FC2ブログ

わが家の庭から(5月7日〜9日)

2014.05.27(19:00)

【セラスティウム】

セラスティウム140507

 ヨーロッパ原産、ナデシコ科。
 花が単純な白ではなく、銀色がかっていて、この感じを写真でとらえようとして、春になるたびに苦しめられます。
 挑戦意欲が湧くとも言えますが、結果には満足できません。
 カメラとレタッチ双方のぼくの技術を駆使しても、いまのところこの程度で満足するしかありません。


セラスティウムのアップ1440507


【ルイーザ・ストーン】

ルイーザ・ストーン140507

 バラの分類にはいろいろありますが、オールド・ローズとモダン・ローズという表現や、バラ園などモダン・ローズの中でハイブリッド・ティー(HT)とフロリバンダ(FL)を使い分けるのは、花の付き方が違うので販売にも購入にもこの分類が便利だからでしょう。
 いっぽう、樹形でもつる性のバラ(CL)かそうでないか、というのは、苗を買う立場から重要なポイントで、樹形が木立性(ブッシュ形)のバラかクライミング・ローズかははっきりとわからないと困るわけです。

 このルイーザ・ストーンはシュラブ・ローズ(shrub rose)といってどちらにも属さない低木のバラ。「半つる性」という言い方をしている向きもありますが、それでは英語の意味からかけ離れてしまいます。
 英語本来の意味は「低木」ないし「灌木」です。
 ある意味、木立でもなくつる性でもないバラを一緒くたにシュラブ・ローズと呼んでいる場合もあるそうですから、それで「半つる性のバラ」という言い方が出てくるのかも知れません。
 
 というわけで、とても背丈が低く、香りが強い。イギリスのハークネス社が作出したバラです。


【イチハツ】

イチハツ見下ろし0507

 少し上から見下ろした画像が、いままでありませんでしたので。


【品種不明の花】

不明のつる性のコデマリに似た花140507

 品種がわかりません。
 下のアップ画像は一見コデマリに似ていますが、上のように蔓を伸ばして這っていきます。


不明のつる性のコデマリに似た花アップ140507


【センチメンタル】

センチメンタル新140508

 白と赤のマーブル模様の花色です。


【サルビアの仲間】

サルビアの仲間140507

 5月7日の撮影なので、本日27日に残った花を確認してみました。
 現物は、花も葉も、どう見てもラベンダー・セージでした。
 ただ、写真を見ても花の様子がラベンダー・セージらしくありません。
 はて? そばに似たサルビアの仲間があっただろうか…。


【陽が当たり輝くパット・オースチン】

パット・オースティン140508


【アークトティス・グランディス】(Arctotis grandis)

アークトティス・グランディス140508

 わりと背が高く、60cm くらいでしょうか。
 花弁の白がややくすんだ印象があり、その一見地味な感じもまた、よいところ。
 南アフリカ産。
 

【ソフィーズ・パーペチュアル】

ソフィーズ・パーペチュアル140508新


【マーガレット】

マーガレットの繁み140507

 昨日の写真の位置から少し離れ、全体の繁みの様子がわかるように撮りました。


【擁壁の白いバラ】

擁壁の白いバラ140509

 品種札が飛んでしまい、植えたかみさんが忘れてしまうと、似た花が多いだけに困ってしまいます。
 有名なバラ、だそうです。 


【チョウジソウ】

チョウジソウ140507

 丁字草。リンドウ目キョウチクトウ科、有毒だそうです。
 半日陰を好むそうで、この植え方は花に合っていると言えそうです。


【ウチョウラン】

ウチョウラン140508

 Wikipedia を調べると「絶滅危惧II類」と出ています。
 園芸品種化が進んで、野生のものが盗掘される危険も減じたとか…。
 つまりは山野草の人気種だったようです。ふつうは羽蝶蘭と書かれる場合が多いそうです。
 花ともだちのS さんからの いただきものです

 庭の花の写真が多すぎて収拾が付かなくなり。こんな記事が多くなっていますが、「庭の花の記録」としては、やはり自分の家の庭ですから記録しておきたいところ。
 「もう飽きた」という方もいらっしゃるでしょう。たしかに、切りがないですし、掲載を断念した写真は山ほどあります。そろそろ追い着いて終わるでしょう。
 すると次は、昨年5月末頃に旅行して掲載し損ねた「安土城趾」とか「石山寺」とかが登場します。
コメント
ウチョウランという山野草初めてみます。
2色に分かれた色や花弁(?)の裂け方など面白いですね。
少し儚げもあって和の感じがイイです~。
【2014/05/29 12:31】 | 山ぼうし #- | [edit]
小さなお花も撮り方で違う雰囲気ですね。
お庭のお花だけでもこれだけ楽しめるのですもの。
感謝ですね。

我が家のチョウジソウまだ咲いていないところを
見ると消えてしまったかな。

撮りためた写真のおかげでマリオの死から
立ち直れました。
【2014/05/28 09:56】 | hirugao #J7S1TTU6 | [edit]
どれも素敵です。
チョウジソウの青、魅力的ですね。
ウチョウランも立ち姿が素晴らしい。
全然飽きませんよ。
【2014/05/28 08:12】 | YUMI #2Qwf./yA | [edit]
…花の色はうつりにけるないたづらに

薄い花弁は、見る角度によって色が変わるように思います
反射する銀色は尚更に扱いづらいでしょうね

私だけでなく多くのファンが飽きていないと思います
是非とも記録しておかれることをお勧めします

  我が身世にふる眺めせしまに…
【2014/05/28 07:36】 | FREUDE #6AWUBD.o | [edit]
デイックさん お早うございます(*^^*)

花壇が広いのですね
こんなに沢山の花々です
名前も詳しいです  手入れはご自分でもされるのですか~

昨夜 渋谷公会堂にちゆきちゃんコンサート行って来ました11時に帰って来ました
【2014/05/28 06:08】 | 安人(あんじん) #5ddj7pE2 | [edit]
ディックさん

ウチョウラン、姿が美しくて
かわいいお花ですね。

半つる性というのでしょうか、
島のバラ園でも、ブッシュに刈り込んだ中から、
数本枝を選んでパーゴラに誘引したものがあります。
あれは大丈夫かな~
無理をさせているようで、
気になります(笑)。
【2014/05/28 01:04】 | takae h #A5.soH/6 | [edit]
山ほどのお花たちが咲き乱れて、花園のようですね。
これだけ綺麗にさいているのですもの、お手入れも相当かかりそう。
見るのも撮影も、半端じゃ無さそうですね。

ホソヒラタアブの写り具合、お見事です。
パットオーチン、ウチョウラン、素敵に撮れていますね♪
【2014/05/27 22:13】 | とんとん #uvcXFM.c | [edit]
自宅のお庭あふれていますね。
素晴らしいです・・
小手毬とつつじも大胆に絡んで綺麗です。
ウチョウラン可愛いです。
目を楽しませていただきました。
【2014/05/27 20:15】 | ころん #- | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dickhym.blog9.fc2.com/tb.php/6134-dfb35925