれましたね。
泉岳寺の建設反対の表示、わかりますが、それ自体も景観をそこねているような…

そういえば、去年の今頃のSan Poの会、雪の鎌倉ではありませんでしたか?
【2015/02/08 18:15】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/6473-6e372415