義経隠れ堂

2015.02.03(23:00)

141016 吉野 義経隠れ堂遠景

 西行庵から金峯神社へまで帰ってきたので、今度は山道を少し下り、「義経隠れ堂」へ行ってみることにしました。5分足らずのところです。


141016 吉野 義経隠れ堂1

 1185年、頼朝の追っ手から逃れるため、義経、弁慶、佐藤忠信らの一行は吉野山に隠れた、とのことです。その義経らが隠れたお堂、ということです。


141016 吉野 義経隠れ堂2

 吉野なる 深山の奥のかくれ塔 本来空のすみかなりけり
 と詠んだのは、山岳修行の行者だとか…。


141016 吉野 義経隠れ堂近くの見晴台1

 隠れ堂から崖を少し下ったところに、見晴台らしきものが見えるので、行ってみました。


義経隠れ堂近くの見晴台2


141016 吉野 隠れ堂見晴台からの景色1

 見晴台からの景色です。


141016 吉野 隠れ同見晴台からの景色2


141016 吉野 金峯神社からの地図

 さて、もう一度金峯神社にもどってきました。
 ここからいよいよ長い下りのハイキングです。地図にある吉野水分神社(よしのみくまりじんじゃ)を目指します。
 吉野水分神社も、世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成要素として登録されています。


141016 吉野 木々を見上げる1

 よく晴れて、ハイキングはとてもすがすがしくよい気分です。


141016 吉野 木々を見上げる2


141016 吉野 吉野水分神社までの景色

 こんな景色を眺めながら、歩きました。

コメント
山ぼうし さん、
「義経隠れ塔」ないし「義経隠れ堂」と表示されているようです。残っている話は有名らしいですが、ほんとうにそれがこのお堂なのか、わかりません。
看板は1枚目の写真のようにありますが、権威ある筋の説明板が掲示されているわけではありませんしね。後の時代に建て直されたなんてこととか、いかにもありそうです。
【2015/02/05 23:17】 | ディック #- | [edit]
正式名称がその名前なのでしょうか。
初めて拝見します。義経、弁慶、佐藤忠信らご一行様が隠れるにしては狭くない?弁慶もいるのに?と思わずにはいられません。
【2015/02/05 12:46】 | 山ぼうし #- | [edit]
登るのはエネルギーが入りますが、高く登った甲斐がありますね。
清々しさが伝わってきています。
「義経の隠れ堂」本当に雰囲気が出ていて、すごいです。
まさにそんな感じがしますね。
特に一枚目、いいですね。
【2015/02/04 14:01】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
このような場所だったのですね。
全部を歩いたわけではないので

あそこからですと幾重にも重なる山並みが
良いですね。

【2015/02/04 12:57】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
小肥りさん、
しづやしづ しづのをだまき くり返し…
吉野山ですから、いずれにしてもこの辺りのことでしょうね。
【2015/02/04 10:38】 | ディック #- | [edit]
はっきり覚えてないのですが白拍子が詠んだ・・・
「・・・・昔を今になすよしもがな」の歌はこのあたりのことでしょうかね。
上の句忘れ・・・(涙)はなはだあやふやですいません。
【2015/02/04 10:28】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
こんにちわ。

良い眺めですね!
でも、さすがに、ここには住めませんね~(笑)
【2015/02/04 08:20】 | アトムパパ #ulYx6Mu6 | [edit]
おはようございます。

こんなとこにも義経の...

うらやましいですねぇ。吉野ですかぁ。
一度は行ってみたいです。

さて、先ほど妻から新潟は雪とメール
がありました。実は長岡は降っていな
いんです。たまにこういうこともあります。


【2015/02/04 06:49】 | 地理佐渡... #s/KLKpB2 | [edit]
逃亡した高野長英の痕跡らしきものが
日本中にあるそうで
作家である吉村昭はすべて実踏確認し、ほとんどが
ねつ造であることを語っていますね

安宅関は通過したのかも知れませんが
津軽まで果たして行ったのか、興味があります
【2015/02/04 06:19】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
こんな深い山を、追っ手におびえながら
遠国へ落ちていく。義経の気持ちは
どんなだったのか……。

そして緑連なる稜線は、人の世の流転をどう見ていたのでしょうね。
【2015/02/04 00:16】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/6461-b3370260