お堀の紅葉〜バッハの余韻

2014.11.28(13:46)

お堀の紅葉1

 学生時代、毎朝45分間のNHKFMの「朝のバロック」をぼくは楽しみにしていました。それとFM東京では週に1回1時間の「バロック音楽の楽しみ」という番組が服部幸三さんの司会で放送されていました。
 これらの番組で流される曲を、ぼくは片っ端からオープンリールのテープ・デッキで録音して、この世界にはまり込んでいました。
 そうした番組の中で、バッハの演奏というと放送される確率が高かったのが、カール・リヒター指揮のシュツットガルト室内合奏団とヘルムート・ヴィンシャーマンの「ドイツ・バッハ・ゾリステン」の演奏でした。
 ヘルムート・ヴィンシャーマンさんはオーボエ奏者で、当時ドイツ・バッハ・ゾリステンでも自分でオーボエを吹きながらバッハを指揮している、という話を聞いたことがあるように思います。
 いずれにせよ、ぼくにとっては「バッハといえばヴィンシャーマンのドイツ・バッハ・ゾリステンの演奏」であり、ヴィヴァルディなどのイタリア・バロックからこの世界に入ったぼくがバッハを好きになったのはこの人のおかげでした。
 「大阪でマタイ受難曲全曲を唱うので聴きにきませんか」と誘いの手紙をもらったとき、パンフレットを見たぼくは「指揮:ヘルムート・ヴィンシャーマン」の記載に思わず胸が躍りました。
 あれからもう約45年、ヴィンシャーマンのマタイ受難曲を生演奏で聴くことができるなんて!
 11月24日、フェスティバル・ホールの演奏はたいへんすばらしく、いまだにその余韻が頭の中に響いています。

 …というわけで、大阪まで行ってきました。
 写真は26日、大阪城の南外堀付近で撮影した紅葉です。
コメント
FM東京の「バロック音楽の楽しみ」は懐かしいですね。私も時々聴いていました。当時は、雑誌の「FMレコパル」や「FMファン」を買って、聴きたい曲をチェックしていたものでした。
お堀の紅葉が綺麗ですね。ハゼノキあたりでしょうかね。
【2014/12/01 07:51】 | 多摩NTの住人 #rId1tC1Q | [edit]
JASON さん、
いまになってヴィンシャーマンの指揮でバッハを楽しめるのは、JASON さんの指南のおかげだと、深く感謝しております。
生活に…、というより、こころに余裕が出てきて、少しずつ音楽を聴く時間が増えてきています。
【2014/11/30 09:56】 | ディック #- | [edit]
ディックさん

JASONです。

お久しぶりです。

ヘルムート・ビンシャーマンって聞いて参上しました。

あの頃(40年前?)にディックさんとバロック音楽のオープンテープを交換してたのを思い出しました。
懐かしいですね。その生演奏に浸れるなんて心底羨ましいです。

服部氏の発音される「ヘルムート・ビンシャーマンとバッハゾリスデン」って独特の抑揚があって今でも思い出すとニヤリとしてしまいます。

ではまた。
【2014/11/29 23:52】 | JASON #- | [edit]
ころん さん、
バッハの音楽には、この紅葉の枝のようにぎくしゃくと入り組んだところがあります。そこから生じるリズム感が、彼の曲のよいところ。
そんなイメージで、写真を選びました。
【2014/11/29 20:41】 | ディック #- | [edit]
山ぼうし さん、
「初心者」という言葉は何か「学習」したり「勉強」したりするもののようですが、彼の地のその時代ではあたりまえの音楽。
現代でも馴染みやすいよい曲はたくさんあるのです。たまたまそれに当たっていないだけ、だと思います。
【2014/11/29 20:38】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
空見さん、
聴きやすい曲を集めた「抜粋盤」を試せばよかったのです。そうすれば好きになる確率が高かった、と思います。
ぼくは初めてのとき、そうした抜粋された曲ばかりのコンサートを聴きました。
【2014/11/29 20:33】 | ディック #22hNL7Yc | [edit]
「マタイ受難曲」、分厚いCDは持っています。数回ガマン?して聴いたんですが、当方に素養がないため、なんもわからんかったデス。もう少し勉強しないといけませんね、というより好きでなければ理解も出来ませんね。
【2014/11/29 19:09】 | 空見 #- | [edit]
バロック、バッハ、これまで縁遠く・・・。
ただ、ホールで聴くと初心者でも感動するだろうな~と思います。
枝垂れる感じの紅葉がイイですね~。
【2014/11/29 19:03】 | 山ぼうし #- | [edit]
青春次代の感動の曲を生演奏で、会場は[シ~ン」と静まり鼓動させたことでしょう・
お堀の紅葉リズム感見えてきました。
素晴らしいお写真ですね、
魅入りました。
【2014/11/29 18:53】 | ころん #- | [edit]
アトムパパさん、
ジャンルにかかわらず、ぼくは何でも聴きます。
いい曲、よい演奏に感動する体験を、よりたくさん積み重ねていきたいです。
【2014/11/29 17:15】 | ディック #- | [edit]
takae h さん、
まあ、肩の力を抜いて、そのときそのときを楽しんでいきましょう。
なんか、自分自身に語り掛けるべき言葉ですが…。
【2014/11/29 17:14】 | ディック #- | [edit]
小肥りさん
>左フレーム際に遠く写ってるのは天守閣かしら
たぶん、紅葉したメタセコイアの木のかたちが見えているだけ。
西側の外堀方面を見ているので、天守閣も櫓も堀の左側のほうです。
【2014/11/29 17:10】 | ディック #- | [edit]
バロック音楽やバッハは書き始めたら終わらないのでやめておきます
・・・なんてウソです。
大阪まで古典音楽を聴くために行かれたんですね。すばらしい。
う~む・・・食い倒れるために行くことはあるけれど・・・
この紅葉はなんだろう。ハゼかな・・・?
左フレーム際に遠く写ってるのは天守閣かしら。
【2014/11/29 15:38】 | 小肥り #mQop/nM. | [edit]
ディックさん

おはようございます。
「マタイ受難曲」、わからないながらも私にはすばらしい経験になりました。

この日の観客席はとても熱いものでしたね。
「わが青春のヴィンシャーマン」とおっしゃる方がいらっしゃるのを見て、すばらしい青春時代を送られたのだな、とうらやましくなりました。

そしてこれから、良い音楽を聴き、良い読書をし、良いものを見たいと思うようになりました。第二の青春かな?
【2014/11/29 07:31】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
こんにちわ。

大阪まで行かれたんですね!
私は、クラッシックは疎いのですが、
音楽の感動って、いいものですね1
【2014/11/28 23:09】 | アトムパパ #ulYx6Mu6 | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2014/11/28 14:09】 | # | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/6378-fccdd799